★MotoGP2017イタリアGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳

先週に行われたイタリアGPの決勝プレスカンファレンスの全文翻訳をお届けします。母国イタリアでDucatiでの優勝を果たしたドヴィツィオーゾ選手は、ウォームアップで体調不良だったために走行出来ずそのままレースを迎えましたが、ウォームアップの前までにバイクがしっかりと仕上がっていた事、ムジェロがDucatiに合ったトラックだった事が優勝の鍵だったとしています。

Sponsored Link

ニック・ハリス

「今日は信じられないような1日でしょう。体調不良で、ストレートで転倒しそうになり、ムジェロで優勝しました。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ


「本当に妙な1日でしたね。自分が今日勝てたというのもそうですし(笑)今日は朝4時に目が冷めて体調が悪かったんです。そして2周目は強烈にバイクの上で振られてコントロール不能の状態でした。ただブレンボがしっかりと機能しました。今日は朝にウォームアップを走行するエネルギーがなかったんですが、幸運だったのはバイクに何かしら変更を加える必要がなかったことです。今日はレース前にエネルギーが無かったので、レース中にエネルギーが無くなってしまうんじゃないかという恐れがありました。ただ実際はバイクをスムーズに速く乗ることが出来たんです。これはレースの中でマーべリックの後ろについて走るのに役立ちましたし、その中で彼の得意なポイント自分の得意なポイントが理解出来ました。」

「残り10周で彼をオーバーテイクしようとしたんですが、その時点でも戦略は無かったんです。まずはフロントに立ってみてから様子を見てみようという感じでした。ただ、誰もそこまで速くないようだったので自分のペースに集中することにしました。リードした状態で10周走れるとは思っていませでした。今日はDucatiでムジェロで優勝しましたが、過去にはHRCで2位を獲得したことがありますが、その時は今日のダニロのように涙が出ました。ただ、これが優勝となると全く異なりますし、Ducatiで勝ったわけですからね。これは本当に特別なことで、また予想していませんでしたから。自分を助けてくれた全ての人に感謝を述べたいと思います。Ducati、チーム、そして全てのファンに対して感謝したいですね。それにクルーも素晴らしい仕事をしてくれました。ル・マンでは自分の腕上がりの問題がありましたから。ここも右腕にはかなり厳しいサーキットだったので、進めてきた作業が大きな意味を持ちました。」

 

ニック・ハリス

「これでチャンピオンシップ2位に浮上しました。あなたにとっても初のドライでの表彰台ですが、次はすぐにバルセロナで、あまり祝福する時間がありませんね。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「チャンピオンシップ2位になったのは確かに良いことですが、常にチャンピオンシップでは上位にいますから、チャンピオンシップ4位か5位でシーズンを終えるのは特に驚きではありません。ただ大事な事は速さであって、今週のような速さは今までありませんでした。バルセロナではどうなるかですが、テストではこうしたスピードは無かったんですよ。ただ毎週色々と代わりますし、ミシュランのタイヤは毎週こうした違った結果の要因になりますから。今日は自分が勝利し、ヘレスではヤマハが遅く、ル・マンではヤマハが非常に強かったわけです。毎週ポジティブな形で始める必要があるんですよ。」

 

ニック・ハリス

「ドヴィありがとう。それではマーべリック、これでチャンピオンシップをリードする形になりました。もちろん毎戦勝ちたいのでしょうが、これで20ポイントを獲得しリードを広げました。」

マーべリック・ビニャーレス


「ここで2位を獲得出来て嬉しいです。金曜の午後の転倒の後も話していましたが、怪我をせずに済んだのは本当にラッキーでした。昨日はポールを獲得しましたが、今日は序盤にプッシュして47秒台を何度も獲得しましたが、ドヴィがすぐ後ろについてきていました。ただ今日は自分のバイクに満足しています。自分は常に残り6周か7周に再びプッシュ出来るように備えているライダーなんですが、今日はチャンピオンシップをより意識して、25ポイントを獲得するより20ポイントを獲得するほうが重要だと思ったんです。」

 

