★MotoGP2017カタルーニャGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳

土曜日の予選プレスカンファレンスの翻訳をお届けします。今回のプレスカンファレンスでは、暑くなると予想されているレースに関して、タイヤをいかに温存出来るかどうかが鍵だという意見が多く聞かれました。

Sponsored Link

 

ニック・ハリス

「ダニ、いろいろな理由で素晴らしい日だと思います。もちろんポール獲得もありますが、明日がいかに難しくなるかを示していると言えるでしょう。」

ダニ・ペドロサ

「ええ。昨年は予選で苦戦していましたから、こうしてホームGPのファンの前でのポール獲得は嬉しいです。新しいシケインに対応し、多くのタイヤに対応するのは簡単ではありませんでしたし、この暑さもあったのでライディングをまとめるのは容易ではありませんでした。ただ朝からどのタイヤが機能するかポジティブに作業を進めることが出来ました。午後から暑くなりましたが、1つミスがあったとは言えその中でも素晴らしい予選走行ができました。これが今週末において最も重要な瞬間だったでしょう。チームのおかげですね。」

 

ニック・ハリス

「明日は25周でタイヤを考えるとかなり厳しいと言えるでしょう。」

ダニ・ペドロサ

「このレースはタイヤの選択、そしてタイヤの耐久性が鍵になります。昨年もまさにそうでしたし、適切なタイヤを選択するということが必要になりますし、バイクから良いフィーリングを得ることが重要です。そしていかに状況をコントロールするかが鍵になります。非常に暑くなること、難しいレースになることはわかっています。ただ落ち着いてレースに集中している必要があります。今日は良い作業が出来たので嬉しいですが、明日は明日でしっかりと集中することが必要です。」

 

ニック・ハリス

「前回ポールを獲得したヘレスも暑いなかでしたが、あなたは圧倒的なレースを展開しました。」

ダニ・ペドロサ

「明日に関して何かしらコメントが出来ればいいんですけど、現状はどうなるかわかりませんからね。前回のレースは苦戦したので、特に何か言葉にすることなく、今はペース、レースに向けて良いフィーリングを得ることに集中したいと思います。」

 

ニック・ハリス

「ダニ、ありがとう。それではホルへ。これで9年連続のフロントロースタートとなりました。今週末の始めにこうした事が可能だというような話をしていたと思いますが。」

ホルへ・ロレンソ

「ええ。ここで行ったテストではスピードがありましたから、ムジェロよりは自信がありました。今朝は少し苦戦したため、バイクに大幅な変更を加えました。そして午後にはかなり快適に感じるようになりました。ダニは前にいましたけど、ミスなくコンスタントに走る事が出来ていました。これは明日に非常に重要になるでしょう。バイクに関して良いところはフロントタイヤの摩耗が少しだけ少ないということです。ヤマハ、そして特にホンダはフロントをオーバーヒートさせているようですので、明日はこれが重要になるでしょうね。こうしたコーナーでフロントが流れ始めると、そういった傾向があるのは良くないですから。逆にリアは少しグリップの問題があるので、ウォームアップで改善していきたいと思っています。」

 

ニック・ハリス

「このグリップ、このバンク、この暑さもあって、非常に難しいと思います。」

ホルへ・ロレンソ

「ええ、かなりライディングが難しいですし、明日は皆にとっては悪夢でしょう。ただこのコンディションで良いライディングが出来るようにしていますし、よりスロットルを繊細に開けるようにしています。これで改善出来ているので、明日は今日と同じようなライディングが出来るかどうかでしょう。」

 

ニック・ハリス

「ヘレスで3位、ムジェロではレースをリードし、明らかに改善方向に向かっていますね。」

ホルへ・ロレンソ

「ええ。毎回何かしら”ビビッと”くるものがあるんですよ。過去3戦ではヘレスで表彰台を獲得、ムジェロでは始めてレースをリード、ここでは始めて1列目を獲得出来ました。レースでもこの形を出来るだけ長く続けていきたいと思います。少しづつですが、形になってきています。」

 

ニック・ハリス

「ホルヘありがとう。それでは3番手を獲得したダニロ・ペトルッチ。素晴らしい予選でした。前回は3位を獲得し、今回はまたしてもプレスカンファレンスに出席しています。」

