★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「新しいフェアリングは明らかに利点がある」

アプリリアのロマーノ・アルベシアーノが、アプリリアの新型フェアリングなどについてインタビューで語っている内容をご紹介します。確か昨年はDucatiと同様にウイングレット容認派だったはずですが、いつのまにかウイングレットは危険だという主張になっているようです。

Sponsored Link

ロマーノ・アルベシアーノ

「どうやらフェアリングはもはや皆が関心を持っている対象というわけではないようですね。ただ理論的には明らかに良い点があるんです。ですから、これが昨年のウイングレット同様にライダー達にも受け入れられるようにしないとと思っています。このコンセプトを信じていますし、作業を進めていきます。」

「我々はこのコンセプトは非常に良いものだと思っています。風洞試験の結果も良いですし、サムはいつもこれを試す度にこのカウルのままで走りたいと言うんです。ですから作業は続ける必要があります。というのも2人のライダーのうち1人しかこれを使用していませんから。あまり力をいれているわけではありませんが、カタルーニャでコンセプトをさらに理解するためにテストが必要な内容があり、さらにこれを進めていきます。」

「ウイングレットのデザイン、ウイングの形状を考える前に、フロントフェアリングの風の流れを理解出来れば、安上がりで簡単ですよね。ただ今やこれらを作成するのはCFD(数値流体力学)のシミュレーションが必要で、これは非常に複雑なんです。正直なところ昨年使用していたウイングレットは非常に危険なものでした。これは簡単に他のバイクに接触する可能性もありますし。これはなんとかして修正される必要がありました。」

サム・ロウズ

「ヘレスからずっとこのカウルを使用しています。テストでまた何か試す内容があるかもしれません。同じ方向性ですが最高速をそこまで犠牲にしないものです。恐らく最高速に関しては1km/hから1.5km/h遅くなるだけで済むでしょう。このカウルはコーナーの立ち上がりでメリットを感じます。特にロングコーナーではそうですね。コーナー進入は少し重くなるので、アレイシはこれが気に入らないみたいです。ただ、ムジェロでは全てのコーナーに深く進入する必要があるので悪くないんですよ。つまりいろんなところで利用が出来ると思うんです。フィリップアイランドでは風で無理でしょうけどね。10月にはかなり見た目も変わっているんじゃないでしょうか。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 データから見るカタールテスト3日目
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「ここで新しいフロントタイヤを試すのは面白いだろう」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「貴重なポイントを持ち帰る事が出来た」
★MotoGP2017 ケニー・ロバーツ・ジュニア 今週末のアメリカGPでMotoGP殿堂入り
★MotoGP2017アメリカGP マルケスのスペシャルヘルメット”GiveMe5”
★MotoGP2017ホルへ・ロレンソ インタビュー「Ducatiへの移籍は自分のため」
★MotoGP2017フランスGP 予選2位ロッシ「新しいアスファルトが良い仕事をしている」
★MotoGP2017フランスGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017イタリアGP Q2結果
★MotoGP2017カタルーニャテスト ビニャーレス「再び良い感触でライディング出来た」
★MotoGP2017オランダGP Q2結果
★MotoGP2017 サーキット・オブ・ウェールズのレース開催準備は遅々として進まず。
★MotoGP2017チェコGP マルケス「ブルノはフィジカル面で要求の多いトラック」
★中本修平氏 ドルナでタレントプロモーション部門のマネジメンを担当
★MotoGP2017チェコGP 優勝マルケス「このチャンピオンシップは長い戦いになる」
★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「ブルノと同様の感覚を得ることが重要」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ オーストリアGPプレビュー
★MotoGP2017イギリスGP レッドブル・リンクでの雪辱を果たすことを誓うアプリリア
★MotoGP2017サンマリノGP ロッシ「既に理学療法をスタートしている」
★MotoGP2017サンマリノGP 予選5位ロレンソ「雨が降っても良いレースが出来る」