★ヤマハ発動機 “鋳造のエキスパート”として独自技術を紹介 『人とくるまのテクノロジー展』 ヤマハブースについて

ヤマハ発動機株式会社は、5月24日より開催される『人とくるまのテクノロジー展2017横浜』(会場;パシフィコ横浜、主催;公益社団法人自動車技術会)において当社独自の”鋳造技術”をテーマにブース出展を行います。

当社の鋳造技術は、軽量かつ外観の美しさが求められるオートバイ部品※1、高い信頼性と耐久性を求められるマリンエンジン(船外機)、著しい進化と複雑な形状の具現化が必要な自動車用エンジンなど、多様な製品群に織り込まれています。1955年の創業以来、自主開発・自主生産を貫き、「品質のヤマハ」「デザインのヤマハ」という評価の下支えとなっています。現在は海外8ヵ国で347台のグローバル標準機により、アルミ部品:11,600t/月、鋳鉄部品1,370t/月を生産しています。

同時に当社は「鋳造部品のさらなる可能性を拓きたい」との考えから、”鋳造のエキスパート”としてベストソリューションをご提案しながら外販も進めています。

今回は、世界初※2のオールアルミ製「DiASil(ダイアジル)シリンダー」「マグネシウムダイキャスト」「CFアルミダイキャスト」などの展示に加え、マリンエンジン用に専用開発したアルミニウム合金や、展開性に期待される各種鋳造技術の詳細を紹介。二輪車やマリンエンジンのスケルトンモデルも展示、“鋳造のエキスパート”としての当社の姿をご紹介いたします。

Sponsored Link

※1; 二輪車用エンジン、ホイール、フレームなど
※2; 2002年発表当時/ヤマハ調べ

 

「ヤマハブースのイメージ」
MT-09(二輪車)の当社鋳造部品
(当日はYZF-R1のスケルトンモデルを展示予定)

 

ヤマハ発動機の鋳造 製造実績の一例


ディーゼルエンジン用のアルミニウムシリンダーヘッド


オールアルミ製の二輪車用エンジンシリンダー(ダイアジルシリンダー)


軽量マグネシウムキャストホイール(ダイキャスト鋳造)


二輪車用リヤアーム(CFダイキャスト)


ヤマハ発動機 鋳造・鍛造(ダイキャスト)https://www.yamaha-motor.co.jp/cf/

<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ロッシ「昨日のような走りが出来なかった」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ビニャーレス「もう少しプッシュ出来る。」
★新型BMW C evolution発表
★コリン・ファーズ 世界最速100馬力のダージャム(バンパーカー)
★MotoGP2017アルゼンチンGP 2位ロッシ「チームにも自分にも良い結果になった」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「少なくとも3秒台は出せる」
★MotoGP2017アメリカGP予選5位 ザルコ「トップの選手についていって学びたい」
★ニッキー・ヘイデン 事故から2日経過も容態は好転せず
★マン島TT2017 イアン・ハッチンソンが2度目の予選で最速タイムを記録
★MotoGP2017カタルーニャGP ビニャーレス「現在は良い流れにあるし自信もある」
★バイク用品販売老舗のナップス、海外へ初進出 台湾最大級規模となるバイク用品専門店を6月に出店
★DHL MotoGP™とコラボし「World's Best Roadキャンペーン」を開始
★MotoGP2017ミシュラン ドイツGP決勝レースリリース
★キング・ケニー&原田哲也 日米レジェンドライダーが集結!ドリフトの聖地 エビスサーキット×バイク用品販売老舗のナップス 東北・福島復興支援イベントを開催 2017年8月5日(土)・6日(日)
★BMW R1200GSのリコール対象台数は世界で150,000台以上のおそれ
★懐かしいあの名車の音が高音質のハイレゾ※で楽しめる!バイクの音を楽しむ「名車図鑑」 第2弾を公開!
★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「3台目の2017年型M1を走らせるメリットは大きい」
★全国のトライアンフファンのための祭典!2017 TRIUMPH NATIONAL RALLY
★ハーレー乗りがいま東北のためにできること。「ルート三陸プロジェクト」10月にツーリングツアー&イベント開催
★MotoGP2017サンマリノGP ロッシ「既に理学療法をスタートしている」