★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「チャンピオンシップ争いをするのは難しい」

イタリアGPの決勝プレスカンファレンスから優勝したドヴィツィオーゾ選手のコメントを抜粋してご紹介します。バイクに関してはここで優勝したとはいえ、優勝出来るパッケージなのではないということを強調しています。

Sponsored Link

ニック・ハリス

「今日は信じられないような1日でしょう。体調不良で、ストレートで転倒しそうになり、ムジェロで優勝しました。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「本当に妙な1日でしたね。自分が今日勝てたというのもそうですし(笑)今日は朝4時に目が冷めて体調が悪かったんです。そして2周目は強烈にバイクの上で振られてコントロール不能の状態でした。ただブレンボがしっかりと機能しました。今日は朝にウォームアップを走行するエネルギーがなかったんですが、幸運だったのはバイクに何かしら変更を加える必要がなかったことです。今日はレース前にエネルギーが無かったので、レース中にエネルギーが無くなってしまうんじゃないかという恐れがありました。ただ実際はバイクをスムーズに速く乗ることが出来たんです。これはレースの中でマーべリックの後ろについて走るのに役立ちましたし、その中で彼の得意なポイント自分の得意なポイントが理解出来ました。」

「残り10周で彼をオーバーテイクしようとしたんですが、その時点でも戦略は無かったんです。まずはフロントに立ってみてから様子を見てみようという感じでした。ただ、誰もそこまで速くないようだったので自分のペースに集中することにしました。リードした状態で10周走れるとは思っていませでした。今日はDucatiでムジェロで優勝しましたが、過去にはHRCで2位を獲得したことがありますが、その時は今日のダニロのように涙が出ました。ただ、これが優勝となると全く異なりますし、Ducatiで勝ったわけですからね。これは本当に特別なことで、また予想していませんでしたから。自分を助けてくれた全ての人に感謝を述べたいと思います。Ducati、チーム、そして全てのファンに対して感謝したいですね。それにクルーも素晴らしい仕事をしてくれました。ル・マンでは自分の腕上がりの問題がありましたから。ここも右腕にはかなり厳しいサーキットだったので、進めてきた作業が大きな意味を持ちました。」

 

ニック・ハリス

「これでチャンピオンシップ2位に浮上しました。あなたにとっても初のドライでの表彰台ですが、次はすぐにバルセロナで、あまり祝福する時間がありませんね。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「チャンピオンシップ2位になったのは確かに良いことですが、常にチャンピオンシップでは上位にいますから、チャンピオンシップ4位か5位でシーズンを終えるのは特に驚きではありません。ただ大事な事は速さであって、今週のような速さは今までありませんでした。バルセロナではどうなるかですが、テストではこうしたスピードは無かったんですよ。ただ毎週色々と代わりますし、ミシュランのタイヤは毎週こうした違った結果の要因になりますから。今日は自分が勝利し、ヘレスではヤマハが遅く、ル・マンではヤマハが非常に強かったわけです。毎週ポジティブな形で始める必要があるんですよ。」

 

Q

「レースごとに色々変わってしまうということについて、ヘレスではホンダが前に、ヤマハが後ろにおり、ル・マンではヤマハが前にいて、ここではホンダはまた苦戦していました。これに関してどう思うのかということを聞きたいと思います。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「答えるのが難しい質問ですが、これは現在の技術的な状況にあると思います。まず今回ヤマハやホンダと本当に意味でバトルが出来たのは自分達にとっては初めてのことでした。それに皆のレベルが本当に接近していますから、少しの事が大きな違いを生み出すんです。バイクのレベルはそこまで差が無いと思うんですが、ライダーが週末をどのような状況で迎えたか、トラックのレイアウト、フィーリング、転倒したかどうかなどか大きな差になるのかもしれません。」

 

Q

「次のモンテメロでは、ボックスに留まってウォームアップを走れないという可能性はありますか?またロレンソについてはどうでしょう?あなたは勝利して、彼は良い結果が出せませんでした。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「今日はウォームアップを走らなかったのは非常に良かったと思います。バイクはかなり良い状態でしたので、ウォームアップを走らないことでエネルギーをセーブすることが出来ました。ただ実際のところバイクをレースに向けて準備する必要が無かったので、レース前にバイクに乗る必要が無かったんです。ロレンソについては彼のペースをしっかりと見る必要があります。ただ、彼が苦戦するのはそこまで驚きではありません。彼はヘレスでそうだったように、本当に速いライダーです。良いムードで走っているときは本当に素晴らしいスピードがあります。ただ現時点では今週は良いですが、他のトラックではこうやって勝利することは出来ません。つまり改善が必要な何かがあるということなんです。ホルヘにとってはこうした問題に関する経験はあまり無いでしょうから、状況のコントロールは難しいでしょう。」

 

