★MotoGP2017カタルーニャGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳

だいぶご紹介が遅くなりましたが、先週にカタルーニャGPの決勝プレスカンファレンス翻訳です。ドヴィツィオーゾ選手は小さい物事が大きな違いを生み出すとしており、レースへのアプローチもかなり精神的に捉えているようです。全くプッシュせずに勝ててしまったことも、チャンピオンシップ争いが出来る状態だとは思っていないという根拠になっているのでしょう。

Sponsored Link

 

ニック・ハリス

「イタリアGPの前を思い返してみると、そこから一気に2勝して50ポイントを獲得しました。現在はマーべリック・ビニャーレスに続くチャンピオンシップ2位です。本当に素晴らしい7日間でしたね。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「ムジェロではあんな結果を想像していた人はいなかったでしょう。それにムジェロは本当に特別なサーキットですからね。ここでもテストのフィーリングは非常に悪かったので、レース前は勝てるとは思っていませんでした。それにコンディションが非常に悪く、タイヤの消費も大きかったのでトラック上でのスピードには集中していませんでした。それもあってトラック上では最速というわけではありませんでした。」

「集中していたのは暑い環境の中でユーズドタイヤでバイクに乗るということでした。レースをスタートした後も誰も良いグリップがない状態で、誰もプッシュが出来ない状態でした。ですから、これは1周目から自分たちには実に良い状況だったんです。すぐに何人かのライダー達をオーバーテイクしてダニの後ろにつきました。そして彼の後ろについて走ろうと決めたんです。」

「ダニは素晴らしい走りでタイヤをかなりセーブして走っていました。自分も彼と同じようにリアタイヤをセーブしていたんです。ただ、自分の加速のほうが良かったので、彼は自分のようにフロントタイヤをセーブすることが出来なかったようです。そして自分はけしてハードにブレーキングをしませんでした。これで残り10周まで完璧な状態だったんです。正直達のラップタイムはあまり良くなかったので、後ろの状況がどうなっているかはまったくわかりませんでした。ただピットボードで後ろと離れていることがわかり、タイヤをセーブすることに集中しました。残り10周で前に出てプッシュしようとしたんですが、その時点で自分のリアタイヤは終わってしまっていることに気付きました。ただ、それはダニやマルクにしても同じことでしたので、ギャップを作る事が出来たんです。100%プッシュせずに優勝してしまったんですから妙なフィーリングですよね。こんな事は今までありませんでした。

 

ニック・ハリス

「ムジェロではチャンピオンシップを考えるのは現実的ではないと話していましたが、これは皆が繰り返し聞くことです。現時点ではマーべリック・ビニャーレスから7ポイント差ですが。 」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「毎週末とチャンピオンシップ全体を考えると無理でしょうね。毎週が大きく変わりますし、誰も予想が出来ません。昨年もそうですが今年もさらにそうです。毎週末まったく違う展開になります。チャンピオンシップ争いは考えていませんからプレッシャーは特に感じません。それに現時点ではバイクの開発に本当に集中していますから。ムジェロの前で何かを変更したというのはなくて、ル・マンで30秒の差があったとしたら、今もそれは変わっていません。ただムジェロは自分達にとって最高のトラックなんです。今週末は誰にとっても本当に妙な週末だったと思います。そして自分達は全てを良い形でコントロールをする事が出来たと感じています。それでレースで完璧な戦略で戦う事が出来ました。この2つの週末での仕事の仕方には満足しています。」

 

ニック・ハリス

「アッセンのレースは全く別のレースとなりますね。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「前にもお話したように、アッセンで何が出来るかどうかはわかりませんし、あまり考えたくないんです。ここでも競争力を発揮出来ると思っていない中で優勝出来ましたから。リラックスした状態でいたと思っていて、そうすればバイクのポジティブな点とネガティブな点をしっかりと理解出来ると思うんです。そうすればバイクのポテンシャルをしっかりと使う事が容易ですしレースの中で最大の力を発揮することが出来ます。こういう形でレースを進めていきたいと思っていますし、毎週末競争力を発揮するために何が必要かという内容について改善を続けていきたいと思っています。」

