★ホンダ モトクロス競技専用車CRF450R/CRF150R/CRF150RII、エンデューロ競技専用車CRF450RXの2018年モデルを発売

Hondaは、世界各地のモトクロスレース、エンデューロレースで活躍する「CRF450R」、「CRF450RX」にリチウムイオンバッテリーとセルフスターターを標準装備し、7月18日(火)に受注期間限定※1で発売します。また、最新CRFシリーズと共通のグラフィックをタンクシュラウドに採用した「CRF150R」と「CRF150RII」を7月18日(火)に受注期間限定※1で発売します。

CRF450Rには、レース中の不意なエンジンストール時に素早いエンジン再始動を可能とするセルフスターターを標準装備。これに伴い、CRF450R・CRF450RXともにキックスターター機構を廃止しました。また、モトクロス世界選手権やAMAスーパークロスで検証を重ねた、軽量コンパクトなエリーパワー製リチウムイオンバッテリー※2を採用。加えて、点火時期や燃料噴射量の特性を変更することで、力強い加速性能と扱いやすさの熟成を図りました。

CRF150RおよびCRF150RIIは、クラス唯一の150cc 4ストロークエンジンとコンパクトで扱いやすい車体はそのままに、最新CRFシリーズと共通のグラフィックをタンクシュラウドに採用しました。

※1受注期間は2017年7月18日(火)から9月29日(金)まで
※2別途リチウムイオン専用充電器が必要です


CR450R エクストリームレッド(輸出仕様車)

CRF150R エクストリームレッド(輸出仕様車)

●販売計画台数(国内・年間)
CRF450R シリーズ合計 80台
CRF150R シリーズ合計 100台
●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
CRF450R 966,600円(消費税抜き本体価格 895,000円)
CRF450RX 982,800円(消費税抜き本体価格 910,000円)
CRF150R 493,560円(消費税抜き本体価格 457,000円)
CRF150RII 510,840円(消費税抜き本体価格 473,000円)
*価格にはリサイクル費用を含みます
*このCRF450R、CRF450RX、CRF150R、CRF150RIIは、公道および一般交通の用に供する場所では一切走行ができません。また、登録してナンバープレートを取得することもできません。
*走行場所には十分注意してください。私道や林道、河原、海辺などの公共の道路以外の場所でも、人や車が自由に出入りできるところは道路とみなされ、道路交通法および道路運送車両法の違反になります
=CRF450Rの主な変更点=
●エンジン/電装
・レース中の不意なエンジンストール時に素早いエンジン再始動を可能とするセルフスターターを標準装備するとともに、キックスターター機構を廃止。
・エリーパワー製のリチウムイオンバッテリーを採用し、軽量化を実現。
●サスペンション
・前後サスペンションのバネレートを最適化して、ギャップ通過時の走破性とジャンプ着地時の安定性を向上。
=CRF450RXの主な変更点=
●エンジン/電装
・キックスターター機構を廃止。
・エリーパワー製のリチウムイオンバッテリーを採用し、軽量化を実現。
=CRF150R/CRF150RIIの主な変更点=
●カラーリング
・最新CRFシリーズと共通のグラフィックをタンクシュラウドに採用。
●車体
・スイングアームの剛性を見直し、走行時の安定性を向上。

主要諸元

通称名 CRF450R CRF450RX
車名・型式 ホンダ・PE07
全長×全幅×全高 (mm) 2,183×827×1,274 2,175×827×1,274
軸距 (mm) 1,482 1,477
最低地上高 (mm) 328
シート高 (mm) 960 959
車両重量 (kg) 113 117
エンジン種類 水冷 4ストローク OHC 4バルブ 単気筒
総排気量 (cm3) 449.7
内径×行程 (mm) 96.0×62.1
圧縮比 13.5
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置PGM-FI(スロットルボアΦ46mm)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 DC-CDI
燃料タンク容量 (L) 6.3 8.5
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1 速 2.133
2 速 1.706
3 速 1.421
4 速 1.211
5 速 1.043
減速比 (1次/2次) 2.357/3.769 2.357/3.846
 キャスター角 (度) 27°22′ 27°26′
トレール量 (mm) 116
タイヤ 80/100-21 51M 90/90-21 54M
120/80-19 63M 120/90-18 65M
ブレーキ型式 前後 油圧式ディスク
懸架装置 テレスコピック式(倒立サスペンション)
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム型式 アルミツインチューブ

(Honda測定値)
*製造事業者/本田技研工業株式会社 熊本製作所

主要諸元

通称名 CRF150R CRF150RII
車名・型式 ホンダ・KE03
全長×全幅×全高 (mm) 1,832×770×1,133 1,900×770×1,171
軸距 (mm) 1,260 1,285
最低地上高 (mm) 301 336
シート高 (mm) 832 866
車両重量 (kg) 82.9 84.9
エンジン種類 水冷 4ストローク OHC 4バルブ 単気筒
総排気量(cm3) 149.7
内径×行程 (mm) 66.0×43.7
圧縮比 11.7
燃料供給装置形式 FCR15C(キャブレターメインボアΦ32mm)
始動方式 プライマリーキック式
点火装置形式 電子進角CDIデジタル点火
燃料タンク容量 (L) 4.3
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1 速 2.214
2 速 1.647
3 速 1.318
4 速 1.105
5 速 0.956
減速比 (1次/2次) 4.117/3.333 4.117/3.733
 キャスター角 (度) 27°2′ 27°48′
トレール量 (mm) 78 96
タイヤ 70/100-17 40M 70/100-19 42M
90/100-14 49M 90/100-16 52M
ブレーキ型式 前後 油圧式ディスク
懸架装置 テレスコピック式(倒立サスペンション)
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム型式 セミダブルクレードル

(Honda測定値)
*製造事業者/本田技研工業株式会社 熊本製作所

<ホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「良い結果でチームに応えたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「今年の目標は10位以内で完走すること」
★MotoGP2017アメリカGP予選4位 ペドロサ「フロントのチャタリングで改善出来なかった」
★MotoGP2017アメリカGP優勝 マルケス「簡単に見えたかもしれないが難しいレースだった」
★MotoGP LCRホンダ 2018年からMoto2のトップ選手を加えた2台体制を検討か?
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント MarcVDSホンダ
★MotoGP2017ミシュラン MarcVDSと人工的なウェット路面でレインタイヤをテスト
★ヤマハグランプリ通算500勝を達成
★HRC ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★MotoGP2017イタリアGP クラッチロー「全体のパフォーマンスには満足している」
★DHL MotoGP™とコラボし「World's Best Roadキャンペーン」を開始
★MotoGP2017オランダGP ペドロサ「金曜の朝からプッシュする準備は出来ている」
★MotoGP2017ドイツ 予選1位マルケス「明日はドライレースを希望」
★ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ 夏休み特別イベント 「親子で楽しめる工場見学 & 体験教室」を開催
“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会「鈴鹿8耐 40周年」記念トークショー & 特別展示 LIVE in AOYAMA「鈴鹿8耐 決勝レース パブリックビューイング」開...
★ヤマハ発動機 ~夏休み親子体験イベントのご案内~ヤマハコミュニケーションプラザ
★BMW 新型BMW HP4 RACEを発表
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ランディ・ド・プニエ「8耐でホンダに乗ることが出来たのは本当に誇らしい」
★MotoGP2017チェコGP ペドロサ「ブルノはカレンダーの中でもお気に入りのトラックの1つ」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「肘、膝、あらゆるものが転倒をセーブする助けとなる」