★MotoGP2017カタルーニャGP 10位ビニャーレス「何が起きているのかわからない」

今までの快進撃が嘘のようにこのところ苦戦が続いているビニャーレス選手ですが、問題はその苦戦の原因が本人もチームもわかっていないということです。バイクが問題ではないと明言していますので、となるとタイヤが原因なのかもしれません。

Sponsored Link

「何が起きたのか全くわかりません。今朝は15周46秒1で走行出来ました。午後は新品タイヤで46秒7で転倒するところでした。全く意味がわかりません。なんと言えばいいのかわかりません。皆に同じ事を話しているんです。バイクは悪くなかったんです。それだけしか言えません。カタール、アルゼンチンでは良い状態でした。レース全体を通じてシャーシも良かったですね。問題はバイクではないんです。」

「本当に難しいですよ。モチベーションを高く保って1位、2位、良いラップタイムを獲得するためにここにきたわけです。それで結局10位ですからね。それに10位だったのは多くのライダーが転倒したからです。アレイシはエンジンが壊れて、カルも後退しました。通常であれば16位でした。ただ何戦もしないといけないわけで、チャンピオンシップは今日だけの結果ではないですからね。」

「今は本当に厳しいです。あるレースでは問題がなくて、あるレースでは問題がある。そしてまたこの繰り返しです。今シーズンは本当に素晴らしいレベルでスタートしたんです。最初の2戦では自分を誰も止めることなんて出来ないだろうと思っていました。最高のフィーリングだったんですが、今では10位、15位がせいぜいという感触です。」

「今日はカタール以上にプッシュしました。カタールはトラックのせいもあってあまりプッシュしていませんでした。アルゼンチンでは全てがコントロール下にあって、今日は120%でした。最後になって少し挽回が出来ましたけど、15位か16位で走っている状態でした。正直これはかなり大きな問題です。何が間違っているのかわからないんですから。チームにしても何が起きているのか理解出来ていないんです。」

「アルゼンチンではウォームアップで39秒7、レースで39秒6。ムジェロではウォームアップで47秒2、レースで47秒6。ここではウォームアップで46秒1、レースでは46秒台は一回しか記録していません。最後は本当に驚くほどひどかったんですよ。最後まるでMoto2みたいな走り方をしていました。ストレートでの感触も悪かったんです。」
(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス新型カウルを使用
★MotoGP2017カタールテスト3日目 マルケス「リズムは悪くない」
★MotoGP2017カタールGP FP3結果
★MotoGP2017カタールGP ヨハン・ザルコ「こうした転倒もレッスンの一部」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 決勝レース結果
★MotoGP2017アメリカGP2位 ロッシ「オースティンで最高の結果になった」
★MotoGP2017フランスGP 予選4位クラッチロー「ヤマハのような戦闘力を発揮するのは難しい」
★MotoGP2017イタリアGP ニッキー・ヘイデン選手のチャンピオンシップ優勝マシン「RC211V」などを特別展示
★MotoGP2017チェコGP クラッチロー 第6頚椎を骨折したまま5位を獲得
★MotoGP2017チェコGP チーム代表プレスカンファレンス(チーム代表が語るMotoGP2017)
★MotoGP2017ミシュラン オーストリアGP決勝レースリリース
★MotoGP2017オーストリアGP11位 イアンノーネ「忍耐強く作業を続ける必要がある」
★MotoGP Marc VDSジャック・ミラーの後任はトーマス・ルティとの噂
★MotoGP2017イギリスGP マルケス「現在非常に良いセットアップが見つかっている」
★MotoGP2017イギリスGP ペドロサ「今年は集中して良い結果を得たい」
★ヤマハ 新型「YZF-R15」のエンジンを搭載したプラットフォームモデル ネイキッドスポーツ「V-IXION R」 インドネシアで発売
★MotoGP2017アラゴンGP FP1結果
★MotoGP2017アラゴンGP FP3結果
★MotoGP2017ドヴィツィオーゾ 「ホルヘがDucatiに来たことで自分の評価も高まった」
★Moto2 キーファーレーシングのステファン・キーファー亡くなる