★ヘイデン一家 ヘイデン選手の意志に基づき、臓器提供に同意

ヘイデン選手のご遺族は、ヘイデン選手の生前の意志もあり臓器提供に同意をしたとのこと。亡くなってもなお、素晴らしいチャンピオンの振る舞いですね。

Sponsored Link

モーターサイクルの世界がニッキー・ヘイデンを失ったことを嘆いている。ニッキーの死は、多くの2輪ファンの心に大きな穴を残した。彼が亡くなった翌日、ニッキー自身の意志もあり、ニッキーの家族は臓器提供に同意をした。これはニッキー・ヘイデンの最後の贈り物であり、彼は誰からもその笑顔と、紛れもないアメリカ人らしい正確で愛されていた。

リミニ検察は今朝、遺体の本国送還の許可を出しており、遺体が返却された後に家族もアメリカへと帰国する。遺族らは本国送還の詳細を決定しているところだが、正確な日付はまだ明らかになっていない。しかし、母親のローズと兄のトミーは、出来るだけ早くアメリカへの帰国を希望している。

先週水曜帯の事故の捜査は進んでおり、プジョーを運転していた30歳の男性は、自動車運転過失致死傷罪で取り調べを受けている。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目結果
★MotoGP2017 ダニ・ペドロサ「自分を信じてベストを尽くす」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「チャレンジングな1日だった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アメリカGP ロレンソ「この困難な時期はすぐに終わる」
★マルケスの2016年チャンピオンシップを追ったドキュメンタリー「From Cervera to Tokyo」が公開
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「よく曲がるバイクに仕上げる事が必要」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選2位マルク・マルケス「新しいエンジンでコーナリングが改善している」
★MotoGP2017ヘレスGP 決勝結果
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ロッシ「新しいシャーシも大きな効果はない」
★MotoGP2017 マックス・ビアッジ「ロッシの最大の敵は時間」
★3回目の開催となる「ヤマハ・VR46・マスター・キャンプ」の選手たちがキャンプを卒業
★ヴァレンティーノ・ロッシ「ニッキー、皆が君のそばにいるよ」
★MotoGP2017フランスGP 7位フォルガー「レース序盤のペース改善が必要」
★MotoGP2017 マルケス「ニッキーは自分が弟であるかのように接してくれた」
★MotoGP2017ミシュラン イタリアGPプレビュー
★MotoGP2017イタリアGP Q1結果
★MotoGP2017ミシュラン カタルーニャGP決勝レースリリース
★MotoGP2017 チーム代表が語る「ルールに関しての変更希望点」
★MotoGP2017 ジョナス・フォルガーが語るマルケスの強さの秘密