★MotoGP2017カタルーニャGP 8位ロッシ「10周でスローダウンせざるを得なかった」

今年は暑いコンディションの中で苦戦が続いているモビスターヤマハ。ロッシ選手の言うように旧型のほうがこの部分のパフォーマンスが良いのであればある程度の課題は明確なのかなと思いますが、テストで試す予定という新しい何かが効果を発揮するかどうかが鍵になりそうです。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシ

「今週には本当にがっかりです。結果、そしてレースに関してもね。ここは自分のお気に入りのトラックの1つですし、良いレースを期待していました。昨年は素晴らしいレースをして優勝していましたし。ただヘレス同様に苦戦するんじゃないかという不安もありました。ただ、昨年は優勝した2つのレースで、今年最悪の結果というのは妙ですよね。ですからレースウィーク中に心配していたのはあります。いろいろな解決策を試したんですが、けして十分なスピードで走る事が出来ませんでした。今日のレースは本当に難しかったですね。」

「今日の1番の問題がアンダーステアだったことと、リアタイヤに問題が出てしまったことです。最終的にはリアの特にタイヤ右側にトラクションの問題が出てしまいました。既に10周走った後に問題が出てしまい、スローダウンせざるを得なかったんです。あらゆる事を試しましたが、コーナーから速い速度で立ち上がる事は不可能でした。ただ、旋回性の不足については、このバイクを始めて試した時から感じていた問題です。常に旋回性には多かれ少なかれ問題を感じていて、明日はこの問題の改善に関して少し面白いものを試します。」

「テック3の2人の速さは旧型バイクだからという可能性があります。自分が思うに旧型のほうがよく曲がり、リアタイヤにかかるストレスが少ないんです。そしてヘレス同様に自分達よりも速かったんです。今日はポイントを獲得出来たのは良かったんですが、チャンピオンシップで2つもポジションを落としたのは非常に残念です。でも、28ポイント差の中に5人のライダーがいるというのはかなり接戦です。ただ、ザルコとロレンソと遠くないところにいます。明日は大事なテストがありますから、将来に集中することが必要です。それに自分達が苦戦したこのトラックでテスト出来るのはポジティブですね。バイクのスピードとフィーリングを改善したいと思います。」
(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link