★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから5時間後の順位

ドイツで行われている世界耐久選手権のオッシャースレーベン8時間レースの5時間経過時点での結果です。EWCカテゴリーではヤマハファクトリーがトップ2を走る中で順位が入れ替わっており、GMT94ヤマハがレースをリードしています。2位を追うのはYARTヤマハです。

Sponsored Link


3位はBolliger Team Switzerlandとなっていますが、2位のYARTとの差は5時間時点で2周となっており、ヤマハ2チームが、他を寄せ付けない走りを展開しています。

4位はMACO RACING Team、5位F.C.C. TSR Hondaと続きます。EWCクラス6位はホンダ・エンデュランス、7位はスズキ・エンデュランス・レーシング・チーム、8位Team April Moto Motors Events、9位Team Rabid Transit、10位EKO IVRacing BMW CSEUという結果です。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★チームSRCカワサキがル・マン24時間耐久の総合ポールポジションを獲得
★ル・マン24時間耐久 スタートから17時間後の順位
★世界耐久選手権(EWC) ル・マン24時間耐久レース写真ギャラリー
★オッシャースレーベン8時間耐久 練習走行結果
★オッシャースレーベン8時間耐久 予選1日目各ライダーの結果
★オッシャースレーベン8時間耐久 暫定スターティンググリッド
★ヤマハ 鈴鹿8耐3連覇を目指し、ファクトリー体制の2チームが参戦
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から1時間での順位
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から7時間での順位
★ホンダ 2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズ 最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会 参戦体制について
★鈴鹿8時間耐久ロードレース タイヤメーカーテストトップタイムはYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGの津田拓也
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト  7月13日 総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 特別スポーツ走行2回目結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ブルーライダー公式予選1
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 公式予選総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 夜間フリー走行結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング3年連続でポールポジションを獲得
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 残り3時間でヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームがトップ
★鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連勝、GMT94ヤマハが世界耐久選手権においてチャンピオンシップ優勝
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 レオン・ハスラム「表彰台に立つのはいつだって最高の気分」