★スズキ 新型GSX-R600とGSX-R750の登場は2018年以降

スズキがアメリカのカリフォルニア州大気資源局に提出した書類によると、2018年にGSX-R1000のように新型になるかもと予想されていたGSX-R600とGSX-R750は、特に変更がないということが明らかになりました。確かに現在は新型ターボチャージドエンジン「XE7」を搭載するであろうリカージョンにあたるモデルを開発していると噂されていますし、いずれ新型になることは確実でしょうから、気長に待ちましょう。

Sponsored Link

スズキはGSX-R600とGSX-R750を2018年に新型モデルとして投入しないということが、アメリカで提出された文章によって明らかになった。スズキがカリフォルニア州大気資源局に提出した書類におると、2018年にアメリカ市場に導入されるGSX-R600、GSX-R750に変更はなく、来年に新型のGSX-R600とGSX-R750は投入しないということが確認された。

具体的には、カリフォルニア州大気資源局に提出された書類によると両バイクともに排ガスに関する内容に変更はなく、つまり両モデルともにエンジンに変更がないと言うこと意味する。これで新型のミドルクラスのGSX-Rが登場するという望みは消えてしまった。また同様にシャーシやスタイリングに関しても変更は無い。

今年新型GSX-R1000がショールームに登場し、スズキが残りのGSX-Rシリーズにも同様の包括的なアップデートを行う期待が高まっていた。ただ、スズキは現在ターボチャージドエンジンの新型バイクと新型の隼に取り組んでいると言われており、ミドルクラスの新型GSX-Rの登場はもう少し待つ必要がありそうだ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「100%自分のミス。スズキには最高の結果がふさわしい」
★アンドレア・イアンノーネ タイのバンコクモーターショーを訪問
★MotoGP2017アルゼンチンGP リンス「足の痛みがなければ。。」
★世界耐久選手権(EWC) ル・マン24時間耐久レース写真ギャラリー
★MotoGP2017ヘレスGP 津田拓也「ずっとMotoGPでレースをしたいと思っていた」
★MotoGP2017カタルーニャテスト イアンノーネ「このプロジェクトとスズキを信じている」
★MotoGP2017 スズキMotoGPトリビア
★MotoGP2017 いかにイアンノーネのような選手の状況を解決するのか?
★2017年モデル GSX-R1000R ABS 発売
★レトロポップでカワイイスタイルに大人らしさをプラスした原付一種スクーター 「ビーノ XC50D」20th Anniversary Editionを発売
★BMW S1000RRの2018年モデルは2017年モデルを継続
★MotoGP2017日本GP リンス「3連戦でどんなレースが出来るか興味深い」
★ホンダ 「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D'OR」の商品魅力を向上し、法規対応を施して発売
★カワサキ 第45回東京モーターショーにおいてZ900RSを出展
★スズキ 第45回東京モーターショーにおいてSV650Xを出展
★ドゥカティ・ワールド・プレミア2018がいよいよ明日開催!
★MotoGP2017バレンシアGP 予選3位イアンノーネ「結果がついてきていて、来年に向けて良い状況」
★ヤマハ発動機 人気のロードスポーツモデルのカラー&グラフィックを変更 2018年モデル「YZF-R3 ABS」「YZF-R25/ABS」を発売
★MotoGP2018ヘレステスト イアンノーネ「テストから最大の結果を得たい」
★ヤマハ “BLUE CORE”エンジン搭載などさらに進化した フロント二輪オートマチックコミューター 「TRICITY125/ABS」 2018年モデルを発売