★MotoGP2017イタリアGP FP1-3総合結果

イタリアGPの練習走行総合結果です。トップ10台はQ2へ、残りはQ1からQ2進出をかけて戦うことになります。総合トップはロッシ選手。FP3に出した素晴らしいタイムの結果、一気にトップとなっています。2位にマルケス選手、3位ロレンソ選手、4位バウティスタ選手、5位ビニャーレス選手、6位はなんとラバト選手、7位ピッロ選手、8位ドヴィツィオーゾ選手、9位ペドロサ選手、10位アレイシ・エスパルガロ選手となりました。

Sponsored Link

ザルコ選手は直接のQ2進出を逃し、Q1から戦うことになります。ただQ1にはクラッチロー選手、レディング選手、ペトルッチ選手、フォルガー選手など競合選手が揃っていますので、Q2進出を決めるのは簡単ではないでしょう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 4/16時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「今年は良いレースにしたい」
★MotoGP2017アメリカGP ロレンソ「この困難な時期はすぐに終わる」
★MotoGP2017アメリカGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017アメリカGP9位 ロレンソ「フィーリングとペースが向上した」
★MotoGP2017アメリカGP ペドロサ「次は自分が好きなヘレスを楽しみたい」
★MotoGP2017 ロッシが今年10度目のタイトルを獲得出来ると言える理由
★ヴァレンティーノ・ロッシ「ニッキー、皆が君のそばにいるよ」
★MotoGP2017カタルーニャGP マルケス「新レイアウトは自分好み」
★MotoGP2017オランダGP マルケス「バイクとタイヤのセットアップを見つける事が重要」
★MotoGP2017オランダGP リンス「ペトルッチには申し訳ない」
★MotoGP2017ドイツGP FP2結果
★MotoGP2017ドイツGP 予選4位クラッチロー「ホンダで上位3位を獲得したい」
★MotoGP2017チェコGP 決勝レース結果
★MotoGP2017チェコGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017イギリスGP フォルガー「新型フェアリングを試す予定」
★MotoGP2017イギリスGP ロッシ「チャンピオンシップ争いをしている未来を想像出来ない」
★MotoGP2017イギリスGP レッドブル・リンクでの雪辱を果たすことを誓うアプリリア
★MotoGP2017 エクトル・バルベラ「2018年はMoto2への参戦を考えている」
★MotoGP2017クラッチロー 「なぜロッシの代役がロウズか中須賀ではなく、ファン・デル・マルクなのか?」