★MotoGP2017ミシュラン MarcVDSと人工的なウェット路面でレインタイヤをテスト

ミシュランとMarcVDSのティト・ラバト選手は、バレンシアにおいて人工的にウェット路面を再現してレインタイヤのテストを行ないました。

Sponsored Link

昨日バレンシアでミシュランとティト・ラバトによる特別なテストが行われた。ミシュランはレインタイヤのテストを行うために人工的にトラックを濡らす必要があった。これは過去F1では行われた事があったが、MotoGPにおいては初めての試みだ。

写真でもわかるように、ミシュランはウェットトラックを再現するために放水車を使用した。ミシュランはこのテストに関して詳細をあまり明らかにしていないが、スポークスマンは下記の声明を出している。「テストは上手く行きました。またレインタイヤに関する重要なデータを得ることが出来ました。しっかりとしたテストになりましたし、ウェットトラックを再現するという試みも上手くいきました。」

このテストが今回だけのものなのか、将来的に同じテストが行われるのかは定かではない。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017開幕前アンケート結果発表
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「チャレンジングな1日だった」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「妙な転倒だった。さらに強い状態でヘレスを目指す」
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「目標は常にDucati最高位でレースを終えること」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選3位クラッチロー「蜂に胸の辺りを何度も刺された」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選4位ビニャーレス「タイヤ左サイドのスピンが問題」
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「ザクセンでもベストを尽くす」
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「シーズン後半はトップ10で完走出来る」
★MotoGP2017チェコGP Q1結果
★MotoGP2017チェコGP Q2結果
★MotoGP2017オーストリアGP ロッシ「どのレースでも表彰台を狙える」
★MotoGP2017イギリスGP マルケス「現在非常に良いセットアップが見つかっている」
★MotoGP2017イギリスGP 予選2位ロッシ「レースペースは良いとは言えない」
★MotoGP2017サンマリノGP 5位ピッロ「レース序盤のペースの改善が必要」
★MotoGP2017 スズキ 雨で日本からの新パーツをテスト出来ず。次のチャンスはアラゴンGP後か
★MotoGP2017アラゴンGP Q2結果
★MotoGP2017 Ducatiジジ・ダッリーニャ「マルケスのように限界で走るライダーと戦うのは難しい」
★MotoGP2018 セパンテスト1日目 中上「バイクに良いフィーリングがあった」
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 ペドロサ「新型エンジン、フェアリングなど色々なテストが出来た」
★MotoGP2018 ペドロサ「このトラックは狭く短い。ラインの選択とギアボックスのセッティングが重要になる」