★MotoGP2017イタリアGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳

土曜日に行われたイタリアGPの予選プレスカンファレンスの翻訳をお届けします。3人ともに各ライダーがかなり接近しているため、スタートが重要で難しいレースになるだろうと語っています。タイヤの選択も大きな意味合いを持つレースになりそうです。

Sponsored Link

 

ニック・ハリス

「それではポールを獲得したマーべリックから始めましょう。練習走行、予選の後から考えると難しいレースになりそうですね。」

マーべリック・ビニャーレス

「非常に難しいでしょうね。皆が接近していますからクレバーにレースをする必要があります。良いスタートをして最初からプッシュしていく必要があります。特に最初の3周が重要になるでしょう。昨日の転倒以来、バイクに乗るのにナーバスになっているんです。FP3は難しかったです。FP4でバイクを少し変更してフロントのフィーリングが少し良くなり、予選ではベストを尽くしました。転倒の痛みが少し残っていましたが、ライディングをする上では問題ではありませんでした。明日は良い走行をしたいですし、高いモチベーションで挑むことが出来ます。」

 

ニック・ハリス

「タイヤチョイスは難しいでしょうね。明日は少し気温が低いようですが。」

マーべリック・ビニャーレス

「もし気温が下がるのであれば自分のライディングスタイルにはプラスですが、ウォームアップで試してみる必要があります。そしてチームといろいろと話し合う必要があります。明日はタイヤチョイスが非常に重要になってくるでしょう。スマートに正しい選択をすることが必要です。」

 

ニック・ハリス

「あなたが戦う相手というのはイタリア人数十万人の声援を受けているわけですが(笑)」

マーべリック・ビニャーレス

「明日は間違いなくタフな戦いになるでしょう。ライバルは接近していますし天候も暑いですし、ムジェロは常にフィジカル面でタフなトラックですからしっかりと準備をする必要がありますし、タイヤチョイスが非常に重要になるでしょう。」

 

ニック・ハリス

「それでは2位には明日、数十万人の声援を受けるであろうバレンティーノ・ロッシ。多くの人があなたに会いに来ると思いますが、こうした結果でほっとしたのではないでしょうか。」

バレンティーノ・ロッシ

「厳しい週末でした。先週の木曜日から辛かったです。トレーニングの最中に怪我をしてしまい、おそらく今週の火曜日まではレースを出来るような状態ではありませんでした。ですから水曜にムジェロに到着して、体調が徐々に良くなっていったというのは贈りもののような感覚でした。ですからここでは良いレースをしないとと思いますし、ファンのためにもそう思います。」

 

ニック・ハリス

「当然練習走行や予選も簡単ではなかったでしょう。」

バレンティーノ・ロッシ

「昨日は体中が痛かったので大変でした。集中してライディングを行うのが難しかったんです。それにバイクの感触も悪かったので非常に心配していたんです。ル・マンでバイクに関して気づいた内容が有効だったのかどうなのかなど、昨日14位だったので心配だったんです。ただバイクの動きは良いので楽観的には考えていて、今日に関しては朝から良い走行が出来ました。ペースも良かったですし、レースタイヤでもスピードがありました。最終的に良いラップタイムが出せましたし、レースタイヤでも良い走行が出来ました。」

「今回はQ1から走るのではなくトップ10に残りたいと考えていたんです。今日の午後に関してはちょっとしたミスをしてワイドになってしまい、そこで砂で転んでしまいました。幸運にも何も無かったですけどね。ダメージを与えてしまったのもセカンドバイクだったので、最高のバイクは準備が出来ている状態でした。ただそれでフィーリングを少し失ってしまい、予選は難しかったです。ですからこの2位は通常のレースウィークよりも重要なものです。明日のレースは皆接近していますし接戦になるでしょうから、2列目スタートでなかったのは良かったです。」

 

ニック・ハリス

「23周、そして暑さ。大きな試練ですね。」

バレンティーノ・ロッシ

「日増しに回復していて、今はライディングをしていて痛みはありません。ただ回復にはまだ時間がかかります。明日のレースは通常よりも難しいと思いますが、昨日から今日に回復出来たように、今日から明日にも大きく回復出来ればと思っています。」

 

