★MotoGP2017カタルーニャGP 5位ヨハン・ザルコ「トップ集団に追いつけると思っていた」

今回は予選順位が振るわずに14位スタートだったザルコ選手ですが、最終的には5位でレースを終えました。ザルコ選手同様スムーズなライディングが身の上のロレンソ選手が、昨年同じバイクで暑いコンディションで苦戦したのを考えると、こうした状況でザルコ選手が苦戦していないのは不思議ですね。

Sponsored Link

ヨハン・ザルコ

「今日はこの結果に満足ですが疲れましたね。今日は皆がこの暑さのせいでフィジカル面で苦戦していたと思います。レースに関しては路面のグリップが低く、タイヤも摩耗してしまいました。ただ、自分にとってこういう状況は大惨事というわけではなく、ライバル達と比較して良いフィーリングがありました。14位スタートとなるとレース序盤は複雑な状況でのバトルが必要でした。それにこういう中では他のライダーに接触する可能性も高い状態でした。レースの中でトップ集団を捉えることが出来ると思っていたんです。レース中盤を過ぎても彼らはそこまでギャップを広げていなかったんですが、自分と同じペースだったために追いつくことが出来ませんでした。」

「終盤にかけてはペトルッチが転倒しロレンソに抜かれましたが、彼のほうが加速が良く離されてしまいました。そこからはジョナスが前にいて苦戦しているのがわかりました。ですから集中して良いラインを走行し、最終ラップで彼にアタックしたんです。難しい週末でしたし、この結果は求めていたものでした。今日は良い形でレースを終える事が出来ましたが、将来に向けての大きなモチベーションとなりました。」

(Photo courtesy of tech3 yamahamogirls)

<テック3ヤマハ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★英Channel 5 今シーズンからMotoGPのハイライトを放映
★MotoGP2017スズキ 河内健氏「早い段階でタイトル争いに参加したい」 
★「XSR900」が世界的権威のデザイン賞で最高賞に選定
★MotoGP2017アルゼンチンGP アレイシ・エスパルガロ「良いスタートが鍵」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「転倒の引き金はペトルッチ」
★MotoGP2017フランスGP Q1結果
★MotoGP2017フランスGP 予選7位レディング「2列目は獲得出来るペースだった」
★ヘイデン一家 正式にヘイデン選手の訃報を発表
★MotoGP2017イタリアGP 決勝レース結果
★MotoGP2017ドイツGP アレイシ・エスパルガロ「土曜に備えて色々と試している」
★MotoGP2017ドイツGP 3位ペドロサ「リアグリップに苦戦した」
★MotoGP2017ドイツGP 5位ロッシ「今日の5位は悪くない結果」
★MotoGP2017ブルノテスト ドヴィツィオーゾ「新しいフェアリングはオーストリアでアドバンテージとなる」
★MotoGP2017イギリスGP レッドブル・リンクでの雪辱を果たすことを誓うアプリリア
★MotoGP2017イギリスGP 3位ロッシ「優勝するには、リアタイヤの摩耗を改善する必要がある」
★MotoGP2017ロッシ 「現実的にはもてぎでレースに復帰する形だが、アラゴン出場を目指している」
★MotoGP2017 フランコ・モルビデッリ ロングインタビュー「自分はまだ学んでいる最中」
★MotoGP2017日本GP ザルコ「日本GPは良いベースでスタート出来るだろう」
★ヤマハ発動機 2年連続国際的デザイン賞「German Design Award」“Winner”受賞
★MotoGP2017マレーシアGP ロッシ「このバイクをウェットで乗るのは難しい」