★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「ムジェロをMotoGPバイクで走るのは楽しみ」

ル・マンで表彰台を獲得したザルコ選手ですが、浮足立つこと無く学習を続けることが必要だと語ります。さすが2度Moto2でチャンピオンシップ優勝しているだけあってコメントも常に落ち着いています。

Sponsored Link

ヨハン・ザルコ

「フランスで表彰台を獲得した後イタリアGPには高いモチベーションを持っています。全てのレースで可能な限り良い順位でゴールするためには学習が必要ですから、地に足をつけている必要があります。ムジェロサーキットはル・マンと比較すると非常に難しいサーキットです。多くの高速コーナーがあり、スムーズなライディングスタイルが必要になります。強力なブレーキングが必要なのは1コーナーだけで、この丘の上のストレートからのブレーキングではバイクがかなり動いてしまうんです。ここをMotoGPバイクで走るのは興味深くエキサイティングな体験でしょうね。」

「ここでは過去に素晴らしいレースをしていますから気に入っているトラックですし、プッシュを続けていきたいですね。また表彰台を獲得することを夢見ていますが、これが出来れば自分とテック3にとって最高でしょう。ヤマハはこうしたパフォーマンスを達成出来るポテンシャルがあります。どこまで行けるか、自分の全力を尽くします。」

(Photo courtesy of michelin)

<テック3ヤマハ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 データから見るカタールGP
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「ここで新しいフロントタイヤを試すのは面白いだろう」
★MotoGP2017ヘレスGP クラッチロー「今日は正直ラップタイムは期待していなかった」
★MotoGP2017フランスGP イアンノーネ「ポイントを獲得することが重要」
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「最初からフィーリングが良ければ序盤からプッシュする」
★MotoGP2017 6/7時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017カタルーニャGP 決勝レース結果
★MotoGP2017チェコGP フォルガー「ポジティブな初日の後の2日目が楽しみ」
★MotoGP2017イギリスGP 予選5位ロレンソ「レースペースの改善が必要」
★MotoGP2017サンマリノGP マルケス「今までと同じメンタリティーで挑む」
★MotoGP2017 エクトル・バルベラ「2018年はMoto2への参戦を考えている」
★ヤマハ TMAX530 DXが当たる! 首都圏ツーリングスタンプラリー開催
★MotoGP2017 KTM アラゴンで行ったテストに確かな手応え
★MotoGP2017 スズキMotoGP いつになったらどん底に達するのか?
★MotoGP2017日本GP ビニャーレス「今週末は優勝しないといけない」
★MotoGP2017日本GP クラッチロー「指の状態はだいぶ良くなってきた」
★MotoGP2017日本GP 予選3位マルケス「時には予選でも新しい情報を理解することが大切」
★MotoGP2017日本GP 4位イアンノーネ「ようやく楽しんでレースが出来た」
★FIM MotoGPクラスの2018年、2019年テストに関する変更等を発表
★MotoGP2017バレンシアGP FP4結果