ニック・ハリス

「バレンティーノありがとう。それではドヴィツィオーゾ、色々と大変だったと思いますが、なんとかDucatiをフロントローに滑り込ませる事が出来ました。練習走行、予選といかがでしたか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「フロントローからのスタートは本当に嬉しいです。良いラップタイムである感覚も無かったですし、1列目が獲得出来るとは思っていなかったんです。ただ今週は全てのDucatiがかなり良い走りをしていましたから、それに関しても嬉しいです。明日は多くのDucatiが結果を出せると思います。FP4ではバイクの改善が出来ましたから、これに関して喜んでいます。ユーズドタイヤのペースもトップライダーと近いですが、これは自分達にとって非常に大事なんです。トップライダー達についていける気はしています。」

「ただ23周というのは常に長いレースです。ムジェロはレースをするのが最も難しいサーキットの1つだと思っていて、フィジカル面でまず楽だという事は有りえず、最初から最後まで100%でプッシュするのは、誰にとっても無理でしょう。ですから戦略を練る必要があるんです。ただスピードは間違いなくあるんです。これに関しては本当に嬉しく思っています。予選でのタイムが自分達が今週素晴らしい仕事をしたんだということを証明しているでしょう。今週は自分達にとって今年の中でベストの週末です。フィーリングはカタール以来に良いです。」

 

ニック・ハリス

「タイヤチョイスに関しては既に決まりましたか?それともまだでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「自分達にとっては選択肢は明確ですね。選択を変えるかもしれませんが、気温によってまだ決め兼ねています。そこまで気にはしていません。大事なのは最初から最後までスピードを発揮することです。」
 

ニック・ハリス

「ドヴィ、ありがとう。それでは私からの質問は以上です。フロアからの質問をどうぞ。」

 

Q

「マーベリック、以前の勝利ではスタート時点ではレースをリードしていませんでした。明日は多くのライダーが接近しているわけですが、あなたの戦略としては序盤に攻めるのか、序盤はタイヤを温存して最後にアタックする走りでしょうか?」

マーべリック・ビニャーレス

「これはフィーリングによりますね。最初からフィーリングが良ければ最初からプッシュします。良いスタートをして出来る限りプッシュします。多くのライダーが素晴らしいタイムで走る事ができますから。序盤からフィーリングが良くてタイヤも良い感触であればプッシュするでしょうね。」

 

Q

「世界中のファンにとってあなたはアイドルなわけですが、ここでこれほど多くのファンに囲まれてというのは、どのような気分なのでしょうか?」

バレンティーノ・ロッシ

「本当に嬉しいですしラッキーだと思います。世界中にファンがいますが、やはりここイタリアは特別です。それにムジェロはコースの作りもあって特別ですよね。ここではファンとの距離が近いですから、ライディングしていてもファンの姿がよく見えるんです。明日は多くのお客さんが来てくれると思いますが、非常に嬉しいことで、最大の力を尽くそうというさらに大きなモチベーションになりますね。」

 

Q

「Moto3の予選に関してはMotoGPのようなシステムにするべきだと思いますか?」

バレンティーノ・ロッシ

「Moto3は台数が多過ぎるからということでしょうか?現在のルールではピットレーンを出た後は他のバイクを待つことは出来ないわけですよね。ただ、今日に関しては他のライダーを待っている選手がいたように思います。ただ自分としては他のクラスでもQ1、Q2を設けるのはショーという意味でも面白いと思いますけどね。」

 

Q

「何年も競争力を保つためにトラック上で非常に強いライバルを持つということについての重要性を聞きたいのですが。」

バレンティーノ・ロッシ

「正直いうとこんなに強力なライバルが沢山いないほうが嬉しいんですけどね(笑)ただある意味ではこれは実に大変なことで、自分は長年ロレンソという最速の1人とボックスを共にしてきました。そしてマーベリックがやってきて、彼も本当に強いライダーでここまで強いとは予測していませんでした。ただより向上しようというモチベーションを保つという意味では良いことだと思います。」

 

