★MotoGP2017カタルーニャGP 予選13位ロッシ「5周だけ速く走るか、ずっと遅いペースで走るか」

ロッシ選手のバイクに関してのコメントから、かなりバイク、そして何よりもタイヤのフィーリングが悪いのだということが伝わってきます。ウォームアップで状況が改善するのか、果たしてそのままなのか。現状だとミディアム、ハードいずれのタイヤを選択しても勝負が出来る状態ではないようです。

Sponsored Link

カタルーニャGP予選13位 ロッシ

「間違いなく厳しい1日でした。もっと苦戦しないものと思っていました。昨日は最高ってわけではありませんでしたけどバイクの感触は良く、少しモディファイが必要という状態でした。ただ今朝からアスファルトのグリップが低く、これが自分達には大きな問題となりました。今朝から苦戦し、特にタイヤに沢山の問題が出てしまいました。タイヤを正しい形で機能させる事が出来なかったようです。どのタイヤでも苦戦してしまい、より長く走る事が出来るタイヤもありましたがこれはグリップが低いものでした。前後ともに最適な選択が出来ていないんです。」

「いずれにせよ、Q2進出を0.002秒で逃してしまい、13位スタートになってしまったのはアンラッキーでした。これで明日のレースはかなり苦しくなるでしょう。ペースも良くありませんからね。ただ、まだ土曜日です。明日のウォームアップがありますからなんとか改善の努力をして、ペースを改善してレースの中でポジションを回復出来ればと思います。」

「ミディアムタイヤであれば6周は悪くないんです。でもレースは25周です。ハードタイヤは合わないですし、選択肢としては5周速く走って後はスローダウンするか、ずっと遅いペースで走るかしかないんです。どちらかを選ばないといけないんです。明日がもっと暑ければさらに厳しくなるでしょう。ヘレス同様に朝はまだいいんです。午後にトラック気温が50℃を超えると難しいですね。明日は皆にとって辛いレースになるでしょう。」

「今週はアスファルトのグリップが低かったことで多くの選手が転倒しました。そしてどういうわけか、今日は昨日よりもグリップがありませんでした。ですから正直なところバイクに乗るのは実に難しい状態です。かと言ってスロー走行をすると全てが変わってしまいます。コーナーに進入するたびに限界だと感じるんです。」

「昨年のバイクであればこうしたコンディションではより良い形で機能したと思います。それに昨年のバイクのほうがコーナーでライディングがしやすかったと感じます。全てがより自然に感じられました。こうした理由からタイヤへのストレスが少なく限界で走るのが容易でした。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 KTMマイク・レイトナー「今は前進あるのみ」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 レディング「久しぶりに速く走れると感じた」
★マイク・ウェッブはどのようにしてMotoGPのレースディレクターになったのか?
★英Channel 5 今シーズンからMotoGPのハイライトを放映
★MotoGP2017 ヨハン・ザルコ「初めてのMotoGPレースに興奮」
★MotoGP2017カタールGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「ここで新しいフロントタイヤを試すのは面白いだろう」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ザルコ「バウティスタに付いていけなかった」
★MotoGP2017 マルク・マルケス「まだシーズンは長い」
★MotoGP2017ヘレスGP ドヴィツィオーゾ「今年こそは速く走れると思っていた」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選4位ビニャーレス「タイヤ左サイドのスピンが問題」
★MotoGP2017フランスGP ドヴィツィオーゾ「ル・マンはさらにDucatiに合ったトラック」
★MotoGP2017フランスGP FP2結果
★MotoGP2017フランスGP 予選5位マルケス「セットアップにもう少し時間が必要」
★MotoGP2017フランスGP 予選6位ドヴィツィオーゾ「ライバル達に全力でついていきたい」
★MotoGP2017 テック3ヤマハ 2018年もフォルガーと契約を更新
★MotoGP2017イタリアGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017イタリアGP 予選1位ビニャーレス「チームが最高のバイクを用意してくれた」
★MotoGP2017アプリリア 2019年のサテライトチーム投入は可能
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「新しいフェアリングは明らかに利点がある」