 

ニック・ハリス

「ドヴィツィオーゾおめでとう。2009年ぶりに、Ducatiのライダーとして2連勝を果たしたライダーとなりました。それではマルク・マルケス。ドヴィが奇妙な週末だったと話していますが、あなたにとっては20ポイントを獲得した週末となりました。」

マルク・マルケス

「本当に難しい週末でした。特にレース前のフィーリングという点で難しいレースでした。レース前に5回も転倒しましたから。昨日は良かったんですが、今日はしっかりと寝るのが難しかったんです。(※原文ママ)ただ今日は良い日になると思ってウォームアップを始めたんですが、マシンのスターターに躓いて転んでしまい、一体何が起きてるんだ?という感じでした(笑)」

「ただチームがその後助けになってくれました。自分に「オースティンや昨年と同じマルクだから」といって励ましてくれたんです。自分はけして諦めませんでした。レースが始まるとダニロとの接触があって、また一体なにが起きているんだ?と思いましたが、その後は落ち着いてレースをコントロール出来るようになりました。今日はダニがライバルになると思っていたんです。ただ、今日はドヴィ後ろで走っていて、今日の強敵はドヴィだという風に考えを改めました。素晴らしいライディングをしていましたし、ストレートで負けている状態でしたし、タイヤが限界でしたからコーナーで攻めることが出来ませんでした。こんな状態でもプッシュをしたんですが、3周ほどプッシュした後にさすがにまた転倒はしたくないと思い20ポイントを確保する事にしました。」

 

ニック・ハリス

「20ポイントを獲得しましたが、チャンピオンシップにおいては離されている状態で、マーヴェリックが逃げています。」

マルク・マルケス

「そうですね。正直今日の目標は優勝でした。昨日4回も転倒したとは言え、やはり目標は優勝だったんです。今週は確か水曜か木曜にここに到着したんですが、そこでチームに今週はリスクを取ると話したんです。ただレースではさすがにこういう形でしたけどね。とは言え、ポジティブに捉える必要があると思います。というのも、昨日ここまで何回も転倒していなければ、今日転倒していたでしょう。ですから、練習走行で転倒して、レースでは限界の中で走ったほうが良いですよね。」

 

ニック・ハリス

「ピットレーンでの”転倒”は既に世界中を巡っていますが(笑)」

マルク・マルケス

「ええ(笑)でも表彰台でも皆さんが見たように、自分もああいうビデオを見るのは好きなんです。自分もあのビデオを見て、”俺、馬鹿だなw”と思いましたから(笑)ただヘルメットで下が見えませんでしたしね。あれは自分のミスですからメカニックに怒っているとかいうことはないんです。単純にレーストラックに集中していたんですよ。」

 

ニック・ハリス

「とは言え表彰台おめでとう。自分を笑い飛ばせるというのは重要なことですね。それではダニ・ペドロサ。5戦で4度目の表彰台となりましたが、ポールポジション獲得、レースをリードした事を考えると少し残念でしょう。ヘレスと同じような展開かと思っていたんですが。」

ダニ・ペドロサ

「ガッカリはしていません。全体的には良い週末でしたからね。難しい週末をしっかりとコントロールすることが出来ました。昨日はポールポジションを獲得して、今日は表彰台ですから。先週末と比べると良い週末ですよ。こうやってカルの前で表彰台を獲得出来たのは良かったです。今日は確かに難しかったですね。もう少し良いライディングが出来るものと当然思っていました。ただレースの中でタイヤから良い感触が得られず、もう少し速く走るという事が出来ませんでした。今日はレースの中でトップから2位、3位で走り、またリードすることも出来ました。タイヤを出来る限りの形でセーブしようとして走っていましたし、後続が非常に近いところにいるのもわかっていました。何度もドヴィツィオーゾがストレートで迫ってきて、自分を抜かないようにスロットルを緩めているのがわかったので、いずれ抜かれるのは理解していたんです。その時点で優勝は難しいと理解していました。」

