★MotoGP2017フランスGP ロッシ「今年はタイヤとM1、トラックの相性が良くない」

木曜のプレスカンファレンスからロッシ選手のコメントを抜粋してご紹介します。正直どのような週末になるかはわからないとしていますが、ヤマハはル・マンでテストを1回行っていますので、それがセットアップの助けになるかもしれません。

Sponsored Link

 

ニック・ハリス

「レースに関してですが、まだチャンピオンシップをリードしているとは言え、厳しい状況ですね。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「ヘレスのレースは自分にとってもチームにとっても腹立たしいものでした。過去のシーズンの前半3戦を考えてもこんな結果は予想していませんでした。少しのアドバンテージを2台のホンダに対して失ってしまいました。とは言えまだポイント上はリードしているというのはポジティブなことですが、ヘレスでは全ての状況で苦戦していたので、問題をしっかりと理解する必要があります。そして今年はタイヤとM1、そしてトラックの相性があまり良くないんです。こうした理由から、今週はどのような結果を期待すれば良いのかわからないんですよ。過去はル・マンでM1は良いレースが出来ていますが、どうなるか待つ必要があります。良いフィーリングが得られると良いのですが、天候は非常に寒く雨の予報です。そうしてこうしたコンディションでもテストを予定しています。どうなるかですね。」


 

ニック・ハリス

「新しい路面へと変わっていますが、これについてはどう思いますか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「自分達はヘレスの前に路面を理解するためにテストを行っています。その日も朝はウェットコンディションで非常に寒く、理想的なコンディションとは言えませんでした。午後はドライになりましたけどね。アスファルトは非常に素晴らしい状態なので、サーキット側は非常に良い仕事をしたと思います。バンプも改善して、ほとんど気になりません。グリップも高いですし、タイヤもしっかりと機能します。皆にとってポジティブだと思いますね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP マルケス「コーナー出口のロスが大きい」
★ヤマハ 2017年型YZF-R6のスペックなどを公開。
★MotoGP 2017アルゼンチンGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「レース後半がどうなるかはわからない」
★MotoGP2017 バルベラ「バイクが自分のライディングスタイルに合っていない」
★MotoGP2017ヘレスGP 5位ドヴィツィオーゾ「ロレンソはヤマハ機のようにDucatiを操っていた」
★MotoGP2017フランスGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017フランスGP 優勝ビニャーレス「こういう形のレースを続けていきたい」
★MotoGP2017 カタルーニャ・サーキットの最終セクションにMotoGPライダー達から厳しい評価
★MotoGP2017 マルケス「ニッキーは自分が弟であるかのように接してくれた」
★MotoGP2017ミシュラン ドイツGPプレビュー
★MotoGP2017ドイツGP FP4結果
★MotoGP2017チェコGP バウティスタ「ブルノは難易度が高いサーキット。Ducatiには合っていると思う」
★MotoGP2017オーストリアGP 予選7位ロッシ「2番目に履いたタイヤが機能しなかった」
★ヤマハ 「&Y01」が「グッドデザイン賞」「iF Design Award」に続き世界的デザイン賞「Red Dot Award」コンセプト部門初受賞
★MotoGP2017イギリスGP サム・ロウズ「現在、Moto2での選択肢は3つある」
★MotoGP2017ティト・ラバト 2018年はReale Avintia Ducatiから参戦
★MotoGP2017サンマリノGP 優勝マルケス「キャリアの中でもベストと言えるレース」
★MotoGP2017オーストラリアGP ロレンソ「このトラックでは新型フェアリングは有効ではないかも」
★ヤマハ発動機 応募締め切り間近!ヤマハ発動機ペーパークラフト20周年特別企画。”スケてて切れてる”パーツシートを20名様にプレゼント。