★MotoGP2017カタルーニャGP ペドロサ「アグレッシブに、そしてスムーズに乗ることを学んだ」

土曜日の予選プレスカンファレンスからポールポジションを獲得したペドロサ選手のコメントを抜粋でご紹介します。特に予選の走りかたを変えたという話は興味深いですね。

Sponsored Link

ニック・ハリス

「ダニ、いろいろな理由で素晴らしい日だと思います。もちろんポール獲得もありますが、明日がいかに難しくなるかを示していると言えるでしょう。」

ダニ・ペドロサ

「ええ。昨年は予選で苦戦していましたから、こうしてホームGPのファンの前でのポール獲得は嬉しいです。新しいシケインに対応し、多くのタイヤに対応するのは簡単ではありませんでしたし、この暑さもあったのでライディングをまとめるのは容易ではありませんでした。ただ朝からどのタイヤが機能するかポジティブに作業を進めることが出来ました。午後から暑くなりましたが、1つミスがあったとは言えその中でも素晴らしい予選走行ができました。これが今週末において最も重要な瞬間だったでしょう。チームのおかげですね。」

 

ニック・ハリス

「明日は25周でタイヤを考えるとかなり厳しいと言えるでしょう。」

ダニ・ペドロサ

「このレースはタイヤの選択、そしてタイヤの耐久性が鍵になります。昨年もまさにそうでしたし、適切なタイヤを選択するということが必要になりますし、バイクから良いフィーリングを得ることが重要です。そしていかに状況をコントロールするかが鍵になります。非常に暑くなること、難しいレースになることはわかっています。ただ落ち着いてレースに集中している必要があります。今日は良い作業が出来たので嬉しいですが、明日は明日でしっかりと集中することが必要です。」

 

ニック・ハリス

「前回ポールを獲得したヘレスも暑いなかでしたが、あなたは圧倒的なレースを展開しました。」

ダニ・ペドロサ

「明日に関して何かしらコメントが出来ればいいんですけど、現状はどうなるかわかりませんからね。前回のレースは苦戦したので、特に何か言葉にすることなく、今はペース、レースに向けて良いフィーリングを得ることに集中したいと思います。」

 

Q

「昨年と比較すると予選が向上していますね。何を変えたのでしょうか?また明日のメインライバルは誰になるでしょうか?」

ダニ・ペドロサ

「予選に関しては冬の間にいろいろと作業を進めました。新しいタイヤをいかに上手に使うかを理解し、レースペースから予選ラップでいかに上手く走るかを理解しました。そして、チームとともに速く走るには、リズムと比較して何が必要かを理解しようとしたんです。バイクに変更を加えたり、このタイヤをいかにアタックの際にライディングするかを理解しました。ただ、もちろん時には他の選手よりも良いフィーリングを得てポールを獲得することもあれば、2列目で終わることもあります。ただ明らかに昨年よりも結果は良くなっています。昨年は常に3列目だとか、さらに後ろからレースをスタートしていたので、序盤で苦戦をしていましたからね。チームがこの改善を助けてくれたので嬉しく思っています。明日のメインライバルは自分です。これはいかにタイヤを使用するかという意味でです。そしてトラックの暑さでしょう。これらに集中する必要があります。レースはレースですから、後はレースコンディションでバイクとこのタイヤで何が出来るかどうかです。」

セテ・ジベルナウ

「ダニ、今日は時計を持ってきていないので、そのポール獲得の記念の時計をもらえるかな?」

ダニ・ペドロサ

「ああ、いいですよ(笑)」

 

Q

「ダニ、予選をより良くするために努力したと話していましたが、これはよりアグレッシブに乗るということにしたのか、それともよりスムーズに乗る事にしたのかどちらなのでしょう?」

ダニ・ペドロサ

「予選に関してはどちらもですね。必要な時にアグレッシブに走り、またスムーズに走るということです。トラックの中のどのコーナーでもっと攻められるのか、そうではないのかを理解したということです。これが1周の中で違いを生み出すんです。ただこれはどのライダーも理解していることです。ただ自分は昨年はそういう走りが快適に出来ていなかったんです。ただ、MotoGPクラスではこれが1つのキーポイントになるので、これに関して作業をしていたということです。」

 

スティーブン・デイ

「Instagramからヘッドスパイスライフの質問です。”あなたにとって最も思い出深いホルヘとのレースは?”」

ダニ・ペドロサ

「(笑)ええと。。」

ホルへ・ロレンソ

「2005年のザクセンリンクは?(笑)」

ダニ・ペドロサ

「そうですね。2012年のブルノでしょうか。最終ラップの最終コーナーまで一緒で、素晴らしいレースでした。毎周レコードを更新する走りでした。自分達は125ccからずっと一緒にレースをしているんです。でもMotoGPでのレースは常に最高ですね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★ホンダ 「Dio110」に新色を追加し発売
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「カタールのように最高の形でレースを迎えたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP イアンノーネ「エレクトロニクスの改善が必要」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「COTAはセッティングよりも完璧なラインを理解することが大事」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「COTAは自分にとってベストのコース」
★MotoGP2017アメリカGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アメリカGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017ヘレスGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP Q2結果
★MotoGP2017フランスGP ギュントーリ「ル・マンでの走行が本当に楽しみ」
★MotoGP2017フランスGP ヨハン・ザルコ2018年もテック3ヤマハから参戦
★MotoGP2017フランスGP Q2結果
★MotoGP2017 Aspar2018年もDucatiを使用することでDucatiと合意
★HRC ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★MotoGP2017フランスGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017 6/27時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017ドイツGP 11位ロレンソ「後半にバイクを曲げるのが難しくなってしまった」
★MotoGP2017 クラッチロー「イギリスGPを開催するならドニントン。シルバーストーンは退屈」
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「フロントローでのスタートが目標だった」
★MotoGP2017チェコGP ドヴィツィオーゾ「今日は戦略面で学びがあった」