「自分も今日はマルクがライバルになると思っていたんですが、実際はそれがアンドレアでした。かなりの驚きでしたが、今日が昨日ほどの状態では無いことは理解していました。先週は転倒してしまいましたから、今週はしっかりとキープすることが重要というのは理解していました。今日は転倒したくありませんでしたし、フィーリングが無い状態でしたが、ポイントを確保したいと思っていました。ただこうしてポイントを獲得出来たのは嬉しいですし、チャンピオンシップはかなり動いていますから非常に難しい状態だと思うんです。ホンダもヤマハも良い状態を維持するのに苦戦している状態です。それと比較するとDucatiはより安定しているように思えます。ですから、彼らは何かしら良い状態を保つ何かをしているということでしょう。明日のテストでは、こうした毎週末のコンスタントさという部分について作業をしたいと思っています。現時点ではこれが自分達に出来ることでしょう。」

 

ニック・ハリス

「アッセンはここまでの暑さにはならないでしょうね。」

ダニ・ペドロサ

「間違いなくここまで暑くなることはないでしょう。明日はまたテストがありますが、アンドレアが話していたように先にことは考えずに、集中して最高のフィーリングを得られるようにしたいと思っています。今までのチャンピオンシップがそうであるように、この先どうなるかということは予想出来ませんし、その時々の状況に出来る限りの形で対応するしかないんです。」

ニック・ハリス

「ダニありがとう。それでは私からは以上です。フロアからの質問をどうぞ。」

 

Q

「オースティンではレースの後にチームとともに2015年の状態に戻る必要があったというような話をしていましたが、今の2017年のバイクと比較していかがですか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「そんなことを言いましたかね?その当時はその状況に不満を述べていたんです。現時点では不満を述べようとは思いませんけどね。ただ、まだ改善が必要な部分があって改善が出来ていません。ムジェロは自分たちが競争力を発揮出来るトラックで、これは昨年も一昨年も同じでした。今日に関しては言い訳ではないんですが妙なレースでした。スピードがあったから勝てたわけではないんです。練習走行においてはマルクのほうが1周で0.8秒ほども速かったわけですし。ですから、まだスピードに関しては足りていないんです。ただ今回は良い週末が送れましたし、リラックスしてレースに挑む事が出来ました。全てを完璧にコントロールすることが出来ました。それに自分はDucatiの中では最も経験がありますから。」

「それにマルクも話していたように、タイヤのグリップが無かったので誰もプッシュが出来なかったんです。そして自分はストレートでアドバンテージがありました。それにDucatiのエンジンは速いですから。残念ながらこの結果は本当の意味でのDucatiの速さではないんです。ただ自分はポジティブに考えていますし、毎週末を今回のようなアプローチで送る事が出来れば、それが非常に重要だということです。ただ旋回性は未だに変わりませんし、いろいろな部分の限界点は4戦前と同じです。ですからネガティブな言い方はしたくないんですが、自分は現実的に物事を捉えているんです。自分はDucatiに5年いますし、バイクが5年でどう変わってきたかについても知っている人間は他にいません。いかにエンジニアがアプローチしているか、何を考えているかを他に知る人間もいません。」

「もし開幕前に話していたようにチャンピオンシップ争いをしたいのであれば、トップから25秒離されていたようなレースでも競争力があるという事を証明しなければなりません。ライバルのバイク、そして特にライダー達が強い状態の中ではチャンピオンシップ争いをするのは難しいでしょう。自分はそこは現実的に考えています。これで2週連続ですが、これで”良しチャンピオンシップ争いが出来るぞ”とは思いません。ただこの2週間がそうであったように、正しい方法でアプローチすれば違いを出す事が出来るんです。ただ、いくつかのトラックで何らかの限界点を感じるのであれば、やはり何かが足りないんです。それについて集中していく必要があります。7ポイント後ろとはいえ、チャンピオンシップ争いが出来るとは思っていません。

