★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「現時点で何かを犠牲にするのは構わない」

ポル・エスパルガロ選手は、KTMが他のバイクとの差を詰めるために新しい何かを試していくこと、そしてそのせいで遅くなることも厭わないと話します。KTMの新形フレーム、新形エンジンなどニューパーツの投入スピード、またRED BULLという強力なスポンサーが後ろに居ることもこうした安心感に繋がっているんでしょうね。

Sponsored Link

ポル・エスパルガロは、彼とチームメイトのブラッドリー・スミスはバイクの開発を助けるためであれば、何かを”犠牲”にすることも厭わないとする。KTMは3月にカタールの開幕戦でMotoGPへのフルタイム参戦を初めてから、目覚ましい進歩を遂げている。両ライダーはアルゼンチンで初ポイントを獲得ヘレスでは予選15位、16位を獲得した。KTMはスペインGPにル・マンでテストしたばかりの新しいエンジンを投入。両ライダーともにレースウィーク全体でこのエンジンを使用した。ポル・エスパルガロはこうしたことについて、KTMから与えられるパーツを初期段階からテストを行うことには全く構わないと語る。

ポル・エスパルガロ

「現時点ではチャンピオンシップ争いも10位争いもしているわけではありません。将来的に新しいエンジンを使用することになって、最下位スタートになっても気にしません。KTMとReed Bullはこうした新しいパーツを持ち込む事に多大な努力をしてくれているんです。もし自分達ライダー達が何かを犠牲にしないといけないのだとしたら、喜んで受け入れますよ。」

両KTMライダーはヘレスでQ2に進出することが出来、エスパルガロはQ1から0.3秒もタイムをアップした。スミスはFP3の最終ラップでトップ10を狙う中でミスをしていなければ、自動的にQ2に進出していたであろうと考えている。KTMは2016年にヘレスで何度かテストを行っており、これには昨年11月にスミスが参加したテストも含まれる。こうしたことに関して、スミスは「その頃からは大きく前進している」と言う。スミスはまた、アルゼンチンからヘレスの間には5%ほどパフォーマンスを改善することが出来ているだろうと言う。

ブラッドリー・スミス

「予選での走行に関してはライバルのほうが上回っている点があるんですよ。今現時点ではライバルのほうが5%は上回っているでしょうね。ですから、こうした点に関して自分達も改善を続けていて、そのギャップを詰めているんですよ。自分達もアルゼンチンから5%は改善出来ていますから、また5%を例えばル・マンで改善したいですよね。そうすれば自分達もレースを中盤で追える事が出来るでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP ジョナス・フォルガー「この結果に驚きはない」
★MotoGP2017 Ducati ハンマーヘッドの実戦投入はまだ先
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「時にはこんな日もある。」
★MotoGP2017 バルベラ「バイクが自分のライディングスタイルに合っていない」
★MotoGPはバレエなのか、それともバトルなのか?
★MotoGP2017ヘレスGP 予選3位クラッチロー「蜂に胸の辺りを何度も刺された」
★MotoGP2017ミシュラン ヘレスGP決勝レースリリース
★MotoGP2017フランスGP 予選2位ロッシ「新しいアスファルトが良い仕事をしている」
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「体調は日増しに回復している」
★MotoGP2017ドイツGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017チェコGP 2位ペドロサ「1周遅くピットインしたことを後悔している」
★MotoGP2017ブルノテスト ビニャーレス「バイクから再び良いフィーリングが得られた」
★MotoGP2017イギリスGP 予選1位マルケス「3、4人での優勝争いとなるだろう」
★MotoGP2017サンマリノGP ロレンソ「ここ数戦の調子の良さを確認したい」
★MotoGP2017 ドルナCEOカルメロ・エスペレーター「2018年にホルヘはタイトル争いに参加出来る」
★MotoGP2017日本GP 2位マルケス「こういう形で作業を続けていきたい」
★MotoGP2017日本GP ロッシ「氷の上を走っているような感じだった」
★MotoGP2017オーストラリアGP FP4結果
★ホンダ FIM MotoGP世界選手権で二年連続コンストラクターズタイトルを獲得
★MotoGP2017バレンシアGP ロッシ「今後の事は来年の開幕から数戦で判断したい」