★MotoGP2017イタリアGP 予選6位マルケス「フロントタイヤの選択が鍵」

予選走行中はザルコ選手に詰まっているように見えたマルケス選手ですが、実はホームストレート上でザルコ選手のスリップストリームに入ろうと思っていたのが、早めに追いついてしまったとのこと。レースペースには自信があるとのことなので、スタートで先頭集団に入る事が出来るかどうかが鍵を握るでしょう。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「正直言って最高の予選ではありませんでした。いくつかミスをしてしまって、計算ミスによってストレートでザルコのスリップストリームにつくはずが、早めに追いついてしまいました。理想的なタイムで走っていたんですが、1周の中でまとめる事が出来ませんでした。FP4ではかなり速いレースペースをユーズドタイヤで記録出来たので、これはポジティブです。ただ予選ではフロントタイヤに苦戦をしたことでベストと言える走りが出来ませんでした。ちょっとタイヤが柔らかすぎたんです。セッティングに関してはそこまで外していませんから、明日は適切なフロントタイヤを選択することが重要です。表彰台争いは出来るでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 ロレンソとドヴィツィオーゾの長い歴史
★セーフティーコミッション 2016年フロントタイヤの使用はアメリカズGPへ持ち越し
★MotoGP2017アメリカGP バウティスタ「今のレベルを維持したい」
★MotoGP2017アメリカGP FP1結果
★MotoGP2017ケーシー・ストーナー 5月23日からのバルセロナテストに参加
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ロレンソ「どんどんフィーリングが良くなっている。」
★MotoGP2017フランスGP 予選5位マルケス「セットアップにもう少し時間が必要」
★MotoGP2017フランスGP 5位クラッチロー「今日の目標はトップ6での完走だった」
★ホンダ 125ccスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し発売
★KTM ミゲル・オリベイラ「MotoGPマシンに乗るのは全てのライダーの夢」
★MotoGP2017 8/8時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017 KTM CEOステファン・ピエラ「MotoGPには表彰台を獲得し、優勝するために参戦している」
★MotoGP2017オーストリアGP10位 カリオ「最高のMotoGPクラスでのレースだった」
★「トニー・ボウ」トライアル世界選手権で11連覇を達成
★MotoGP2017エクトル・バルベラ 2018年はMoto2にPons HP40から参戦
★MotoGP2017アラゴンGP5位 ロッシ「もてぎはさらに良い状態で挑めるはず」
★MotoGPでも”オイル燃焼”によるパフォーマンスアップが可能なのか?
★MotoGP2017日本GP ペドロサ「日本でのレースは本当に楽しみ」
★MotoGP 2017 もてぎの過酷なブレーキングにはブレンボの340 mmディスクがマストアイテムです
★MotoGP2017オーストラリアGP 13位ドヴィツィオーゾ「スピードが無かったという事が問題」