ダニロ・ペトルッチ

「こうして皆さんの顔を見ることが出来るというのは良いものですね。つまりプレスカンファレンスに出席してるってことですから。自分は常にプレスカンファレンスは大好きなんです。非常に難しい予選でした。ホルヘが話していたようにリアのトラクションが少し足りなかったんです。明日は特にリアタイヤ右側のトラクションをキープするのが容易ではないでしょう。ムジェロでは素晴らしいラップが出来ましたが、少しトラック外を走行したことで、その周回がキャンセルとなりました。もし1列目からスタート出来ていたらリアタイヤを少しセーブすることが出きていたと思います。明日は同じ戦略が使える事を願っています。ただ、タイヤの消耗は非常に激しいでしょうから難しいレースになるでしょう。レース後半は本当にクレイジーなレースになると思います。」

 

ニック・ハリス

「タイヤのライフを気にしながら、暑さの中でのバトルを行うというのはどれくらい大変なんでしょう。」

ダニロ・ペトルッチ

「これは本当に難しいでしょうし、どうすれば上手く対応出来るのかについて正しい答えを持っているライダーはいないでしょう。自分はスロットルの開け方が少しアグレッシブですしね。他のDucatiのライダー達は明らかに自分よりも経験が豊富ですから、常に彼らのデータを見て学んでいるんです。とにかく難しいと思いますが、まずは序盤にしっかりと落ち着いていること、タイヤをセーブすることが必要でしょう。ただスピードがあるライダーは沢山いますからね。ですから、いつもどおり厳しいレースになると思います。」

ニック・ハリス

「ダニロありがとう。それではフロアからの質問をどうぞ。」

 

Q

「昨年と比較すると予選が向上していますね。何を変えたのでしょうか?また明日のメインライバルは誰になるでしょうか?」

ダニ・ペドロサ

「予選に関しては冬の間にいろいろと作業を進めました。新しいタイヤをいかに上手に使うかを理解し、レースペースから予選ラップでいかに上手く走るかを理解しました。そして、チームとともに速く走るには、リズムと比較して何が必要かを理解しようとしたんです。バイクに変更を加えたり、このタイヤをいかにアタックの際にライディングするかを理解しました。ただ、もちろん時には他の選手よりも良いフィーリングを得てポールを獲得することもあれば、2列目で終わることもあります。ただ明らかに昨年よりも結果は良くなっています。昨年は常に3列目だとか、さらに後ろからレースをスタートしていたので、序盤で苦戦をしていましたからね。チームがこの改善を助けてくれたので嬉しく思っています。明日のメインライバルは自分です。これはいかにタイヤを使用するかという意味でです。そしてトラックの暑さでしょう。これらに集中する必要があります。レースはレースですから、後はレースコンディションでバイクとこのタイヤで何が出来るかどうかです。」

 

Q

「明日は優勝出来ると思いますか?」

ホルへ・ロレンソ

「ムジェロではドヴィツィオーゾが優勝するとは誰も思っていなかったでしょう。自分も彼の優勝を確認出来る位置ではなかったので、ボックスに戻って、ドヴィが1位、ダニロが3位という結果には驚きました。ですから今年は特にどんなこともMotoGPでは起きうると思います。明日は特にタイヤの消耗度合いによるでしょう。リアもそうですが、フロントのグリップをいかに維持できるかにかかってくるでしょう。」

セテ・ジベルナウ

「ダニ、今日は時計を持ってきていないので、そのポール獲得の記念の時計をもらえるかな?」

ダニ・ペドロサ

「ああ、いいですよ(笑)」

 

Q

「最近はあなたがプレスカンファレンスにいて私達も嬉しいのですが、明日はタイヤをセーブして、またここに戻って来ることを考えていますか?」

ダニロ・ペトルッチ

「正直ムジェロでは表彰台を獲得出来るなんて思っていませんでした。トップ5でレースを終える事が出来れば十分でした。それが実際は優勝も可能という状況だったんです。明日に関してはムジェロとリアタイヤの状況は大きく異なります。ムジェロではラップレコードに近いペースで走行していて、特にトップ4人は昨年レースタイムを下回るスピードで走っていました。明日はリアタイヤのマネジメントが非常に難しいでしょう。ただ、自分もあなた達と明日会いたいと思っています。」

 

Q

「ダニ、予選をより良くするために努力したと話していましたが、これはよりアグレッシブに乗るということにしたのか、それともよりスムーズに乗る事にしたのかどちらなのでしょう?そしてホルヘ、FP3の後にバイクを変えたと話していましたが、何を変えたのでしょう?」

