★ニッキー・ヘイデン容態は変わらず 引き続き危険な状態

木曜朝に病院から経過報告が出ましたが、ヘイデン選手は変わらず危険な状態とのこと。未だに手術が出来ない状態が続いているようです。

Sponsored Link

元MotoGPチャンピオンのニッキー・ヘイデンは引き続き危険な状態にあり、まだ手術を出来る状態にはなっていない。ヘイデンは自転車で練習中に車にはねられた後、リミニの病院に搬送された。しかしヘイデンの容態が非常に悪かったため、チェゼーナにあるBufalini病院へと緊急搬送された。

病院から水曜夜に発表された情報によると、彼は脳浮腫と足を含む複数の骨折を負っているとのことだった。医師たちは脳浮腫を改善するため頭蓋内の圧力を下げる手術の必要があると考えているが、水曜時点ではヘイデンの容態が手術が出来るまでに安定していないとしていた。木曜朝に病院から発表された情報によると、ヘイデンの容態に変化はなく、彼がいかに危険な状況にいるかという事が改めて明らかとなった。

病院からの発表

「昨晩から大きな容態の変化はありません。ニッキー・ヘイデンは引き続き病院の集中治療室に入院しています。彼の容態は引き続き危険な状態です。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link