ニック・ハリス

「次はバルセロナですね。」

マーべリック・ビニャーレス

「確かに自分にとっては特別なトラックです。自分のライディングスタイルに合っていますし、バイクにも合っている事を願っています。あるセットアップが機能しない場合に様々なセットアップを用意しています。モチベーションに溢れていますし、ル・マンでも言ったとおり良い状況にありますから、今のような形で作業を続けて行く必要があります。最大のポイントを持ち帰りたいと思っています。」

 

ニック・ハリス

「マーべリックありがとう。それでは3位を獲得したダニロ・ペトルッチ。今日は難しいレースだったと思いますが、3列目から素晴らしいレースでした。」

ダニロ・ペトルッチ


「誰かが日曜の表彰台のために何が出来る?と言っていたとしたら、”家を売るよ”と言ったでしょう。昨日はピットから出てすぐに転倒したので”こりゃ最高の朝だな”って思っていたんです。(※会場爆笑)それで2台目のバイクでプッシュを始めたところ、ラップタイムがどんどんと悪化していきました。Q1からQ2に進出するのは本当にタフだったんですが、Q2では正直もう少し自信があったんです。」

「非常に良いラップタイムが出て、自分はターン5で縁石を超えていなかったと思うんですが、その先の縁石の終わりのグリーンの三角形を超えました。自分はミスをしたわけですので、皆が”明日は速く走れるよ”と言ってくれました。ただ、予選は1周ですが、レースは23周ですからそう簡単なことではありません。以前のレースではかなり悪いスタートしか出来ませんでしたが、レースの終盤はかなり速く走る事が出来ていました。今日はフロントのライダー達についていかねばならないというのはわかっていました。」

「今日はマーべリック、ドヴィ、バレンティーノの後ろで4位で走っている時に”ラスト1周まで待ってプッシュしよう”と思っていたんですが、その後に”ホームグランプリなんだから挑戦してみないと”と思い直しました。ロッシを抜いてマーべリックを抜いた後に、あと1人なんだからドヴィにも挑んで見ようと思いました。なんとか頑張っていたんですが、そう簡単ではなく、彼についていこうとしている間にリアタイヤが終わってしまいました。そして息も上がってしまいました。それで後は付いていけるだけついていこうとしていました。マーべリックに抜かれた際に後ろを振り返りバレンティーノが離れているかどうかを確認したんですが、彼はピッタリ後ろについてきていました。なんとか最終的に表彰台を獲得出来ましたが、本当に最高の日になりました。」

ニック・ハリス

「ダニロ初のMotoGPで2度目の表彰台おめでとう。それでは私からは以上です。フロアからの質問をどうぞ。」


 

Q

「ドヴィ、マーベリック、レースごとに色々変わってしまうということについて、ヘレスではホンダが前に、ヤマハが後ろにおり、ル・マンではヤマハが前にいて、ここではホンダはまた苦戦していました。これに関してどう思うのかということを聞きたいと思います。また、ダニロにはロッシのファンが大勢いるムジェロでバレンティーノを抜いた事に関して何か頭をよぎった事はありましたか?」

ダニロ・ペトルッチ

「正直誰かに殺されるんじゃないかって思っていました(笑)警察を呼んだほうが良いんじゃないかって思っていましたね。(笑)」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「答えるのが難しい質問ですが、これは現在の技術的な状況にあると思います。まず今回ヤマハやホンダと本当に意味でバトルが出来たのは自分達にとっては初めてのことでした。それに皆のレベルが本当に接近していますから、少しの事が大きな違いを生み出すんです。バイクのレベルはそこまで差が無いと思うんですが、ライダーが週末をどのような状況で迎えたか、トラックのレイアウト、フィーリング、転倒したかどうかなどか大きな差になるのかもしれません。」

マーべリック・ビニャーレス

「これは常に難しい問題だと思います。ル・マンではトラックは素晴らしいグリップがありましたが、ヤマハは素晴らしい形で機能しました。ここではグリップに少し問題があったのでバイクにかなり変更を加えました。そして最終的に素晴らしいグリップを得ることが出来ました。またチームの働きもあるでしょう。ヘレスでは速く走るのは難しいと思ったんですが、ここでは非常に良いフィーリングがありました。2つのトラックは大きく異なりますし、タイヤも異なります。ただ、バイクのフィーリングは非常に良かったです。残りのシーズンで常に表彰台を獲得することは非常に重要だと思いますから賢くある必要がありますし、タイヤチョイスに関しても賢くある必要があるでしょう。」


