★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「レースでソフトタイヤを使用出来るかもしれない」

チームメイトのフォルガー選手に続いて、FP2では4位タイムを獲得したザルコ選手。今日はソフトタイヤを重点的に試しており、レースでも使用出来るかもしれないとのこと。ムジェロでもル・マンのように先行逃げ切りのレースを狙っているのかもしれません。

Sponsored Link

ヨハン・ザルコ

「初日はポジティブに進んでいますし、今週の残りに関しても自信を持っています。チームと自分はソフトタイヤに関して作業をしました。このタイヤは非常に良いフィーリングを自分に与えてくれますし、良いラップタイムで走行出来ました。今朝は少しバイクをプッシュする必要がありましたが、午後はバイクを良い形でコントロールする方法が見つかりました。ここではコンスタントにライディング出来ていますし、それを楽しんでいます。

「今日は非常に暑かったので、速いタイムを出すのが難しかったですね。グリップも高かったのですが、気温がさらに上がると、ヘレスのようにトリッキーなコンディションになるでしょう。今のところはトップ10に留まっていますし(※FP1、FP2の総合順位では6位)、これが非常に重要なことです。これをFP3まで維持してQ2に進出したいと思います。作業を続けますが、少し分析が必要な内容があります。ただ、全体的には満足です。レースではソフトタイヤを使用出来る可能性もあると思いますが、明日確認してみようと思います。ただ、さらに1つ表彰台を獲得するには良いオプションだと言えるでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

<テック3ヤマハ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト テック3ヤマハ写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールテスト2日目 アレイシ・エスパルガロ「レースではこんなリスクは冒せない」
★MotoGP2017 スズキMotoGPスペシャルサイトでGSX-RRの詳細を公開
★MotoGP2017 トップライダー達はロサイルの再舗装を希望
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「少しプレッシャーを感じる」
★MotoGP2017アルゼンチンGP Q1結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP イアンノーネ「エレクトロニクスの改善が必要」
★MotoGP2017 4/26時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017ヘレスGP ペドロサ「オースティンからの流れを引き継ぎたい」
★MotoGP2017ヘレスGP ドヴィツィオーゾ「今年こそは速く走れると思っていた」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「ホームGPのファンの前でDucatiを乗るのが待ちきれない」
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ビニャーレス「レースと全く違う結果だった」 
★MotoGP2017フランスGP ヨハン・ザルコ「表彰台獲得が目標」
★MotoGP2017フランスGP 予選10位スミス「良いスタートを決めて速いライダーについていきたい」
★ヤマハ 2012年の創設から6年連続の受賞 インドのデザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞
★MotoGP2017イタリアGP ピッロ「良いベースセットアップはある」
★MotoGP2017イタリアGP 予選6位マルケス「フロントタイヤの選択が鍵」
★MotoGP2017イタリアGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選1位ペドロサ「今日の結果はチームに感謝」
★MotoGP2017オランダGP クラッチロー「勝つためにここにいる。サテライトでも優勝は可能。」