★MotoGP2017カタルーニャGP 4位ロレンソ「Ducatiは他のバイクより柔らかめのタイヤを使用出来る」

Ducatiに乗り換えて色々とバイクの特性に合わせて失った部分があるロレンソ選手ではありますが、今回はDucatiが要求するライディングをすることによってフロントタイヤの消費を押さえる事が出来、これが今回の4位という結果に繋がったようです。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「現在は良いレースが出来ています。最高というわけではないですけどね。何よりも今日はチームとドヴィのために2連勝を祝いたいと思います。これは数ヶ月前は可能とは思えませんでした。今日は自分のレースに満足しています。ここではなんというか新しい結果が出せたと感じます。土曜は始めてフロントローを獲得し、マルケスに0.5秒の差をつけてレースをリードしました。残念ながら同じペースを維持することは出来ませんでしたが、これはレース前からわかっていたことです。」

「ダニは45秒台、ドヴィも同じタイヤで非常に競争力がありました。マルケスは素晴らしいペースを続けましたけど、あれには驚きましたね。最終的に4位で終える事が出来、リアタイヤを少しセーブする事が出来ました。レースの間は常にスロットルを優しく操作したので、セカンドグループよりも良いペースで、彼らをオーバーテイクすることが出来ました。」

「リーダーとの差は9秒、始めて10秒以下となりました。ですから良いレースだとは言えますが、本来は優勝したかったので4位には満足していません。ただトップとの差は近づいていますし、より自分のポテンシャルを発揮しやすい自然なバイクが必要なんです。現状では良いレースは出来ていますが、最高のレースが出来ていません。」

「過去はこうした暑い状況でだいぶ苦戦しました。というのも自分はすぐさまフルスロットルにする乗り方のライダーだったので、これがスピンを助長していたんです。ただ、最近はいかにタイヤをセーブするかを理解してきているんですよ。この部分に関してはかなり向上しています。そして他のライダーのようにこうした問題がないというのはラッキーなことです。例えばホンダは今日はフロントタイヤの右サイドに関してより苦戦していました。ですから今日は、ドヴィがコンスタントにミスなく、ムジェロのようにアドバンテージを維持出来たのはこうした理由があるんです。2016年のヘレスとモントメロを比較すると、こうしたトラックでより走りが向上しています。」

「こうしたフロントタイヤの減りが少ないという問題については、Ducatiは2年3年前からそうですね。ヤマハではフロントタイヤの消耗が激しかったんですが、Ducatiでは他のバイクよりも柔らかめのタイヤを使用出来るんですよ。今年のMotoGPはまるでクレイジーですね。どんなことも起こり得ると思います。多くのミス、多くの転倒がありますし、ドヴィは賢い走行をしているというわけです。」

「彼はほとんど転倒しませんし、バイクの最大限の力を発揮するために彼の経験を全て利用しています。チャンスがあれば彼は優勝します。ですからタイトル争いも可能だと思いますよ。自分としては非常に厳しい状況です。何戦も連勝したいと思っていますが、それが可能な状況ではないんですよね。ただ、自分達のポテンシャルは今の走りよりもさらに高いと思っています。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 Ducati新型カウルを披露
★英Channel 5 今シーズンからMotoGPのハイライトを放映
★MotoGP2017アルゼンチンGP リンス「足の痛みがなければ。。」
★MotoGP2017アメリカGP クラッチロー「COTAはセットアップに時間がかかる」
★フォルクスワーゲン Ducatiの売却を検討か?
★MotoGP2017 ロレンソ「Ducatiはヤマハのようにシャーシ開発に力を入れるべき」
★MotoGP2017 ヴァレンティーノ・ロッシ「MotoGPクラスにVR46で参戦するつもりはまだない。」
★ニッキー・ヘイデン 容態は未だ深刻、事故原因について調査が進む
★ヘイデンファミリーからのお願い「偽サイトで偽のニッキーグッズを買わないで」
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「初めてのムジェロで自信を持って走行出来ている」
★MotoGP2017オランダGP4位 クラッチロー「マルクに手の内を早めに見せてしまった」
★MotoGP2017ドイツGP Q2結果
★MotoGP2017ドイツGP 2位フォルガー「今日のレースは今までの優勝よりも嬉しい」
★Ducati CEOクラウディオ・ドメニカーリ 新型V4スーパーバイクについて語る
★MotoGP2017 テック3の2018年以降のタイトルスポンサーもモンスターとなる見通し
★中本修平氏 ドルナでタレントプロモーション部門のマネジメンを担当
★MotoGP2017オーストリアGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017サンマリノGP ピッロ「自分達のポテンシャルは高い」
★MotoGP2017日本GP クラッチロー「2人共無事だったことが重要」
★MotoGP2017マレーシアGP ファン・デル・マルクがフォルガーの代役として参戦