★MotoGP2017フランスGP 予選2位ロッシ「新しいアスファルトが良い仕事をしている」

予選後のロッシ選手のコメントをご紹介します。非常にトリッキーなコンディションだったが、M1もタイヤも良く機能した言います。開幕戦から続いているバイクのフィーリングがイマイチという問題が解決したとは思えませんが、明日のレースに向けては良い感触とのことです。

Sponsored Link

Q

「ヴァレンティーノ、予選2位獲得おめでとうございます。この天候の中で非常にトリッキーな予選となりました。」

予選2位 ヴァレンティーノ・ロッシ

「ええ、今週は天候が非常にトリッキーでしたね。たた今日の午後は幸運にも晴れ間が覗きました。初めてのドライセッションになった後に良い形でプッシュ出来ましたし、良いセッティングを出す事ができました。M1もタイヤも良い形で機能しました。そのお陰で限界でライディングをすることが出来ました。最終的にはポールポジションからはそこまで離れていません。31秒台は最初に出せると思っていたんですけどね。ただ、2位でスタートするというのは悪くありません。」

 

Q

「ル・マンはいつも難しいと思いますが、今週末は特にそうですね。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「ええ。アスファルトが良い仕事をしてますね。素晴らしいグリップがあって、寒い時や濡れている時でもプッシュすることが出来ます。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link