 

Q

「ドヴィにはここにはサラがいるのかどうか聞きたいのと、ダニロ、今週はようやく何もテストをするものが無かったということですが、これは今回の結果に繋がったと言えますか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「いいえ。今回娘は彼女の誕生日で友達とお菓子を食べたがっていたので(笑)まあ、それはそれでいいんですが。今日は優勝出来て彼女がここにいればと思いますが、大丈夫です。」

ダニロ・ペトルッチ

「正直なところそこまでテストをするパーツは無いんです。ファクトリーのライダー達とは違う仕事をしています。実際ル・マンとバイクはほとんど変わっていないんです。ただ金曜日は問題があってセッションに参加出来ない状態で土曜日は転倒しましたから、今週はあまりバイクに乗れていないんです。GP16とGP17はそこまで大きく変わらないんですが、17のほうがポテンシャルは高いんです。100%の力を出す必要があるんですが、今のところコンスタントに速いのはドヴィだけですね。時々ロレンソ、自分も速い場合もありますが、コンスタントに速いのはドヴィです。彼はバイクの事をよく理解していますし。こういう結果が出せたことが嬉しいですし、次のレースに向けて励みになります。」

 

Q

「次のモンテメロでは、ボックスに留まってウォームアップを走れないという可能性はありますか?またロレンソについてはどうでしょう?あなたは勝利して、彼は良い結果が出せませんでした。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「今日はウォームアップを走らなかったのは非常に良かったと思います。バイクはかなり良い状態でしたので、ウォームアップを走らないことでエネルギーをセーブすることが出来ました。ただ実際のところバイクをレースに向けて準備する必要が無かったので、レース前にバイクに乗る必要が無かったんです。ロレンソについては彼のペースをしっかりと見る必要があります。ただ、彼が苦戦するのはそこまで驚きではありません。彼はヘレスでそうだったように、本当に速いライダーです。良いムードで走っているときは本当に素晴らしいスピードがあります。ただ現時点では今週は良いですが、他のトラックではこうやって勝利することは出来ません。つまり改善が必要な何かがあるということなんです。ホルヘにとってはこうした問題に関する経験はあまり無いでしょうから、状況のコントロールは難しいでしょう。」

 

Q

「チャンピオンシップの前半はほとんど終わりましたが、あなたはかなりのリードを築いています。こういう状況を予想していましたか?そして今年チャンピオンシップ優勝が出来るかもと感じ始めていますか?」

マーべリック・ビニャーレス

「ポールポジションを獲得したり、レースで勝ったり、常に表彰台を獲得するというのは、常に信じているのは難しいことです。1つの明確な目的がある時は、自分を信じ、チームを信じ、バイクを信じる必要がありますし、同時に常に100%でプッシュする必要があるんです。金曜はベストな状況でないにも関わらずプッシュをする中で転倒しました。スクリーンのトップに立とうとしていたんですが、時には100%でプッシュしないこと、転倒しないことも必要になります。自分はあまり転倒はしませんが、転倒する時は大きな転倒をしてしまうんです。正直あの転倒を無事でやり過ごせたのは本当にラッキーなことでした。ボックスに戻って転倒の様子を見ましたが、あれはかなり酷い転倒でしたからね。腕から骨が飛び出たかと思ったんですが、最終的にはこういう結果になって本当に嬉しいですね。」

 

Q

「今回ムジェロに来る前に優勝が出来ると思っていましたか?また今日はどの段階で優勝が出来ると思ったのでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「テストは良い形でしたけどね。ここではトップにかなり接近出来ることはわかっていましたけどね。ただトップに接近出来た場合というのは、週末の中でどんなことも起きる可能性があるんです。もちろん勝てるとは思っていませんでしたけど、最初の練習走行からスピードはありました。勝利出来るチャンスがあるかもと思い始めたのはFP4からですね。レースの間は妙な感覚でしたね。通常バレンティーノ・ロッシはレースの最後に何かをしますからね。彼はここで常に速いですし、常に疑問はあったんです。それにマーベリックは本当に強かったですし、残り2周で彼が1.2秒のところにいて、”ファッ◯”と思わず思いました。ダニロは自分との差を0秒にまで詰めてきていて彼はバトルでは実に手強いですから、本当に優勝出来るんだと思ったのは最終コーナーでしたね。最終ラップでは差が0.8秒だったんですが、彼がその後差を詰めてきているかどうかはわからなかったんです。それに彼が最終コーナーで自分をオーバーテイク出来るかどうかはわかりませんでしたしね。」