Q

「ドヴィ、あなたのバイクのトップスピードの優位性は、明日の勝利に対しての鍵になると思いますか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「勝利に関して考えると、確かに自分にとって使えるカードの1つでしょう。このトラックではDucatiは速いですが、他でもそうであるわけではありません。ただブレーキングでも強いバイクですし、ストレートでの5速、6速というのは本当に強烈です。ラップタイムとFP4のレースペースはほぼライバルと同じでしたしね。ただ良い点もあれば悪い点もあるものです。ライバルとは全くことなるバイクですから。」

 

ニック・ハリス

「以上ですか?それではソーシャルメディアからの質問をスティーブン・デイにお願いしましょう。」

 

スティーブン・デイ

「マーベリックにFacebookのゴンザーロからの質問です。あなたが今までにもらった中で一番のアドバイスは何でしょうか?」

マーべリック・ビニャーレス

「それはチームからもらった言葉で常に落ち着いていろというものです。自分は激しいライダーですから、全ての走行、全ての練習走行、周回でプッシュしようとしてしまうんです。ポールポジションを獲得していてもプッシュしようとしてしまうんです。ですからチームから”落ち着いて走れ、全ての走行で無駄にスピードを披露する必要はない”と言われています。これは実際良いアドバイスだと思いますね。金曜のような転倒を避ける事が出来るでしょうから」

 

スティーブン・デイ

「次はバレンティーノにInstagramからペイジ・ギャラックからの質問です。あなたは過去ムジェロで色々とユニークなデザインのヘルメットを使用しています。どうやってこうしたアイデイアを思いつくのですか?そしてお気に入りは?」

バレンティーノ・ロッシ

「一番のお気に入りは2009年の顔のデザインですね。(※ブレーキングではこんな顔をしているんだという例のアレです。)あれは自分のキャリアの中でも最も象徴的なデザインだと思います。今回のデザインは先週日曜に引退した自分のアイドルの1人、フランチェスコ・トッティに捧げたデザインです。過去20年間イタリアで最高のスポーツマンの1人でした。トッティは昔欧州チャンピオンシップのセミファイナルでPKを蹴ったんですけど、先週日曜自分はベッドで動けずにいて、友人とTVでトッティを見ていたんですが、そこで”来週の日曜に体調が万全ならトッティのようにゴール決める事が出来るよ”と言われて、それでこうしたデザインになったんです。」

 

スティーブン・デイ

「最後にアンドレアに質問です。準備をお願いします(笑)巨大な羊のバレンティーノと戦うのと、巨大なガチョウのマーベリックに追われるのとどちらが良いですか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

(※質問がかなり意味不明なので、理解するのに時間がかかる)
「ええと、羊のほうがまだいいですかね。でも、なんだかとても妙な質問ですね(笑)」

 

ニック・ハリス

「それでは皆さんありがとうございました。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ドルナ 2019年から電動バイクチャンピオンシップを検討
★MotoGP2017カタールGP アレックス・リンス「次のレースが待ち遠しい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「M1がここでどんな走りをするのか楽しみ」
★MotoGP2017アメリカGP リンス「COTAでのライディングは楽しい」
★MotoGP2017ヘレスGP ビニャーレス「今まで同様の速さを発揮出来る自信がある」
★MotoGP2017ヘレスGP FP4結果
★MotoGP2017Ducati ジジ・ダッリーニャ「今、最も良くないのは混乱してしまうこと」
★ヘイデン一家 ヘイデン選手の意志に基づき、臓器提供に同意
★MotoGP2017オランダGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017オランダGP ペトルッチ「最終的な差は本当に小さかった」
★MotoGP2017 Ducati ミサノでのファクトリーライダーによるテストを終了
★MotoGP2017イギリスGP ペドロサ「”侍”という漢字は沢山の意味がある言葉」
★MotoGP2017イギリスGP 2位ビニャーレス「今日はベストと言える走りだった」
★MotoGP2017サンマリノGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017日本GP マルケス「現時点で転倒することは問題ない」
★MotoGP2017オーストラリアGP 2位ロッシ「他のライダー同様”頭の悪い”走りが必要だった」
★MotoGP2017マレーシアGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017バレンシアGP ロッシ「今後の事は来年の開幕から数戦で判断したい」
★MotoGP2017バレンシアGP ロレンソ「メッセージは見ていたが、ドヴィを引っ張る意図があった」