★スズキ 新型GSX-R600とGSX-R750の登場は2018年以降

スズキがアメリカのカリフォルニア州大気資源局に提出した書類によると、2018年にGSX-R1000のように新型になるかもと予想されていたGSX-R600とGSX-R750は、特に変更がないということが明らかになりました。確かに現在は新型ターボチャージドエンジン「XE7」を搭載するであろうリカージョンにあたるモデルを開発していると噂されていますし、いずれ新型になることは確実でしょうから、気長に待ちましょう。

Sponsored Link

スズキはGSX-R600とGSX-R750を2018年に新型モデルとして投入しないということが、アメリカで提出された文章によって明らかになった。スズキがカリフォルニア州大気資源局に提出した書類におると、2018年にアメリカ市場に導入されるGSX-R600、GSX-R750に変更はなく、来年に新型のGSX-R600とGSX-R750は投入しないということが確認された。

具体的には、カリフォルニア州大気資源局に提出された書類によると両バイクともに排ガスに関する内容に変更はなく、つまり両モデルともにエンジンに変更がないと言うこと意味する。これで新型のミドルクラスのGSX-Rが登場するという望みは消えてしまった。また同様にシャーシやスタイリングに関しても変更は無い。

今年新型GSX-R1000がショールームに登場し、スズキが残りのGSX-Rシリーズにも同様の包括的なアップデートを行う期待が高まっていた。ただ、スズキは現在ターボチャージドエンジンの新型バイクと新型の隼に取り組んでいると言われており、ミドルクラスの新型GSX-Rの登場はもう少し待つ必要がありそうだ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★2017年型CBR500Rを愛すべき5つの理由
★ハーレーから2017年型 Street Rod(ストリートロッド)が登場
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス新型カウルを使用
★KTM 2ストロークインジェクションエンジンを開発。2018年モデルとして市販へ
★ホンダ 「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」をフルモデルチェンジし発売
★MotoGP2017 アレックス・リンスの自宅を訪問して42の質問をしてみた
★MotoGP2017 スズキMotoGPスペシャルサイトでGSX-RRの詳細を公開
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★ホンダ ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発売
★ホンダ 「CBR250RR」の受注状況について
★マン島TT2017 マイケル・ダンロップ 新型GSX-R1000の高い性能を早くも証明
★ヤマハ 北米向け新型クルーザーモデル「Star Venture」を発売
★MotoGP2017ドイツGP イアンノーネ「シュワンツの批評にはトラック上で応える」
★MotoGP2017 いかにイアンノーネのような選手の状況を解決するのか?
★新排出ガス規制へ適合した124cm3“BLUE CORE”エンジン搭載 原付二種スクーター「NMAX ABS」の新色を発売
★レトロポップでカワイイスタイルに大人らしさをプラスした原付一種スクーター 「ビーノ XC50D」20th Anniversary Editionを発売
★ホンダ 原付三輪スクーター「ジャイロX」「ジャイロキャノピー」の法規対応とメンテナンス性を向上し発売
★MotoGP2017イギリスGP 9位リンス「コンスタントに向上している」
★スズキ 世界耐久選手権2017-2018年シーズンの参戦体制を発表
★スズキ GSX‐Sシリーズの新型モデル「GSX‐S125 ABS」を発売