★ホンダ 大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR SP2」を発売

Hondaは、「CBR1000RR SP」をベースに、サーキット走行やレースでの使用を想定し、吸・排気バルブと燃焼室を新設計したシリンダーヘッドを搭載するなど、さらなる性能向上を図った大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR SP2」の商談受付を6月5日(月)より開始します。

CBR1000RR SP2は、クラス最軽量※1の車両重量とマス集中化がもたらす軽快性、さらには出力向上と扱いやすい特性を両立したパワーユニットや、新たな電子制御技術を採用してフルモデルチェンジしたCBR1000RR SPをベースモデルとしています。レーシングマシンへのモディファイを前提に、シリンダーヘッド、ピストンなどを専用設計したほか、より軽量なマルケジーニ製の前後ホイールを採用するなど、サーキット走行やレース使用時のポテンシャル向上を図った特別な仕様としています。

Sponsored Link

CBR1000RR SP2の2017年型モデルは台数限定で販売します。ご購入に際しては、Hondaホームページ内の専用サイトでご商談のお申し込みが必要となります。受付期間※2は、2017年6月5日(月)から6月26日(月)で、限定台数を上回るお申し込みがあった場合は、厳正なる公開抽選の実施を予定しています※3。

CBR1000RR SP2商談申込専用サイト
http://www.honda.co.jp/motor-order/2017sp2/

※1Honda調べ(2017年5月現在)直列4気筒1000ccスーパースポーツクラス
※22017年型モデルの受付期間。
2018年型モデルの受付期間と販売台数は別途、Hondaホームページ内の専用サイトでご案内する予定です
※3公開抽選となった場合は、実施概要を別途、専用サイトでご案内する予定です

CBR1000RR SP2 ヴィクトリーレッド

●販売計画台数(国内・2017年型モデル) 35台(限定)
●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

CBR1000RR SP2 3,024,000円(消費税抜き本体価格 2,800,000円)
* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

=CBR1000RR SP2の主な特徴(ベースモデルCBR1000RR SPからの主な変更点)=

●シリンダーヘッド、ピストン
・吸排気効率の最適化による性能向上を図るため、バルブ径を拡大するとともにバルブ挟角を変更。
・燃焼室形状とピストン頭部形状を最適化し、燃焼効率を向上。
・シリンダーヘッドの冷却性向上を図るため、スパークプラグのロングリーチ化とともに、ウォータージャケットをより燃焼室に近い位置に配置。
●バルブリフター
・レース用ハイリフトカムシャフトへの交換に対応させるため、バルブリフター外径を拡大。
●ホイール
・前後ホイールには、マルケジーニとHondaがCBR1000RR SP2専用として共同開発した、マルケジーニ製軽量アルミ鍛造7本スポークホイールを採用。
●カラーリング
・レッドを基調としたカウリングに、カーボンパターンとしたブルーのグラフィックを施すとともにゴールドのラインを追加するなど、CBR1000RR SP2専用のカラーリングとした「ヴィクトリーレッド」の1色を設定。

主要諸元

通称名 CBR1000RR SP2
車名・型式 ホンダ・2BL-SC77
全長×全幅×全高 (mm) 2,065×720×1,125
軸距 (mm) 1,405
最低地上高 (mm) 130
シート高 (mm) 820
車両重量 (kg) 194
乗車定員 (人) 1
燃料消費率※4(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※5(km/h)
25.0(60)<1名乗車時>
WMTCモード値(クラス)※6 18.1(3-2)<1名乗車時>
最小回転半径 (m) 3.2
エンジン型式・種類 SC77E・水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
総排気量 (cm3) 999
内径×行程 (mm) 76.0×55.1
圧縮比 13.0
最高出力 (kW[PS]/rpm) 141[192]/13,000
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 113[11.5]/11,000
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置 (PGM-DSFI)>
使用燃料種類 無鉛プレミアムガソリン
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 16
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.285
2速 1.777
3速 1.500
4速 1.333
5速 1.214
6速 1.137
減速比(1次/2次) 1.717/2.687
キャスター角(度)/トレール量(mm) 23°20´/96
タイヤ 120/70ZR17M/C(58W)
190/50ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
(倒立タイプ/NIX30/Smart EC)
スイングアーム式
(ユニットプロリンク/TTX36/Smart EC)
フレーム形式 ダイヤモンド

道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)

※4燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※5定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※6WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

<ホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 Marc VDS ミラーに新エンジン/ラバトはテストに復帰
★ホンダNM4 Vultus 映画「GHOST IN THE SHELL」に登場
★USヨシムラから2017年型CBR1000RR用エキゾーストが登場
★MotoGP2017 クラッチロー「全てのサーキットで速く走る事が出来ると証明出来た。」
★MotoGP2017 マルケス「アルゼンチンはタイヤライフに注意が必要」
★MotoGP2017 ペドロサ「アルゼンチン戦を楽しみにしている」
★クロスオーバーモデル「400X」の各部の熟成を図るとともにカラーリングを変更し発売
★MotoGP2017アルゼンチンGP 3位クラッチロー「カタールの後にこうした結果で嬉しい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「そこまでプッシュしていたわけではない」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「フロント集団に追いつくだけのフィーリングがあった」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「まだまだ改善出来るポイントがある」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「チャンピオンシップ争いに復活出来た」
★MotoGP2017ヘレスGP ペドロサ「ウェット、ドライともに良い感触」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP LCRホンダ 2018年からMoto2のトップ選手を加えた2台体制を検討か?
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント MarcVDSホンダ
★MotoGP2017フランスGP マルケス「チャンピオンシップは再び接近している」
★MotoGP2017 マルケス「正直言って、カタルーニャの新レイアウトは気に入った」
★MotoGP2017カタルーニャGP ペドロサ「ムジェロ以前のレベルを取り戻したい」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選4位マルケス「表彰台争いが楽しみ」