★MotoGP2017ミシュラン MarcVDSと人工的なウェット路面でレインタイヤをテスト

ミシュランとMarcVDSのティト・ラバト選手は、バレンシアにおいて人工的にウェット路面を再現してレインタイヤのテストを行ないました。

Sponsored Link

昨日バレンシアでミシュランとティト・ラバトによる特別なテストが行われた。ミシュランはレインタイヤのテストを行うために人工的にトラックを濡らす必要があった。これは過去F1では行われた事があったが、MotoGPにおいては初めての試みだ。

写真でもわかるように、ミシュランはウェットトラックを再現するために放水車を使用した。ミシュランはこのテストに関して詳細をあまり明らかにしていないが、スポークスマンは下記の声明を出している。「テストは上手く行きました。またレインタイヤに関する重要なデータを得ることが出来ました。しっかりとしたテストになりましたし、ウェットトラックを再現するという試みも上手くいきました。」

このテストが今回だけのものなのか、将来的に同じテストが行われるのかは定かではない。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link