★MotoGP2017フランスGP マルケス「チャンピオンシップは再び接近している」

ヘレスでヤマハ勢が苦戦したことを受けて、マルケス選手はチャンピオンシップでのロッシ選手との差を一気に詰めました。ル・マンの結果次第では、マルケス選手が首位に立つ可能性もありますし、再びビニャーレス選手が首位に立つことも考えられます。いずれにせよ楽しみな週末だと言えるでしょう。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「ル・マンは独特で、チャンピオンシップの他のサーキットとは大きく異るレイアウトになっています。非常に狭く短いサーキットで、多くストップ&ゴー型のコーナーがあります。例を出すとモントメロとは対象的なサーキットですね。とは言え走るのは楽しいですよ。路面は新しくなっており、金曜日に状態がわかるでしょう。グリップは向上しているはずですし、ライダーにとっては良いことですし、ファンにとっても良いレースが見られるというわけでプラスでしょう。どのようなレースになるかはトラックに行ってみないとわかりません。今年はこうした予測をするのがより難しくなっています。自分達に必要なのはヘレスのようなレースを繰り返すことです。チャンピオンシップは再びポイントが接近していますから、正しいメンタリティーでハードに作業することが必要です。」

(Photo courtesy of michelin)

<レプソルホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★ドルナCEOカルメロ・エスペレーター「スパ・フランコルシャンでのMotoGP開催は現時点では不可能」
★MotoGP2017カタールテスト2日目 マルケス「目標は開幕戦から優勝争いをすること」
★MotoGP2017 ロッシ「フィーリングを見つけるのに苦戦している。」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「ミシュランのフロントタイヤに苦戦」
★「アウトドアデイジャパン2017 東京」出展概要
★MotoGPはバレエなのか、それともバトルなのか?
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント LCRホンダ
★MotoGP2017オランダGP ザルコ「ロッシの後を継ぐのはライダーの夢」
★MotoGP2017 サーキット・オブ・ウェールズのレース開催準備は遅々として進まず。
★MotoGP2017 コラード・チェッキネッリ「メーカー独自IMUがチートに使われている可能性がある」
★MotoGP2017 シーズン前半戦をジジ・ダッリーニャが語る【Part2】
★ホンダ インドの二輪車第三工場、生産能力拡大記念式典を開催
★交通事故で入院していたアンヘル・ニエト 木曜日に息を引き取る
★MotoGP2017チェコGP チーム代表プレスカンファレンス(チーム代表が語るMotoGP2017)
★MotoGP2017 チーム代表が語る「ルールに関しての変更希望点」
★MotoGP2017 チーム代表が語るウイングレット/エアロダイナミクスの開発
★MotoGP2017サンマリノGP 予選3位マルケス「1列目獲得が今日のメインターゲットだった」
★MotoGP2017アラゴンGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017日本GP 6年連続で中須賀がワイルドカードで日本GPに出場
★MotoGP2017日本GP 優勝ドヴィツィオーゾ「最後まで諦めなかったのが鍵」