★MotoGP2017 カル・クラッチロー HRCと2年契約を締結/LCRに残留

LCRホンダ、HRCからの正式なプレスリリースは出ていませんが、カル・クラッチロー選手がHRCと2年間の契約を結んだようです。このところのホンダの開発ライダーとしての働きを考えれば当然の成り行きと言えるでしょう。LCRホンダは来年もう1人のライダーを加えて2台体制との噂があり、Moto2の中上選手がクラッチロー選手のチームメイトとして有力視されています。中上選手は現在ランキング7位。成績だけを見ると昇格は難しいのかと思いますが、MotoGPクラスのレギュラーライダーとして日本人を走らせるというのは、ホンダとしても悲願でしょう。なんとか中上選手にはMotoGPに昇格して欲しいものです。

Sponsored Link

カル・クラッチローはホンダとの2年間のファクトリー契約を締結。LCRに残留することとなる。2度グランプリレースで優勝経験のあるクラッチローがLCRに加わったのは2015年。それ以前はテック3ヤマハとDucatiからMotoGPに参戦しており、彼の契約は今年の終わりで満期を迎える予定だった。

クラッチローの契約はルチオ・チェッキネロのLCRとの契約であるが、クラッチローはHRCとの直接契約を結んだこととなり、ファクトリーからサポートが増える事が期待されている。

クラッチローのLCR残留は先週のバルセロナで話が出ており、彼のオプションとしてはサム・ローズの後任を探しているアプリリアもオプションとして考えられていた。今回の契約に関してクラッチローからのアナウンスは後日発表されると予想されており、7月のザクセンリンク戦の後に続く夏休みの前には発表されるものと思われる。

過去18ヶ月に渡り、クラッチローのホンダのテストや開発における役割は増えている。ジャック・ミラーはMoto3からステップアップした2015年からHRCと契約しているが、今年がHRCとの契約の最終年であるミラーが契約を更新出来るかどうかは不透明だ。

来シーズンにLCRはMoto2の優勝ライダーである中上貴晶を迎えて2台体制で参戦すると噂されている。ホンダは以前、中上がMoto2で年間3位以内でシーズンを終えればMotoGPへのステップアップを考えているとしていたが、現在中上は7戦を終えて7位となっている。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★2017年型CBR500Rを愛すべき5つの理由
★MotoGP2017カタールGP FP1結果
★MotoGP2017アメリカGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「バイクの感触は良くないが、何故か速く走れる」
★MotoGP2017ヘレスGP 津田「大きな問題なく初日を終えてほっとしている。」
★MotoGP2017ヘレスGP 3位ロレンソ「この結果は30歳の最高の誕生日プレゼントだった」
★MotoGP2017フランスGP 予選7位レディング「2列目は獲得出来るペースだった」
★ヘイデン一家 正式にヘイデン選手の訃報を発表
★MotoGP2017イタリアGP ロレンソ「ヘレス同様の競争力を発揮したい」
★MotoGP2017イタリアGP 8位ロレンソ「20年間続けたライディングは簡単に変えられない」
★MotoGP2017 ホンダの希望はクラッチローとミラーとの契約更新
★MotoGP2017カタルーニャテスト リンス「GSX-RRに再び乗れて嬉しい」
★MotoGP2017 ホルへ・ロレンソ「今は結果が出ていなくても楽しい」
★MotoGP2017ドイツGP 10位クラッチロー「今シーズンで最もがっかりしたレース」
★MotoGP2017ヘレスサーキット 再舗装を8月までに完了の予定
★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「モルビデッリは皆にとって来年強敵となる。」
★MotoGP2017チェコGP 2位ペドロサ「1周遅くピットインしたことを後悔している」
★MotoGP2017オーストリアGP FP3結果
★MotoGP2017 ジョナス・フォルガーが語るマルケスの強さの秘密