★ニッキー・ヘイデン容態は変わらず 引き続き危険な状態

木曜朝に病院から経過報告が出ましたが、ヘイデン選手は変わらず危険な状態とのこと。未だに手術が出来ない状態が続いているようです。

Sponsored Link

元MotoGPチャンピオンのニッキー・ヘイデンは引き続き危険な状態にあり、まだ手術を出来る状態にはなっていない。ヘイデンは自転車で練習中に車にはねられた後、リミニの病院に搬送された。しかしヘイデンの容態が非常に悪かったため、チェゼーナにあるBufalini病院へと緊急搬送された。

病院から水曜夜に発表された情報によると、彼は脳浮腫と足を含む複数の骨折を負っているとのことだった。医師たちは脳浮腫を改善するため頭蓋内の圧力を下げる手術の必要があると考えているが、水曜時点ではヘイデンの容態が手術が出来るまでに安定していないとしていた。木曜朝に病院から発表された情報によると、ヘイデンの容態に変化はなく、彼がいかに危険な状況にいるかという事が改めて明らかとなった。

病院からの発表

「昨晩から大きな容態の変化はありません。ニッキー・ヘイデンは引き続き病院の集中治療室に入院しています。彼の容態は引き続き危険な状態です。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★2017年型CBR500Rを愛すべき5つの理由
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ドヴィツィオーゾ「スピードは十分。既にレースに向けた作業が出来る」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ビニャーレス「もう少しプッシュ出来る。」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ドヴィツィオーゾ「ビニャーレスはもっと速く走れる」
★MotoGP2017 マルク・マルケス「表彰台争いは出来る」
★MotoGP2017カタールGP 木曜写真ギャラリー
★MotoGP2017 Ducati ハンマーヘッドの実戦投入はまだ先
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「明日はセクター2のタイムアップを目指す」
★MotoGP2017アルゼンチンGP リンス「自分の体調も助けにはならなかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「そこまでプッシュしていたわけではない」
★MotoGP2017 ミケーレ・ピッロ「ロレンソの仕上がり具合はオースティンでわかる」
★3輪モーターサイクル『Can-Am Spyder F3』やモニター旅行が当たるSpyder モニター&プレゼントキャンペーン
★ブレンボ ラジアルマスターシリンダーの歴史を解説
★MotoGP2017ヘレスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017ヘレスGP 決勝結果
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「ル・マンは非常に重要なレースになる」
★MotoGP2017フランスGP イアンノーネ「ポイントを獲得することが重要」
★ニッキー・ヘイデン 容態は未だ深刻、事故原因について調査が進む
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「バイクのフィーリングは向上している」
★MotoGP2017フランスGP 予選1位ビニャーレス「良い結果が出せると思っていた」