★スズキ 新型GSX-R600とGSX-R750の登場は2018年以降

スズキがアメリカのカリフォルニア州大気資源局に提出した書類によると、2018年にGSX-R1000のように新型になるかもと予想されていたGSX-R600とGSX-R750は、特に変更がないということが明らかになりました。確かに現在は新型ターボチャージドエンジン「XE7」を搭載するであろうリカージョンにあたるモデルを開発していると噂されていますし、いずれ新型になることは確実でしょうから、気長に待ちましょう。

Sponsored Link

スズキはGSX-R600とGSX-R750を2018年に新型モデルとして投入しないということが、アメリカで提出された文章によって明らかになった。スズキがカリフォルニア州大気資源局に提出した書類におると、2018年にアメリカ市場に導入されるGSX-R600、GSX-R750に変更はなく、来年に新型のGSX-R600とGSX-R750は投入しないということが確認された。

具体的には、カリフォルニア州大気資源局に提出された書類によると両バイクともに排ガスに関する内容に変更はなく、つまり両モデルともにエンジンに変更がないと言うこと意味する。これで新型のミドルクラスのGSX-Rが登場するという望みは消えてしまった。また同様にシャーシやスタイリングに関しても変更は無い。

今年新型GSX-R1000がショールームに登場し、スズキが残りのGSX-Rシリーズにも同様の包括的なアップデートを行う期待が高まっていた。ただ、スズキは現在ターボチャージドエンジンの新型バイクと新型の隼に取り組んでいると言われており、ミドルクラスの新型GSX-Rの登場はもう少し待つ必要がありそうだ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★SWM 2017年に6,000台の生産を見込む
★MotoGP2017カタールテスト2日目 イアンノーネ「新品タイヤで問題が出る」
★MotoGP2017スズキ 河内健氏「早い段階でタイトル争いに参加したい」 
★無限 東京モーターサイクルショーで電動モトクロッサー「無限E.REX」を発表
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「まだやることは沢山ある」
★新型BMW C evolution発表
★MotoGP2017カタールGP アレックス・リンス「次のレースが待ち遠しい」
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★MotoGP2017 アレックス・リンス練習中に右足首を骨折
★BMW 世界初の両輪駆動エンデューロモデルR1200GS xDriveハイブリッド を発表
★"スクランブラー"スタイルをまとった941cm3空冷Vツインエンジン搭載のスポーツモデル 日常を冒険に変える「SCR950 ABS」新発売
★スポーツモデル「CBR400R」のカラーリングを変更し発売
★ホンダ ロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」のスタイリングを刷新し走りを熟成させ発売
★スズキ アメリカで2輪駆動スクーターに関する特許を発表
★BMWモトラッド 215馬力のHP4 RACEを世界750台限定で発売
★MotoGP2017アメリカGP リンス「COTAでのライディングは楽しい」
★MotoGP2017スズキ リンスの代役にテストライダーの津田拓也を起用
★BMWモトラッドUSA 2018年モデルのR nineT Urban G/Sの価格を発表
★MotoGP2017ヘレスGP イアンノーネ「リーダーとの差が大きすぎる」
★トライアンフ TIGER 800XRT / TIGER 800 XCA 限定導入のご案内