★MotoGP2017 6/16時点でのポイントスタンディング

だいぶ更新が遅れていますが、カタルーニャGPを終えた後のポイントスタンディングです。チャンピオンシップをリードするのはビニャーレス選手ですが、2位のドヴィツィオーゾ選手との差は僅かに7ポイントしかありません。

Sponsored Link

上位2人からやや離される形の3位はレプソルホンダのマルケス選手4位は同じくレプソルホンダのペドロサ選手。また、5位のロッシ選手もほぼ同じようなポイント獲得数で並んでいます。

6位はテック3ヤマハのザルコ選手。ルーキながら安定したレースでこのポジションです。7位はカタルーニャでは4位だったロレンソ選手。シーズン序盤は苦しい戦いが続いていましたが、このところDucatiでも良い走りが出来るようになってきています。

8位は完走記録を伸ばし続けているフォルガー選手。カタルーニャではザルコ選手には一歩及ばず、最後に抜かれてしまいましたが、安定感は抜群です。9位はホンダとの2年契約を発表したクラッチロー選手。

10位はムジェロで3位表彰台を獲得したペトルッチ選手でした。カタルーニャでも良い位置で走行していましたが、最後に転倒リタイアとなっています。

なお、次回のMotoGPは6月25日のオランダGPです。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 ロッシ「フィーリングを見つけるのに苦戦している。」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「決勝では路面はかなり綺麗になるはず」
★MotoGP2017カタールGP ミシュラン決勝レースリリース
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「レースが非常に楽しみ」
★MotoGP2017ポル・エスパルガロ KTMのRC16とヤマハのM1の違いを語る。
★MotoGP2017 ロッシが今年10度目のタイトルを獲得出来ると言える理由
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ロレンソ「どんどんフィーリングが良くなっている。」
★MotoGP2017フランスGP 予選4位クラッチロー「ヤマハのような戦闘力を発揮するのは難しい」
★ヘイデン一家 正式にヘイデン選手の訃報を発表
★MotoGP2017フランスGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017イタリアGP ニッキー・ヘイデン選手のチャンピオンシップ優勝マシン「RC211V」などを特別展示
★MotoGP2017カタルーニャテスト イアンノーネ「このプロジェクトとスズキを信じている」
★MotoGP2017 6/27時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「3台目の2017年型M1を走らせるメリットは大きい」
★MotoGP2017チェコGP ドヴィツィオーゾ「チャンピオンシップ争いに参加するにしても気分はリラックスしている」
★MotoGP2017チェコGP FP1結果
★MotoGP2017ロッシ 右足の回復には30日から40日必要。日本GPに間に合うか?
★MotoGP2017日本GP イアンノーネ「スズキの皆の努力に見合うレースがしたい」
★MotoGP2017 ブロック・パークス フォルガーの代役としてオーストラリアGPに参戦
★MotoGP2017 最終戦でドヴィツィオーゾがチャンピオンシップ優勝する可能性はあるのか?