★MotoGP2017イタリアGP FP3結果

イタリアGPのFP3結果です。序盤はアレイシ・エスパルガロ選手が引っ張る展開でしたが、チェッカーフラッグが振られる数分前からロッシ選手が好タイムを連発。最終的に不死鳥の様に舞い戻ったロッシ選手がトップタイムを獲得しました。2位はマルケス選手。3位はこちらもFP2から一気にタイムを伸ばしてきたロレンソ選手。4位バウティスタ選手、5位ビニャーレス選手、6位ラバト選手、7位ミケーレ・ピッロ選手、8位ドヴィツィオーゾ選手、9位ペドロサ選手、10位アレイシ・エスパルガロ選手となりました。

Sponsored Link

ザルコ選手は11位、FP2でトップだったクラッチロー選手は転倒もあり14位、イアンノーネ選手16位、このところ好調だったミラー選手は21位に沈んでいます。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 LCRホンダ カタールテストで新カラーリングを披露
★MotoGP2017 Ducatiの新型カウルが明らかにしたシート下の箱の謎
★MotoGP2017 なぜDucatiのフェアリングは、ルール上恐らく問題ないと言えるのか?
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「小排気量カテゴリーにも注目して欲しい」
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「他の2つのレースと比べると良いスタート」
★MotoGP2017ヘレスGP ロッシ「セッティングに問題がある。」
★MotoGP2017ヘレスGP FP3結果
★MotoGP2017ヘレスGP 4位ザルコ「最後まで3位争い出来ると思っていた。」
★MotoGP2017フランスGP FP2結果
★MotoGP2017ミシュラン イタリアGP決勝レースリリース
★MotoGP2017オランダGP マルケス「これ以上ポイントを失うわけにはいかない」
★MotoGP2017ドイツGP FP4結果
★交通事故で入院していたアンヘル・ニエト 木曜日に息を引き取る
★MotoGP2017アラゴンGP リンス「アラゴンでも成長を続けたい」
★MotoGP2017日本GP 6位ロレンソ「ザルコの操縦はまるでゲーム感覚で危険」
★MotoGP2017オーストラリアGP FP2結果
★MotoGP2017オーストラリアGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017マレーシアGP FP3結果
★MotoGP イギリスGPをシルバーストーンで2020年まで開催
★MotoGP2017バレンシアGP ロレンソ「メッセージは見ていたが、ドヴィを引っ張る意図があった」