★MotoGP2017フランスGP ロッシ「今年はタイヤとM1、トラックの相性が良くない」

木曜のプレスカンファレンスからロッシ選手のコメントを抜粋してご紹介します。正直どのような週末になるかはわからないとしていますが、ヤマハはル・マンでテストを1回行っていますので、それがセットアップの助けになるかもしれません。

Sponsored Link

 

ニック・ハリス

「レースに関してですが、まだチャンピオンシップをリードしているとは言え、厳しい状況ですね。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「ヘレスのレースは自分にとってもチームにとっても腹立たしいものでした。過去のシーズンの前半3戦を考えてもこんな結果は予想していませんでした。少しのアドバンテージを2台のホンダに対して失ってしまいました。とは言えまだポイント上はリードしているというのはポジティブなことですが、ヘレスでは全ての状況で苦戦していたので、問題をしっかりと理解する必要があります。そして今年はタイヤとM1、そしてトラックの相性があまり良くないんです。こうした理由から、今週はどのような結果を期待すれば良いのかわからないんですよ。過去はル・マンでM1は良いレースが出来ていますが、どうなるか待つ必要があります。良いフィーリングが得られると良いのですが、天候は非常に寒く雨の予報です。そうしてこうしたコンディションでもテストを予定しています。どうなるかですね。」


 

ニック・ハリス

「新しい路面へと変わっていますが、これについてはどう思いますか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「自分達はヘレスの前に路面を理解するためにテストを行っています。その日も朝はウェットコンディションで非常に寒く、理想的なコンディションとは言えませんでした。午後はドライになりましたけどね。アスファルトは非常に素晴らしい状態なので、サーキット側は非常に良い仕事をしたと思います。バンプも改善して、ほとんど気になりません。グリップも高いですし、タイヤもしっかりと機能します。皆にとってポジティブだと思いますね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ビニャーレス「バイクに上手く適応出来ている」
★MotoGP2017カタールテスト2日目 アレイシ・エスパルガロ「レースではこんなリスクは冒せない」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 イアンノーネ「目標はトップライダー達と一緒に走ること」
★MotoGP2017 ダニ・ペドロサ「自分を信じてベストを尽くす」
★MotoGP2017カタールGP ビニャーレス「自信を感じている」
★MotoGP2017カタールGP アレックス・リンス「次のレースが待ち遠しい」
★MotoGP2017 リン・ジャービス「チーム内の雰囲気は最高」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「今回は珍しく転倒せずに完走できた」
★MotoGP2017アメリカGP クラッチロー「COTAはセットアップに時間がかかる」
★MotoGP2017アメリカGP9位 ロレンソ「フィーリングとペースが向上した」
★MotoGP2017スズキ リンスの代役にテストライダーの津田拓也を起用
★MotoGP2017ヘレスGP ザルコ「ヘレスで、バイクをどのようにコントロール出来るか楽しみ」
★MotoGP2017ヘレスGP イアンノーネ「リーダーとの差が大きすぎる」
★MotoGP2017フランスGP ペドロサ「リアグリップを感じられなかった」
★MotoGP2017フランスGP 予選7位レディング「2列目は獲得出来るペースだった」
★MotoGP2017フランスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017フランスGP 2位ザルコ「このままプッシュしていきたい」
★トミー・ヘイデン「ニッキーは私たち家族の誇り」
★ロジャー・リー・ヘイデン「兄さん、また一緒に走る時まで。。愛をこめて」
★MotoGP2017 5/23時点でのポイントスタンディング