★MotoGP2017フランスGP 決勝結果

MotoGPクラス決勝レース結果です。レースは良いスタートを決めたザルコ選手が序盤をリードします。ザルコ選手は前後にソフトタイヤを履き、前後ミディアムのビニャーレス選手とロッシ選手から逃げる形。その後残り22周の段階でビニャーレス選手がトップに立ちます。13番グリッドからスタートしたペドロサ選手が4位まで順位を上げる中、残り11周の段階でマルケス選手が転倒。再スタートも叶わずリタイアとなります。

残り6周の段階でロッシ選手がザルコ選手をパス。ロッシ選手はそのまま残り3周でビニャーレス選手を抜いてトップに立ちます。このままレースが終わるかと思えた最終ラップでロッシ選手がミス。このすきを突いてビニャーレス選手がトップに浮上。ロッシ選手は再びビニャーレス選手を追い抜こうとしますが痛恨のミスで転倒。そのままリタイアとなりました。

Sponsored Link

これで優勝はビニャーレス選手、チャンピオンシップのリードを取り戻す形となりました。2位には地元ザルコ選手。ソフトタイヤでそのまま逃げ切るという作戦が功を奏し、ロッシ選手の転倒もあって2位獲得となりました。3位は13番グリッドからミス無く順位を上げてきたペドロサ選手が獲得。4位はDucatiのドヴィツィオーゾ選手、5位クラッチロー選手、6位はペドロサ選手同様に16番グリッドから10台抜きの猛チャージを見せたロレンソ選手、7位フォルガー選手、8位ミラー選手、9位はこちらも地元のバズ選手、10位イアンノーネ選手が久しぶりのポイント獲得となりました。

多くの選手が転倒、Ducatiサテライト勢が合計4台転倒したことでKTMの2台もポイントを獲得しています。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタールGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP4結果
★MotoGP2017アメリカGP リンス「COTAでのライディングは楽しい」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコのオーバーテイクはアグレッシブ過ぎたのか?
★MotoGP2017ヤマハ マッテオ・フラミニが語るロッシと電子制御
★MotoGP2017ヘレスGP 津田「大きな問題なく初日を終えてほっとしている。」
★MotoGP2017フランスGP FP1結果
★MotoGP2017カタルーニャGP ダニロ・ペトルッチ「レース後半はクレイジーな展開になる」
★MotoGP2017ドイツGP 11位ロレンソ「後半にバイクを曲げるのが難しくなってしまった」
★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「3台目の2017年型M1を走らせるメリットは大きい」
★MotoGP2017チェコGP フォルガー「ポジティブな初日の後の2日目が楽しみ」
★MotoGP2017 8/8時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「新型フェアリングを使用すると0.5秒は速く走れる」
★Moto2 中上貴晶 2018年からLCRホンダチームでMotoGPクラスに参戦
★MotoGP2017イギリスGP ペドロサ「今年は集中して良い結果を得たい」
★MotoGP2017イギリスGP 4位クラッチロー「フロントタイヤが柔らかすぎた」
★Triumph(トライアンフ)Moto2エンジンのテスト動画を公開
★MotoGP2017オーストラリアGP FP4結果
★MotoGP2017バレンシアGP 予選2位ザルコ「もし優勝出来れば、シーズンを終える中で最高の形」