ダニ・ペドロサ

「予選に関してはどちらもですね。必要な時にアグレッシブに走り、またスムーズに走るということです。トラックの中のどのコーナーでもっと攻められるのか、そうではないのかを理解したということです。これが1周の中で違いを生み出すんです。ただこれはどのライダーも理解していることです。ただ自分は昨年はそういう走りが快適に出来ていなかったんです。ただ、MotoGPクラスではこれが1つのキーポイントになるので、これに関して作業をしていたということです。」

ホルへ・ロレンソ

「残念ながら、何を変更したのかということはお話出来ません。」

 

Q

「あなたは長いことヤマハに乗っており、Ducatiという全く異なるバイクに乗り、ブレーキングポイントを学習しなおし、ライディングスタイルも変えました。来年は少なくとも1つ、もしかしたら2つは新しいトラックがあります。新しいトラックを走る際に、忘れるべき内容が無いほうが楽なのか、それともある程度参考にすべき点があるほうが楽なのかどちらでしょう?」

ホルへ・ロレンソ

「今までも新しいトラックのラインを学習するのに問題はありませんでした。ですから大きな問題にはならないでしょう。来年の開幕戦のバイクがどのような感触であるかを確認するほうが重要であって、新しいトラックに慣れるという事に関しては問題にはなるとは思いません。」

 

ニック・ハリス

「それではフロアからの質問は以上です。ソーシャルメディアからの質問をスティーブン・デイにお願いしましょう。」

 

スティーブン・デイ

「ダニロ、Twitterからバキの質問です。”あなたは過去に警察の候補生だったことがありますが、どのライダーを最も逮捕したいですか?”」(※会場(笑))

ダニロ・ペトルッチ

「間違いなくミラーですね。(※会場(笑))金曜の朝に飲酒検査をしたいと思います。(笑)」

 

スティーブン・デイ

「ホルヘ、Twitterからダニカの質問です。ダニカはあなたがレッド・ホット・チリ・ペッパーズのファンだと知ったようですが、こう質問しています”どの曲が今のあなたの心情をよく表していますか?”」

ホルへ・ロレンソ

「By the wayだね。」

 

スティーブン・デイ

「Instagramからヘッドスパイスライフの質問です。”あなたにとって最も思い出深いホルヘとのレースは?”」

ダニ・ペドロサ

「(笑)ええと。。」

ホルへ・ロレンソ

「2005年のザクセンリンクは?(笑)」

ダニ・ペドロサ

「そうですね。2012年のブルノでしょうか。最終ラップの最終コーナーまで一緒で、素晴らしいレースでした。毎周レコードを更新する走りでした。自分達は125ccからずっと一緒にレースをしているんです。でもMotoGPでのレースは常に最高ですね。」

 

スティーブン・デイ

「ホルヘ、同じ質問をしたら、あなたもそう答えますか?」

ホルへ・ロレンソ

「自分は2003年のブラジル戦を選びますね。」
 

スティーブン・デイ

「ありがとう(笑)」

 

ニック・ハリス

「皆さんありがとうございました。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ロレンソ「徐々にライディングが容易になってきている。」
★MotoGP2017 ホルへ・ロレンソ「Ducatiではより尊敬されている感じる」
★MotoGP2017カタールGP 決勝結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP フォルガー「ザルコがターゲット」
★MotoGP2017アメリカGP スズキのチャンピオン達がCOTAに集結
★MotoGP2017ヘレスGP 津田拓也「ずっとMotoGPでレースをしたいと思っていた」
★ニッキー・ヘイデンの事故発生時の現場映像を地元警察が入手
★MotoGP2017イタリアGP 5位バウティスタ「今回は本当の意味での5位」
★MotoGP2017 サム・ロウズのアプリリア残留の可能性が高まる
★MotoGP2017 チーム代表が語るウイングレット/エアロダイナミクスの開発
★MotoGP2017ミシュランタイヤ オーストリアGPプレビュー
★MotoGP2017イギリスGP ビニャーレス「明日レースだとしても準備は出来ている」
★MotoGP2017アラゴンGP優勝 マルケス「いくつも危ない瞬間があった」
★MotoGP2017日本GP ロッシ「氷の上を走っているような感じだった」
★MotoGP2017オーストラリアGP 予選7位ロッシ「何らかの作業が必要」
★MotoGP2017オーストラリアGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017マレーシアGP ザルコ「ロッシのほうがマルケスよりも抜きにくい」
★MotoGP2017マレーシアGP ドヴィツィオーゾ「25ポイント獲得することに集中したい」
★MotoGP2017バレンシアGP ビニャーレス「トップ5は狙えるはず」
★MotoGP2017バレンシアGP 予選2位ザルコ「もし優勝出来れば、シーズンを終える中で最高の形」