★ヤマハ ビッグロゴの採用などカラーリング&グラフィックを変更 “エンデューロ”向けモデル4機種の2018年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、カラーリング&グラフィックを変更したクロスカントリーエンデューロ向けモデル「YZ450FX」「YZ250FX」「YZ250X」「YZ125X」4機種の2018年モデルを、8月30日より発売します。

ヤマハ競技用オフロードモデルのカラーリング&グラフィックコンセプトは”The Cool Blue Racer”。2018年モデルは、ホイールなど、コンポーネントの一部へもブルーを配し、ヤマハレーシングマシンとしての存在感を強調。またロゴを大きくあしらいトレンド感を表現しました。

Sponsored Link

本製品は「ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店」にて、2017年6月13日から12月10日の期間限定で予約の受付を行い販売します。


「YZ450FX」


「YZ250X」

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「YZ450FX」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
2017年8月30日 950,400円
(本体価格880,000円/消費税70,400円)
500台
(シリーズ合計/国内)
「YZ250FX」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
810,000円
(本体価格750,000円/消費税60,000円)
「YZ250X」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
734,400円
(本体価格680,000円/消費税54,400円)
「YZ125X」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
626,400円
(本体価格580,000円/消費税46,400円)

※YZシリーズ各モデルは、国土交通省の認定を受けていませんので、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところは道路とみなされます。
※保証(クレーム)の対象外製品となります。


<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★2017年型CBR500Rを愛すべき5つの理由
★BMWモトラッドUSA K1600BのUS価格を発表
★アロー(Arrow) 2017年型GSX-R1000/R1000R用のエキゾーストシステムを発売
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「満足しているし、自信もある」
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「優勝のチャンスがあれば当然狙っていく」
★ホンダ 「CBR250RR」の受注状況について
★プレストコーポレーション XT1200ZE フルパニアセット購入支援キャンペーン
★Triumph(トライアンフ) オールクラシック モニターキャンペーン
★MotoGP2017フランスGP ヨハン・ザルコ2018年もテック3ヤマハから参戦
★Red Bull ホンダ ワールドスーパーバイクチーム ヘイデン選手へのお別れの言葉
★IDEMITSU Honda Team Asia 2017年シーズン応援ポスターの掲示を促進
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「体調は日増しに回復している」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選13位ロッシ「5周だけ速く走るか、ずっと遅いペースで走るか」
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「ザクセンでもベストを尽くす」
★MotoGP2017ドイツGP 2位フォルガー「今日のレースは今までの優勝よりも嬉しい」
★バジャージ 今年100,000台のKTMとハスクバーナの生産を目指す
★MotoGP2017ビニャーレス「電子制御のセットアップに関して混乱がある」
★MotoGP2017オーストリアGP 予選4位ビニャーレス「セクター1、2の加速性の向上が必要」
★MotoGP2017 ビニャーレス「再度シャーシ変更するより、セッティングを煮詰めたい」