★MotoGP2017 マルケス「正直言って、カタルーニャの新レイアウトは気に入った」

カタルーニャテストは充実したテストになったと語るマルケス選手。ロレンソ選手は「最終セクターはホンダ向き」と語っていましたが、マルケス選手自身も、最終セクターは気に入っているようです。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「今回のテストではフロントタイヤに集中して作業を行ないました。というのも、このタイヤをムジェロで使用するわけですからね。ここでは今までのタイヤよりも安定性が高い事がわかり気に入りました。ただ大きな違いはありません。あとはここでのセットアップを進めました。2週間後(※6月11日)にはここでレースですから。セットアップは色々と電子制御の詳細を詰めました。もう少しコンスタントに戦闘力を発揮する必要があるんですよね。まだ苦戦している部分がありますが、全体的にはポジティブなテストでした。かなりの周回数もこなしました。朝から午後までセットアップを改善し、最終的な結果には満足です。」

「基本的には今日はル・マンのセットアップと同じタイヤでスタートしました。ただ、今シーズンがずっとそうであるように、フロントに自信が感じられないという問題が発生してしまいました。その後ステップ・バイ・ステップで新しいタイヤをテストしました。このタイヤによって少し改善が見られ、異なるセットアップを試してみました。最終的には良いセットアップが出来ましたし、フロントの自信も感じられるようになりました。ですから、今日のテストの内容には満足ですね。」

「基本的には自分とカルは、ブレーキの強さだとかコーナーエントリーの仕方は似ているんです。もちろん同じバイクですが、同じ問題に苦しんでいるんです。タイヤに関しては4周速いペースで走って止まる、また4周速く走って止まるというのは大丈夫なんですが、最大の問題はレースなんです。常にタイヤが動いている感触があって、オーバーヒートしてしまうんです。そのままの状態で留まるというのが難しくて、同じ事がル・マンでも起きたんです。全く予想が出来なくて理解も出来ないままに転倒してしまうんです。今回の70番タイヤでは、こうした動きが少なくて、より安定しているように感じます。ただこのタイヤに関してはレースで使用してみてどうかというところですね。今年のタイヤとは構造が少し違いますから、良く理解する必要があるでしょう。ただ、今日は良い感触でしたね。」

「カタルーニャの新しいレイアウトは興味深いですね。今日はかなりの転倒がありましたし、自分も低速ですが一回転倒しました。ダニも同様に転倒していましたね。あそこでのテクニックは非常に難しいんです。トラック前半は同じ種類のコーナーしかないのに、最終セクターは全く違うスタイルなので興味深いですね。正直言って自分は好きです。妙な作りですが好きですね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Avintia Ducati写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス新型カウルを使用
★MotoGP2017カタールGP5位 ペドロサ「プッシュすることが出来なかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「レースの中で順位を上げていきたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 2位ロッシ「チームにも自分にも良い結果になった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「マルクは野獣のようにプッシュしていた」
★MotoGP2017アメリカGP リンス「転倒で支払った代償は大きい」
★ニッキー・ヘイデン 事故から2日経過も容態は好転せず
★MotoGP2017フランスGP 3位ペドロサ「昨日を考えると素晴らしい結果」
★ホンダ ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★MotoGP2017イタリアGP 4位ロッシ「表彰台を獲得出来ると思っていた。」
★MotoGP2017オランダGP予選4位 ロッシ「面白いレースになる」
★MotoGP2017オランダGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★ホンダ 原付レジャーモデル「モンキー・50周年スペシャル」を限定発売
★MotoGP2017ドイツGP 10位クラッチロー「今シーズンで最もがっかりしたレース」
★MotoGP2017 コラード・チェッキネッリ「ウイングレット内蔵カウルが市販車に採用されるかも」
★MotoGP2017 チーム代表が語るウイングレット/エアロダイナミクスの開発
★MotoGP2017オーストリアGP マルケス「レッドブル・リンクでは加速性、ウイリーの減少が重要」
★MotoGP2017マレーシアGP FP4結果
★ホンダ 平成28年度排出ガス規制に対応した原付ビジネススクーター「ベンリィ」シリーズを発売