 

Q

「現時点でアンドレアがチャンピオンシップ争いの候補だと思いますか?それとも彼はあまりにも現実的過ぎますか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「通常はみんなネガティブっていうんですけどね(笑)」

マルク・マルケス

「候補だと思いますね。ムジェロとここでのライディングを見る限りはそうでしょう。ただアッセンやザクセンリンクといった、完全に作りが異なるサーキットでどうなのかというのは見てみる必要があります。その後のオーストリアでは速いでしょうし、ブルノも速い可能性があります。現時点ではチャンピオンシップにおいて多くのライダー達が前にいる状況です。そして彼らが前にいるという事は、自分たちよりも優れた事をしているということでしょう。」

ダニ・ペドロサ

「自分もそう思います。彼は多くの経験があり素晴らしいライディングをします。それにバイクの事もしっかりと理解していますから、バイクを毎戦いい形で動かす事が出来るでしょう。それに彼のコンスタントさは素晴らしいですから、こうして2戦連勝しているわけです。ですから、今まで以上に多くのライダーがチャンピオンシップ争いに絡んでいますよね。」

 

Q

「2連勝するまではガレージの雰囲気はそこまで良くなかったと思いますが、この2勝がDucatiの雰囲気を変えたと思いますか?また私は1人のエンジニアを良く知っているんですが、エンジニアに関しては何かしらの変更が必要だと考えていますか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「勝利すると間違いなくそれが変化をもたらします。特に自分に関してはMotoGPではそこまで勝利数があるわけではありませんからね。優勝はライダーを大きく助けるのは間違いありません。それに一緒に働いている仲間にしても、自分が2勝すれば自信も持てますし、よりリラックス出来るでしょう。オースティンでは正直頭に来ていたんです。自分達に足りないものは2年間改善されていないわけですから。自分はDucatiがチャンピオンシップ争い出来るポテンシャルがあると思っているんですがそれでもまだ足りない内容があるんです。ですから自分達に2年間不足している物事に関して集中する必要があると思います。スピードや加速など、ウイングレットの登場前からライバルを凌駕している部分がありました。ただ未だに明らかにライバルに比べると劣っている部分があり、これは毎週末、そしてチャンピオンシップ争いをする上で、本当に重要なことなんです。」

 

Q

「初優勝と2勝目の間に7年がありました。もし2勝目と3勝目の間に7ヶ月、3勝目と4勝目の間に7日だとすると、7時間後にまたレースをしたいですか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「(笑)いやいや。まずはゆっくり休みたいですね。それに今日はパーティーをしないと(笑)」

 

Q

「今日の転倒によって失った部分はあったのでしょうか?アドレナリンが抜けた後は、明日は23歳、24歳ではなく、43歳のように感じたりすると思いますか?」

マルク・マルケス

「もちろん今週末はハードでした。レース前はフィジカル面では特にハードには感じていませんでした。もちろんこれは危険なスポーツですが、自分はこれについては気にしていません。レースで転倒したとしたら、疲れを感じるかもしれませんけどね。それにチームも転倒に関しては”徹夜で作業すれば直せるから心配するな”と言ってくれました。それに限界までプッシュするのは自分のスタイルです。ただ昨日はライディングがまったく異なっているということに気が付きました。テストでは全く同じように乗っていたのに、今週末は同じように乗って妙な感触だったんです。特にフロントタイヤに関してはそういう感触でした。ただ、けして諦めずプッシュを続けました。自分は強い人間ですし自分自身を信じてもいます。自分達はいつもこういう形ですし、これが自信を与えてくれるんです。」

 

