★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「体調は日増しに回復している」

イタリアGPの予選プレスカンファレンスからロッシ選手のコメントを抜粋でご紹介します。今週はモトクロスでのトレーニング中の怪我によって、様々な箇所に痛みを抱えた状態でやってきたロッシ選手。転倒もあったものの、怪我もなくセカンドバイクだったので良かったと語っています。なお、今回のヘルメットデザインは引退したフランチェスコ・トッティ選手のように日曜にゴールを決めるという意味合いなのだとか。

Sponsored Link

 

ニック・ハリス

「それでは2位には明日、数十万人の声援を受けるであろうバレンティーノ・ロッシ。多くの人があなたに会いに来ると思いますが、こうした結果でほっとしたのではないでしょうか。」

バレンティーノ・ロッシ

「厳しい週末でした。先週の木曜日から辛かったです。トレーニングの最中に怪我をしてしまい、おそらく今週の火曜日まではレースを出来るような状態ではありませんでした。ですから水曜にムジェロに到着して、体調が徐々に良くなっていったというのは贈りもののような感覚でした。ですからここでは良いレースをしないとと思いますし、ファンのためにもそう思います。」

 

ニック・ハリス

「当然練習走行や予選も簡単ではなかったでしょう。」

バレンティーノ・ロッシ

「昨日は体中が痛かったので大変でした。集中してライディングを行うのが難しかったんです。それにバイクの感触も悪かったので非常に心配していたんです。ル・マンでバイクに関して気づいた内容が有効だったのかどうなのかなど、昨日14位だったので心配だったんです。ただバイクの動きは良いので楽観的には考えていて、今日に関しては朝から良い走行が出来ました。ペースも良かったですし、レースタイヤでもスピードがありました。最終的に良いラップタイムが出せましたし、レースタイヤでも良い走行が出来ました。」

「今回はQ1から走るのではなくトップ10に残りたいと考えていたんです。今日の午後に関してはちょっとしたミスをしてワイドになってしまい、そこで砂で転んでしまいました。幸運にも何も無かったですけどね。ダメージを与えてしまったのもセカンドバイクだったので、最高のバイクは準備が出来ている状態でした。ただそれでフィーリングを少し失ってしまい、予選は難しかったです。ですからこの2位は通常のレースウィークよりも重要なものです。明日のレースは皆接近していますし接戦になるでしょうから、2列目スタートでなかったのは良かったです。」

 

ニック・ハリス

「23周、そして暑さ。大きな試練ですね。」

バレンティーノ・ロッシ

「日増しに回復していて、今はライディングをしていて痛みはありません。ただ回復にはまだ時間がかかります。明日のレースは通常よりも難しいと思いますが、昨日から今日に回復出来たように、今日から明日にも大きく回復出来ればと思っています。」

 

Q

「世界中のファンにとってあなたはアイドルなわけですが、ここでこれほど多くのファンに囲まれてというのは、どのような気分なのでしょうか?」

バレンティーノ・ロッシ

「本当に嬉しいですしラッキーだと思います。世界中にファンがいますが、やはりここイタリアは特別です。それにムジェロはコースの作りもあって特別ですよね。ここではファンとの距離が近いですから、ライディングしていてもファンの姿がよく見えるんです。明日は多くのお客さんが来てくれると思いますが、非常に嬉しいことで、最大の力を尽くそうというさらに大きなモチベーションになりますね。」

 

Q

「Moto3の予選に関してはMotoGPのようなシステムにするべきだと思いますか?」

バレンティーノ・ロッシ

「Moto3は台数が多過ぎるからということでしょうか?現在のルールではピットレーンを出た後は他のバイクを待つことは出来ないわけですよね。ただ、今日に関しては他のライダーを待っている選手がいたように思います。ただ自分としては他のクラスでもQ1、Q2を設けるのはショーという意味でも面白いと思いますけどね。」

 

Q

「何年も競争力を保つためにトラック上で非常に強いライバルを持つということについての重要性を聞きたいのですが。」

バレンティーノ・ロッシ

「正直いうとこんなに強力なライバルが沢山いないほうが嬉しいんですけどね(笑)ただある意味ではこれは実に大変なことで、自分は長年ロレンソという最速の1人とボックスを共にしてきました。そしてマーベリックがやってきて、彼も本当に強いライダーでここまで強いとは予測していませんでした。ただより向上しようというモチベーションを保つという意味では良いことだと思います。」

 

スティーブン・デイ

「次はバレンティーノにInstagramからペイジ・ギャラックからの質問です。あなたは過去ムジェロで色々とユニークなデザインのヘルメットを使用しています。どうやってこうしたアイデイアを思いつくのですか?そしてお気に入りは?」

バレンティーノ・ロッシ

「一番のお気に入りは2009年の顔のデザインですね。(※ブレーキングではこんな顔をしているんだという例のアレです。)あれは自分のキャリアの中でも最も象徴的なデザインだと思います。今回のデザインは先週日曜に引退した自分のアイドルの1人、フランチェスコ・トッティに捧げたデザインです。過去20年間イタリアで最高のスポーツマンの1人でした。トッティは昔欧州チャンピオンシップのセミファイナルでPKを蹴ったんですけど、先週日曜自分はベッドで動けずにいて、友人とTVでトッティを見ていたんですが、そこで”来週の日曜に体調が万全ならトッティのようにゴール決める事が出来るよ”と言われて、それでこうしたデザインになったんです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Team Estrella Galicia 0,0 Marc VDSホンダ写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ロッシ「ようやくフロントに良い感触を感じることが出来た」
★MotoGP2017 ペドロサ「今年はあらゆる面で最高の自分を見つけていきたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「良いペースだということが最も重要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ウォームアップ結果
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★MotoGP2017 クラッチロー「全てのメーカーで自分の速さを証明できた」
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「目標は常にDucati最高位でレースを終えること」
★MotoGP2017ヘレスGP ドヴィツィオーゾ「今年こそは速く走れると思っていた」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「Ducatiの戦闘力を上げるためにはどんな事もする覚悟がある」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選3位クラッチロー「蜂に胸の辺りを何度も刺された」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選6位ザルコ「6位はレースに向けて完璧な位置」
★MotoGP2017フランスGP ギュントーリ「ル・マンでの走行が本当に楽しみ」
★ニッキー・ヘイデン 容態は未だ深刻、事故原因について調査が進む
★ヘイデン一家 ヘイデン選手の意志に基づき、臓器提供に同意
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「カタール以来の良いフィーリング」
★MotoGP2017イタリアGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタルーニャGP 3位ペドロサ「最後は良い形でタイヤをセーブ出来なかった」
★MotoGP2017カタルーニャテスト リンス「GSX-RRに再び乗れて嬉しい」
★MotoGP2017アプリリア 2019年のサテライトチーム投入は可能