★MotoGP2017 Ducatiジジ・ダッリーニャ「今はチャンピオンシップ争いは考えていない」

ドヴィツィオーゾ選手の優勝、ペトルッチ選手の3位、バウティスタ選手の5位は嬉しいとしながら、今はチャンピオンシップではなく次のレースを考えていると語るジジ・ダッリーニャ。コーナリングパフォーマンスの改善を進めているのでしょうが、一長一短には結果が出ないのでしょう。新型カウルに関してはシーズン前半9戦の間には投入しないかもという事も匂わせています。

Sponsored Link

ジジ・ダッリーニャ

「確かにテストを行っていますが、自分達しかトラックにおらず参考にするものがありませんでした。テストについて楽観的にとらえていても、結果的にバイクがどの程度の競争力があるのかが見えにくくなってしまうんです。」

「今はチャンピオンシップについては考えたくありません。今考えているのはバルセロナのことだけです。ムジェロのようなパフォーマンスを繰り返す事が出来るかどうかはわかりません。ただこのトラックはムジェロとある程度似た部分があるんです。ただカタルーニャのグリップは低いということは指摘しておくべきでしょう。ですから、より状況が複雑になる可能性があります。」

「我々は単純に作業を続ける必要があります。まるで何も起こらなかったかのようにね。ここ数ヶ月で様々な改良プランがあります。結果は出ていますが、期待に沿ったものではありません。いずれにせよ自分達が学んだ事は将来に対する気付きを与えてくれましたから、自信を持っています。」

「ダニロは素晴らしかったですね。実に素晴らしいレースでした。バウティスタも同様です。Ducatiがトップ5に並んでいるのを見るのは気分が良いです。ただライバルの競争力が高いのもわかっています。今回のレースの後でドヴィはより勝ちたいという気持ちが強くなるでしょうし、ホルヘにしても同様でしょう。彼は建設的に物事を考えられますからね。」

「新しいフェアリングに関してはシーズン後半に何か異なるタイプのものが登場するかもと思っていただければ良いのではないでしょうか。」

(Photo courtesy of Ducati)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Pull&Bear Aspar Team写真ギャラリー
★MotoGP2017ヘレスGP ペドロサ「ウェット、ドライともに良い感触」
★MotoGP2017ヘレスGP 津田「大きな問題なく初日を終えてほっとしている。」
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「最初からフィーリングが良ければ序盤からプッシュする」
★MotoGP2017ドイツGP 予選3位ペドロサ「先週と同様のコンディションで良い仕事が出来た」
★MotoGP2017ドイツGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017チェコGP ザルコ「ジョナスのザクセンでの表彰台獲得がモチベーションを与えてくれた」
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「常に表彰台を獲得出来るようにする必要がある」
★MotoGP2017チェコGP フォルガー「ポジティブな初日の後の2日目が楽しみ」
★MotoGP2017ブルノテスト イアンノーネ「バイクに対するフィーリングが大きく向上した」
★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「ブルノと同様の感覚を得ることが重要」
★MotoGP2017オーストリアGP 決勝レース結果
★Moto2 中上貴晶 2018年からLCRホンダチームでMotoGPクラスに参戦
★MotoGP2017イギリスGP FP4結果
★MotoGP2017イギリスGP 5位ロレンソ「Ducatiで走った中で最高のレースだった」
★ロッシ ファンクラブ副社長「他の選手に野次を飛ばす人間にはファンの資格はない」
★Ducatiダヴィデ・タルドッツィ 「デスモセディチの旋回性は改善しつつある」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ オーストラリアGPプレビュー
★MotoGP2017マレーシアGP ロレンソ「あの状況で何をすべきかは、言われずともわかっている」
★MotoGP2017バレンシアGP 決勝レース結果