Q

「今回ムジェロに来る前に優勝が出来ると思っていましたか?また今日はどの段階で優勝が出来ると思ったのでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「テストは良い形でしたけどね。ここではトップにかなり接近出来ることはわかっていましたけどね。ただトップに接近出来た場合というのは、週末の中でどんなことも起きる可能性があるんです。もちろん勝てるとは思っていませんでしたけど、最初の練習走行からスピードはありました。勝利出来るチャンスがあるかもと思い始めたのはFP4からですね。レースの間は妙な感覚でしたね。通常バレンティーノ・ロッシはレースの最後に何かをしますからね。彼はここで常に速いですし、常に疑問はあったんです。それにマーベリックは本当に強かったですし、残り2周で彼が1.2秒のところにいて、”ファッ◯”と思わず思いました。ダニロは自分との差を0秒にまで詰めてきていて彼はバトルでは実に手強いですから、本当に優勝出来るんだと思ったのは最終コーナーでしたね。最終ラップでは差が0.8秒だったんですが、彼がその後差を詰めてきているかどうかはわからなかったんです。それに彼が最終コーナーで自分をオーバーテイク出来るかどうかはわかりませんでしたしね。」

 

Q

「バイクはコーナリングで限界だったということですが、今日は何か新しい内容が見つかりましたか?また、最後はレースの後になぜお尻を観衆に向けたんでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「特に何かを見つけたということはありません。ただトラックのレイアウトとしてバイクが良い動きをしたというだけです。それにトップスピードという強みがありましたしね。それに自分達の弱みがここではレイアウトのお陰であまり出なかったというのもあります。今日はスタートも良かったですし、バイクを自由に走らせることが出来ました。ル・マンでは自分達のスピードはそこまで離されていませんでしたが、特にこれといったポジティブな点がなかったんです。そこで毎周100%でプッシュする必要があり、付いて行くことが出来なかったんです。最後はお尻じゃなくてそこに書いてある自分の名前を見せたんですよ。」

 

Q

「ここからはしっかりと作業をして行くことが出来るバイクになったと感じますか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「そうだと思いたいですけど、それが本当かどうかはわかりません。ただ毎週はそれぞれ違う週末ですからポジティブに考える必要があると思いますし、影響があると思います。ただ、今週にバイクを何か変更したということはありません。”これでチャンピオンシップ優勝出来る”とは言えません。」

 

Q

「今朝は起きた時にエネルギーが無かったと言いましたが、レースをすること自体が無理だとは思いましたか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「それはありません。体調は悪かったですけどレースをスタート出来ないということは無いと思っていました。ただ状況として良かったというのはあります。ウォームアップでバイクに何か変更を加えなければいけないという状況ではありませんでしたし、2時にはレースの準備が出来ているというのはわかっていました。最高の状態でレースを迎えるために必要なことは全て行っていましたしね。確かにエネルギーは100%ではありませんでしたが、特にこれといった大きな問題はありませんでしたからね。レースの中でも限界という状態ではありませんでした。」

 

Q

「タイトル争いが今のターゲットになりますか?また、シーズンの終わりまでタイトル争いをするのは何が必要でしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「自分は常に現実的なんです。多くの人が自分のことをネガティブだと言いますけど、自分はそれを現実的と言います。(※会場(笑))いくつか速く走れるレースもありますけど、それを18戦続けるようなベースではないんです。今週の後にそういった事を皆考えるわけですけど、先程お話したように毎週は異なるレースウィークです。次のレースは来週ですから、自分が言っていることがすぐにわかるでしょう。グリップは非常に低く、アスファルトはここほど良くありません。昨年は非常に苦戦しましたし、すぐに自分達の戦闘力がどの程度であるかはわかるでしょう。ただ先程もお話ししたように何かを変えたというわけではありません。だから自分は現実的でいるんです。チャンピオンシップでは2位ですから悪くはありませんけど、マーベリックと戦うこと、チャンピオンシップの最後にチャンピオンシップ争いをしているというのは非常に難しいでしょう。ただ、そのためにここで戦っているわけです。ただだからといって、来週も”同じ状況でレースが出来ます”とは言えません。これはシーズンの始めにバイクのネガティブな点とポジティブな点を理解しているからです。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト テック3ヤマハ写真ギャラリー
★MotoGP2017マルク・マルケス「食事で重要なのは炭水化物、肉とフルーツ」
★MotoGP2017カタールテスト3日目結果
★MotoGP2017 ホルへ・ロレンソ「Ducatiではより尊敬されている感じる」
★MotoGP2017カタールGP FP1結果
★MotoGP2017カタールGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017 困難を極めるロレンソとDucatiの変革
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「良い結果でチームに応えたい」
★MotoGP2017ポル・エスパルガロ KTMのRC16とヤマハのM1の違いを語る。
★往年の空冷ファンに捧げる XTR Pepo  Pata Negra
★MotoGP2017ミシュラン アルゼンチンGP決勝レースリリース
★MotoGP2017アメリカGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017アメリカGP2位 ロッシ「オースティンで最高の結果になった」
★MotoGP2017スズキ リンスのレース復帰は6〜8週間後の見込み
★MotoGP2017ヘレスGP アレイシ・エスパルガロ「普通の週末を送りたい」
★MotoGP2017Ducati ジジ・ダッリーニャ「今、最も良くないのは混乱してしまうこと」
★MotoGP2017 セテ・ジベルナウ「最高のダニはこれから」
★Eskil Suter 「MMX500はMotoGPマシンとも互角に戦える」
★MotoGP2017フランスGP ビニャーレス「良い仕事が出来るはず」
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「イタリアよりも高い戦闘力を発揮出来る」