★ヤマハ ビッグロゴの採用などカラーリング&グラフィックを変更 “エンデューロ”向けモデル4機種の2018年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、カラーリング&グラフィックを変更したクロスカントリーエンデューロ向けモデル「YZ450FX」「YZ250FX」「YZ250X」「YZ125X」4機種の2018年モデルを、8月30日より発売します。

ヤマハ競技用オフロードモデルのカラーリング&グラフィックコンセプトは”The Cool Blue Racer”。2018年モデルは、ホイールなど、コンポーネントの一部へもブルーを配し、ヤマハレーシングマシンとしての存在感を強調。またロゴを大きくあしらいトレンド感を表現しました。

Sponsored Link

本製品は「ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店」にて、2017年6月13日から12月10日の期間限定で予約の受付を行い販売します。


「YZ450FX」


「YZ250X」

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「YZ450FX」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
2017年8月30日 950,400円
(本体価格880,000円/消費税70,400円)
500台
(シリーズ合計/国内)
「YZ250FX」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
810,000円
(本体価格750,000円/消費税60,000円)
「YZ250X」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
734,400円
(本体価格680,000円/消費税54,400円)
「YZ125X」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
626,400円
(本体価格580,000円/消費税46,400円)

※YZシリーズ各モデルは、国土交通省の認定を受けていませんので、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところは道路とみなされます。
※保証(クレーム)の対象外製品となります。


<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★スズキ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★MotoGP2017 ジョナス・フォルガー「今週末のレースには自信がある」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ/ロレンソ「カタールGPの日中開催は難しい」
★新型BMW C evolution発表
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「ここで新しいフロントタイヤを試すのは面白いだろう」
★スズキ アメリカで2輪駆動スクーターに関する特許を発表
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「レースに備えつつプッシュが必要な時はプッシュ出来る」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「優勝のチャンスがあれば当然狙っていく」
★MotoGP2017アメリカGP予選5位 ザルコ「トップの選手についていって学びたい」
★スズキ ターボチャージャー搭載のバイクを米国特許商標庁に登録
★トライアンフ オールクラシックフェアのご案内
★MV AGUSTA(MVアグスタ)新形モデルと思われる「RVS」の動画を効果
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから6時間後の順位
★MotoGP2017フランスGP 2位ザルコ「このままプッシュしていきたい」
★ヤマハグランプリ通算500勝を達成
★MotoGP2017 ロッシ モトクロストレーニング中に胸部と腹部に軽い外傷を負う
★MotoGP2017イタリアGP 2位ビニャーレス「今日の結果には本当に満足」
★MotoGP2017カタルーニャGP ビニャーレス「現在は良い流れにあるし自信もある」
★株式会社ドライバースタンド オートバイ用品専門店の2りんかんで、バイク用ETC2.0車載器助成キャンペーン受付予約開始
★MotoGP2017オランダGP フォルガー「アッセンはヤマハに合っているはず」