★MotoGP2017イタリアGP 予選7位ロレンソ「スタート次第ではトップグループで戦える」

予選結果は7位となったロレンソ選手はレースペースに自信を覗かせます。FP4の結果を見るとトップ10位までのタイム差は0.3秒台となっていますので、スタートを失敗するとなかなか追いつけない展開のレースが予想されます。本人も語るとおり、良いスタートが鍵となるでしょう。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「グリッドポジションは自分が望んでいたものではありませんが非常に嬉しいです。1周のタイムよりもレースペースのほうが良いんです。ただ、これはオースティン以来となる予選最高順位です。最も重要なことは、明日のレース、そして将来的にしっかりと機能するであろうセッティングを見つける事が出来たことです。レースに関しては皆接近していますし、どうなるか予想するのは難しいですね。良いスタートが出来ればフロントグループで戦う事が出来ると思います。」


(Photo courtesy of Ducati)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 エクトル・バルベラ「怪我を嘆いても仕方ない」
★Ducati 2016年に全世界で55,451台を販売/7年連続で売上増を達成
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「まだやることは沢山ある」
★MotoGP2017カタールGP11位 ロレンソ「やるべき事は沢山ある」
★MotoGP2017 KTMヘレスGPまでは大きなアップデートはなし
★MotoGP2017アルゼンチンGP イアンノーネ「エレクトロニクスの改善が必要」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「少なくとも3秒台は出せる」
★MotoGP2017アメリカGP リンス「転倒で支払った代償は大きい」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「チャンピオンシップ争いに復活出来た」
★MotoGP2017 ロレンソ「Ducatiはヤマハのようにシャーシ開発に力を入れるべき」
★MotoGP2017ヘレスGP FP1結果
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「リアブレーキを使用し、良い感触でプッシュ出来た」
★MotoGP2017ヘレスGP ペドロサ「ウェット、ドライともに良い感触」
★MotoGP2017ヘレスGP クラッチロー「今日は正直ラップタイムは期待していなかった」
★MotoGP2017Ducati ジジ・ダッリーニャ「今、最も良くないのは混乱してしまうこと」
★MotoGP2017フランスGP ヨハン・ザルコ2018年もテック3ヤマハから参戦
★MotoGP2017イタリアGP ギュントーリ「ここで再びレースが出来る事が嬉しい」
★MotoGP2017カタルーニャGP Q2結果
★MotoGP2017 カタルーニャテスト結果
★MotoGP2017 スズキは明らかにイアンノーネのパフォーマンスに満足していない