★MotoGP2017アプリリア 2019年のサテライトチーム投入は可能

アプリリアは2019年にはサテライトチームを持つことを考えているようですが、過去のシーズンから考えると1年半でどこまで競争力が上がるのかというのは、やや疑問が残ります。また、既に交代が囁かれているロウズ選手の噂に関して、アレイシ選手は頭に来ている様子。

Sponsored Link

ロマーノ・アルベシアーノ

「現在いくつかのチームと話を進めています。今の開発段階でサテライトチームを持つというのはポジティブな点とネガティブな点があります。もちろん多くの点で良い点はあるんですが。ただ、もちろんアプリリアは大きなメーカーではないことも事実です。それにMotoGPレベルのファクトリーチームを適切にサポートするのは簡単なことではありません。ですから、恐らく来年はサテライトチームを持つことはしないでしょう。2019年に関しては、私が思うような形で物事が進めば可能でしょう。」

「(※日曜のエンジントラブルに関しては)現在ニューマチックシステムに少し問題が出ています。この問題は過去に何度か出ていて改善する必要があったのですが、残念ながら再発してしまいました。これは再設計するというような内容ではなく、運用の仕方の戦略的な内容によるものです。バルブシステムの中のある部品に関して考え方を変える必要があるんです。長いこと使用してきているんですが、昨年はこうした問題は起きませんでした。」

「(※土曜のエレクトロニクスのトラブルについて)馬鹿馬鹿しいエレクトロニクスの問題が連続してしまったんです。理解が難しいですが、現時点で何かが壊れていたということではありません。ただバイクを始動できず時間を無駄にしてしまったのです。」

「今回のテストのアレイシのタイムを考えると、素晴らしいレースになっていたでしょうね。とは言え、アプリリアとしては最高の予選順位を獲得出来たのでポジティブな週末でしたよ。アレイシは本当に完璧でした。我々も出来る限りの事を尽くしましたし、ポテンシャルが得られるまでの問題でしょう。力が付いてくれば結果は出ていきます。」

アレイシ・エスパルガロ

「来年のチームメイトに関するニュース記事を少し読みましたが頭にきました。まだ5戦か6戦ですし、昨シーズンMoto2で優勝をしたライダーに対してもう少し尊敬の念があっても良いと思います。僅か3ヶ月でこんなことになるなんていうのは忘れることが出来ません。」

「もっと尊敬されるべきですし、サムにはもっと時間を与えるべきです。彼は才能あるライダーです。バレンシアまで戦って彼のリザルトが良くなければそこから考えるべきですが、6月に考えるようなことではないですよ。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ロッシ「ようやくフロントに良い感触を感じることが出来た」
★MotoGP2017カタールテスト3日目結果
★MotoGP2017カタールGP 今年は何名のライダーが優勝するのか?
★MotoGP2017カタールGP バウティスタ「日曜ではなく月曜開催のほうが良かった」
★MotoGP2017 困難を極めるロレンソとDucatiの変革
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「今回は珍しく転倒せずに完走できた」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「まだまだ改善出来るポイントがある」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「チャンピオンシップ争いに復活出来た」
★MotoGP2017アメリカGP スズキのチャンピオン達がCOTAに集結
★MotoGP2017 KTM ル・マンで改良型エンジンその他をテスト
★MotoGP2017ヘレスGP 予選1位ペドロサ「今まで予選で苦戦していたので本当に嬉しい」
★MotoGP2017ヘレステスト ギュントーリ「トップとの差は思ったほどではなかった」
★MotoGP2017 マルク・マルケス「ホルヘは今期優勝出来る」
★MotoGP2017 KTM CEOステファン・ピエラ「MotoGPには表彰台を獲得し、優勝するために参戦している」
★MotoGP2017イギリスGP 予選4位ビニャーレス「FP4で良い仕事が出来た」
★MotoGP2017イギリスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017イギリスGP 決勝レース結果
★MotoGP2017イギリスGP 3位ロッシ「優勝するには、リアタイヤの摩耗を改善する必要がある」
★MotoGP2017サンマリノGP ロレンソ「表彰台、優勝を狙えないという事はない」
★MotoGP2017サンマリノGP 予選2位ドヴィツィオーゾ「完璧な予選走行だった」