★ヤマハ発動機 “鋳造のエキスパート”として独自技術を紹介 『人とくるまのテクノロジー展』 ヤマハブースについて

ヤマハ発動機株式会社は、5月24日より開催される『人とくるまのテクノロジー展2017横浜』(会場;パシフィコ横浜、主催;公益社団法人自動車技術会)において当社独自の”鋳造技術”をテーマにブース出展を行います。

当社の鋳造技術は、軽量かつ外観の美しさが求められるオートバイ部品※1、高い信頼性と耐久性を求められるマリンエンジン(船外機)、著しい進化と複雑な形状の具現化が必要な自動車用エンジンなど、多様な製品群に織り込まれています。1955年の創業以来、自主開発・自主生産を貫き、「品質のヤマハ」「デザインのヤマハ」という評価の下支えとなっています。現在は海外8ヵ国で347台のグローバル標準機により、アルミ部品:11,600t/月、鋳鉄部品1,370t/月を生産しています。

同時に当社は「鋳造部品のさらなる可能性を拓きたい」との考えから、”鋳造のエキスパート”としてベストソリューションをご提案しながら外販も進めています。

今回は、世界初※2のオールアルミ製「DiASil(ダイアジル)シリンダー」「マグネシウムダイキャスト」「CFアルミダイキャスト」などの展示に加え、マリンエンジン用に専用開発したアルミニウム合金や、展開性に期待される各種鋳造技術の詳細を紹介。二輪車やマリンエンジンのスケルトンモデルも展示、“鋳造のエキスパート”としての当社の姿をご紹介いたします。

Sponsored Link

※1; 二輪車用エンジン、ホイール、フレームなど
※2; 2002年発表当時/ヤマハ調べ

 

「ヤマハブースのイメージ」
MT-09(二輪車)の当社鋳造部品
(当日はYZF-R1のスケルトンモデルを展示予定)

 

ヤマハ発動機の鋳造 製造実績の一例


ディーゼルエンジン用のアルミニウムシリンダーヘッド


オールアルミ製の二輪車用エンジンシリンダー(ダイアジルシリンダー)


軽量マグネシウムキャストホイール(ダイキャスト鋳造)


二輪車用リヤアーム(CFダイキャスト)


ヤマハ発動機 鋳造・鍛造(ダイキャスト)https://www.yamaha-motor.co.jp/cf/

<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link