★MotoGP2017イタリアGP 4位ロッシ「表彰台を獲得出来ると思っていた。」

木曜日のプレスカンファレンスでもレースを走る事が出来るかどうかわからない状態だったと語っていたロッシ選手は4位を獲得。体調が100%であればペトルッチ選手を抜き返す事も出来たかもしれませんが、今回はとてもそんな体力は無かったとのこと。

Sponsored Link

「表彰台を逃したのは本当に残念です。ムジェロではファンの前で表彰台を獲得するのは常に重要ですから。それに自分自身も表彰台を獲得出来ると思っていましたし。練習走行を通じてスピードがありましからね。ただ同時に23周は非常に難しいレースになるだろうとも思っていました。練習走行では4周、5周走って休む事は出来ますけど、それが連続となると厳しいですよ。」

「残り8周の段階でもう限界でした。MotoGPバイクをライディングするのに100%の体調じゃないと、全ては難しいんです。ですからギブアップはせずにペトルッチの後について行こうと思っていたんですが、残念ながらアタックするだけの力がありませんでした。表彰台が獲得出来なくて本当に残念です。ただ、別の考え方をすると火曜の時点ではレースをするどころではありませんでしたから、そう考えると良いレースだったと思います。」

「ただ、今日はミグノが素晴らしい走りをしましたから、本当に誇りに思っています。泣いてはいませんが感動しました。チームにとっても重要な勝利でした。それにパッシーニも全てのイタリア人ライダーが夢にみるようなレースをしましたね。彼はこの勝利に見合う選手ですし、彼が抱えていたフィジカル面の問題を考えると素晴らしい仕事をしたと思います。」

「これからは2戦連続ですが、かなりタフでしょうね。ただこんな形で毎日回復して行くことが出来れば、次のレースまでの時間は重要だと言えます。バルセロナ路面は非常に古いので少し心配しています。グリップも非常に低いですし。そして今年ヘレスではこうしたコンディションで苦戦したわけですからね。ただ、まだこうした事を断定するには早すぎるでしょう。ただバルセロナは好きなコースですし、新しいレイアウトになっています。まずは試してみないと。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link