★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「なぜ限界でのトレーニングが必要なのか?」

先週はロッシ選手がモトクロスでトレーニング中に怪我、今週はマックス・ビアッジが自分のMoto3チームの選手達とスーパーモタードでトレーニング中に怪我をしました。ビアッジは既に現役を引退していますが、「なぜ選手達は怪我に繋がる転倒をするほど限界まで攻め込んだ練習をするのか?」ということについて、イタリアGPの木曜プレスカンファレンスでドヴィツィオーゾ選手がわかりやすく説明していましたので改めてご紹介します。

Sponsored Link

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「こうして誰かが怪我をすると、他のスポーツをすることでのリスクという話が常に出てきます。ただ、自分はそういう話には100%賛同出来ません。誰もが最高の形でトレーニングを行うという事が必要なんです。自分達は常に(※MotoGPバイクという)限界と共にいるのだということを忘れてはいけません。こうした限界を手中に収めてコントロールするために、そうした状況でトレーニングをする必要があるんです。ただMotoGPバイクに乗ってトレーニングに時間を使う事は出来ませんから、他のスポーツで似たような状況でトレーニング出来る方法を見つける必要があるんです。

「モトクロスに集中して取り組んでいるライダーもいますし、その他のスポーツをしているライダーもいます。いろいろなスポーツをすること、楽しむ事が重要だと思いますが、スマートにこれをやる必要があります。誰もがリスクを取っているんです。家にこもってジムトレーニングだけをしてレースに挑むというのでは駄目なんです。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017開幕前アンケート
★MotoGP2017 データから見るカタールGP
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP1結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP リンス「自分の体調も助けにはならなかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「表彰台を狙えるペースだった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP バズ「ロレンソの転倒でチャンスを失った」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「今週は表彰台を獲得したい」
★マルケスの2016年チャンピオンシップを追ったドキュメンタリー「From Cervera to Tokyo」が公開
★MotoGP2017ヘレスGP 予選6位ザルコ「6位はレースに向けて完璧な位置」
★MotoGP 2017ヘレスGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★MotoGP2017ヘレスGP 4位ザルコ「最後まで3位争い出来ると思っていた。」
★MotoGP2017ヘレスGP 5位ドヴィツィオーゾ「ロレンソはヤマハ機のようにDucatiを操っていた」
★MotoGP2017 5/10時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「競争力は非常に高い状態」
★MotoGP2017オランダGP ロッシ「常にトップ5を獲得しようとすることが大事」
★Ducati CEOクラウディオ・ドメニカーリ 新型V4スーパーバイクについて語る
★MotoGP2017 カル・クラッチロー「責められるべきはアプリリア」
★MotoGP2017チェコGP フォルガー「自分達の競争力の高さを再び証明したい」
★MotoGP2017チェコGP ロレンソ「新しいフェアリングを使用しようと思っている」
★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「新型フェアリングを使用すると0.5秒は速く走れる」