 

Q

「バイクはコーナリングで限界だったということですが、今日は何か新しい内容が見つかりましたか?また、最後はレースの後になぜお尻を観衆に向けたんでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「特に何かを見つけたということはありません。ただトラックのレイアウトとしてバイクが良い動きをしたというだけです。それにトップスピードという強みがありましたしね。それに自分達の弱みがここではレイアウトのお陰であまり出なかったというのもあります。今日はスタートも良かったですし、バイクを自由に走らせることが出来ました。ル・マンでは自分達のスピードはそこまで離されていませんでしたが、特にこれといったポジティブな点がなかったんです。そこで毎周100%でプッシュする必要があり、付いて行くことが出来なかったんです。最後はお尻じゃなくてそこに書いてある自分の名前を見せたんですよ。」

 

Q

「ここからはしっかりと作業をして行くことが出来るバイクになったと感じますか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「そうだと思いたいですけど、それが本当かどうかはわかりません。ただ毎週はそれぞれ違う週末ですからポジティブに考える必要があると思いますし、影響があると思います。ただ、今週にバイクを何か変更したということはありません。”これでチャンピオンシップ優勝出来る”とは言えません。」

 

Q

「今朝は起きた時にエネルギーが無かったと言いましたが、レースをすること自体が無理だとは思いましたか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「それはありません。体調は悪かったですけどレースをスタート出来ないということは無いと思っていました。ただ状況として良かったというのはあります。ウォームアップでバイクに何か変更を加えなければいけないという状況ではありませんでしたし、2時にはレースの準備が出来ているというのはわかっていました。最高の状態でレースを迎えるために必要なことは全て行っていましたしね。確かにエネルギーは100%ではありませんでしたが、特にこれといった大きな問題はありませんでしたからね。レースの中でも限界という状態ではありませんでした。」

 

Q

「チャンピオンシップでのリードは大きくなりましたが、あなたの後ろにはアンドレア、バレンティーノ、そしてレプソルホンダも接近しています。誰かチャンピオンシップ争いをすることになるであろう特定のライダーはいますか?それとも誰もがチャンピオンシップ争いの候補になると感じていますか?」

マーべリック・ビニャーレス

「現時点ではチャンピオンシップ2位のアンドレアでしょうね。ただ、以前自分達の状況に集中しないといけないと言っていたのは、自分達は現在非常に強く良い走りが出来ていますが、改善を進めて行く必要があり、自分自身もまた向上していく必要があるんです。ライディングスタイル、自分の走りのレベルなど。自分としてはライバルは非常に大勢いると思っています。バレンティーノ、ドヴィ、マルクもいます。ですからこういう走りを続ける必要があります。賢く走る必要がありますし、優勝のチャンスがある時はそれをものにしなければいけません。それが非常に重要なことです。」

 

Q

「次のホームGPにチャンピオンシップリーダーとして向かう心境を教えてもらえますか?そして優勝の可能性についても。恐らく今までで一番のプレッシャーだと思いますが。」

マーべリック・ビニャーレス

「モントメロは常に走りたいと思っているトラックです。過去には何度も素晴らしい結果を残していますし。優勝も表彰台も何度も経験していますし、それに多くの素晴らしいファンがいます。ファンの素晴らしいサポートが本当に嬉しいですし、これが自分の大きなモチベーションになります。自分にとってはより大きなプレッシャーということはありません。より大きなモチベーションになり、さらに勝ちたいという願いに繋がります。」

 