Q

「ドヴィツィオーゾ、今年でDucatiは4年目、5年目ですか。バイクの改善については常にハードワークを続け、昨年1勝、今年は2勝をあげました。今回の2勝には今まで培った自信も関係あるのですか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「小さな物事が大きな違いを生み出すと言いますけど、昨年の中頃に人生について多くの事がわかったと思うと話していますが、これは人生においてもスポーツにおいても異なる方法でアプローチする事に役立っています。そしてそれ以降は結果が向上してきたんです。ですからこれに関しては非常に嬉しく思っていますし、よりリラックスしていること、いくつかの事に関しての実態を理解しているという事を嬉しく思っています。これらを一緒にして最大の結果を得ることが出来るんです。誰もが限界で戦う中では、小さな物事が大きな違いを生み出すんですよ。例えばFP3では自分にとってトップ10に残るのは非常に難しいことだったんです。もしあそこで上手くいっていなければ、全く別の週末になっていたでしょう。」

「昨年とは小さな違いを感じていますが、それが今年大きな違いを生み出しているんです。ただ、これはいつもいくつかの物事によるんです。昨年と比較した時のバイクの違い、ネガティブな点、ポジティブな点、今年のチャンピオンシップの違い、タイヤも時には良い働きをし、時には駄目な時もあり、時にはDucatiにとって良い働きをすることもあれば、時には他のメーカーにとって有利に働く事もあります。ですから、アプローチの仕方の違いが、違いを生み出すんです。ですから、そういう意味では間違いなく助けになりましたね。」

 

Q

「娘さんにトロフィーを獲得出来たことおめでとうございます。そレにしても8日で、9シーズンの優勝数と同じ数だけ優勝したことを、どのように説明しますか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「さきほどもお話ししたように、何をすべきかという事に気づくのが遅すぎたんですよ。ただ、正直この2勝がなんで出来たのか正直わかっていないんです。ただ、嬉しいというだけです。」

 

Q

「昨年の中頃に人生について気がついた事があったという面白い話がありました。どういうことなのか教えてもらえますか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「誰かに会ってその人が何かを説明しますよね。それを自分はまた別の捉え方をするわけです。人というのは異なる物事を、異なる瞬間に理解して成熟して行くことが出来ると思うんです。小さなことですけど、これが大きな違いを生み出すんです。」

Q

「この気付きを得たのは人生の中で少し遅かったと感じるか、それとも適切なタイミングだったと思いますか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「自分はそこまで年を食っているとは思っていませんけどね(笑)」(※会場笑)

 

ニック・ハリス

「以上ですか?皆さんありがとうございました」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017ロリス・バズ「マルケスに勝てるのはビニャーレスだけ」
★MotoGP2017カタールGP ビニャーレス「自分達のベストを尽くす」
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「リアグリップを改善出来れば可能性あり」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「ザルコがここまで速いとは思っていなかった」
★MotoGP2017 KTMヘレスGPまでは大きなアップデートはなし
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロレンソ「良いセッティングを早めに見つけたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「ここで新しいフロントタイヤを試すのは面白いだろう」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「良いペースだということが最も重要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「時にはこんな日もある。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP アブラハム「Ducatiはいつだって素晴らしいバイク」
★MotoGP2017アルゼンチンGP バズ「ロレンソの転倒でチャンスを失った」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017アメリカGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP フォルガー「ヘレス戦を待ち望んでいた」
★MotoGP2017ヘレスGP ロッシ「今週も最大の力で良いレースをしたい」
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「フロントのグリップをいかに維持できるかが鍵」
★MotoGP2017カタルーニャGP 決勝レース結果
★MotoGP2017カタルーニャテスト ロッシ「新しいシャーシでライディングが楽しくなった。」
★MotoGP2017オランダGP予選4位 ロッシ「面白いレースになる」
★MotoGP2017オランダGP予選11位 ビニャーレス「ポールポジションを狙える思っていた」