Q

「タイトル争いが今のターゲットになりますか?また、シーズンの終わりまでタイトル争いをするのは何が必要でしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「自分は常に現実的なんです。多くの人が自分のことをネガティブだと言いますけど、自分はそれを現実的と言います。(※会場(笑))いくつか速く走れるレースもありますけど、それを18戦続けるようなベースではないんです。今週の後にそういった事を皆考えるわけですけど、先程お話したように毎週はことなるレースウィークです。次のレースは来週ですから、自分が言っていることがすぐにわかるでしょう。グリップは非常に低く、アスファルトはここほど良くありません。昨年は非常に苦戦しましたし、すぐに自分達の戦闘力がどの程度であるかはわかるでしょう。ただ先程もお話ししたように何かを変えたというわけではありません。だから自分は現実的でいるんです。チャンピオンシップでは2位ですから悪くはありませんけど、マーベリックと戦うこと、チャンピオンシップの最後にチャンピオンシップ争いをしているというのは非常に難しいでしょう。ただ、そのためにここで戦っているわけです。ただだからといって、来週も”同じ状況でレースが出来ます”とは言えません。これはシーズンの始めにバイクのネガティブな点とポジティブな点を理解しているからです。」


 

Q

「バレンティーノをムジェロで抜くということに関して、どの程度のプレッシャーがあったのでしょうか?」

ダニロ・ペトルッチ

「彼をオーバーテイクするのは難しかったですけど、正直最終ラップにもう少し彼が速いものだと思っていました。自分は限界を超えて走っている状態でしたが、自分に”表彰台圏内だが、まずはレースを終える必要があるぞ”と話していました。バレンティーノが後ろにいる状況は、当然簡単なものではありませんでしたが、自分も自分の全てを出して走りました。それにヘレスの後にPramacのボスが”今日は良いレースだったけど、ムジェロには俺にちゃんとプレゼントを寄こさないと駄目だぞ”と言っていたんです。自分は”そのプレゼントはどこで買えばいいんでしょうか・・?”と答えたんです。表彰台は買えませんけど、自分は”それじゃあ表彰台で完走します”って言ったんです。まあこれは冗談なんですけど、Ducatiのファクトリーはここから45分で、ワークショップはここから1時間以内です。自分もこの近くに住んでいますから、本当に自分達にとってのホームGPなんです。」

「確かにプレッシャーは大きいですけど、自分は今週うまくコントロールすることが出来ました。バレンティーノは残念でしたけど、レースはレースですからね。勝てるのであれば勝とうとしますが、今日はドヴィが強くてタイヤも終わってしまい、自分の息も上がっていました。マーベリックに関しては。。マーベリックとは2015年まで、自分にとっての本当の意味でのMotoGPの1年目に彼はスズキ1年目で、良くバトルをしていたんです。ただ、その時も最後は彼が最終ラップに自分を抜いていったんです。彼はいつも最後の2周まで後ろにいて、そこから抜いていくんです。それに2012年に自分の初めてのホームグランプリでは最終ポジションからスタートしたのも覚えています。そこから5年で大きく変わったと思います。」

 

ニック・ハリス

「ダニロありがとう。それでは皆さんありがとうございました。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 アレックス・リンスの自宅を訪問して42の質問をしてみた
★MotoGP2017カタールGP ロレンソ「何か大きな変更が必要」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「決勝では路面はかなり綺麗になるはず」
★MotoGP2017カタールGP ミシュラン決勝レースリリース
★MotoGP2017カタールGP9位 アレックス・リンス「多くの事を学んだ」
★"スクランブラー"スタイルをまとった941cm3空冷Vツインエンジン搭載のスポーツモデル 日常を冒険に変える「SCR950 ABS」新発売
★MotoGP2017アメリカGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017ヘレスGP ビニャーレス「今まで同様の速さを発揮出来る自信がある」
★MotoGP2017ヘレスGP サム・ローズ「MotoGPクラスでの初ポイント獲得を目指したい」
★MotoGP2017ヘレスGP アレイシ・エスパルガロ「ウェットでこんなに良いフィーリングは久しぶり」
★MotoGP2017ヘレスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ロレンソ「どんどんフィーリングが良くなっている。」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント モビスターヤマハ
★MotoGP2017ヘレスGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017ミシュラン フランスGPプレビュー
★MotoGP2017フランスGP ビニャーレス「雨の中でのパフォーマンスが向上している」
★MotoGP2017ミシュラン フランスGP決勝レースリリース
★ホンダ ウェルカムプラザ青山 ニッキー・ヘイデン選手 追悼展示
★MotoGP2017イタリアGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選5位アレイシ・エスパルガロ「素晴らしい日曜になることを期待