★Ducati 7月7日にラグナ・セカでパニガーレRのファイナルエディションを発表?

Ducatiはパニガーレに変わるV4エンジンのスーパーバイクを製作していると言われていますが、どうやらパニガーレ最後のモデルとして特別モデルが登場するようです。お披露目はWSBKラグナ・セカ戦が開催される7月7日とのこと。

Sponsored Link

Ducatiは7月7日のワールドスーパーバイク ラグナ・セカ戦で公開される新型モデルの新たなティーザービデオを公開した。このビデオは「終わりが全てのストーリーを語る」と題したものだ。このビデオからはDucatiパニガーレRの最終モデルになるであろう車両の片鱗が伺える。

Rモデルに関しては未だに1198ccのスーパークアドロエンジンを使用しており、1299パニガーレとパニガーレSは1285ccのエンジンを使用している。Ducatiはどちらも202馬力を発生するとしているが、1299エンジンほうがトルクが6.2lb-ft多いことから、より早く最高馬力に到達する。

レース用のホモロゲーションによって排気量は1200ccに制限されているので、DucatiがパニガーレRをWSBKのベース車両という位置づけに起き続ける限りは、その排気量は1200ccを超える事は出来ない。しかし、Ducatiは新たなV4エンジンのモデルの開発を進めているとされており、今回の新型1199パニガーレRは本当の意味でのファイナルエディションになる可能性が高く、これはビデオのタイトルとしても説明されている。

ヘッドライト、テールライト、ボディワークは現行の1299パニガーレモデルと同様に思える。しかしながら、エキゾーストに関しては1299スーパーレッジェーラに採用されているものと同タイプのアクラポビッチ製エキゾーストが装着されている。このショートツインエキゾーストは、1299パニガーレや、現行の1199パニガーレRと異なり、高めの位置に装着されている。これはEuro4を満たしているスーパーレッジェーラにおける重要なポイントであり、現行の1299と1199パニガーレRはEuro4を満たしていない。そして今後はこのエキゾーストがDucatiスーパーバイクレンジに採用されていく可能性が高い。

ティーザービデオは赤と白のボディワークしか映していないが、同時に公開されたイメージではグリーンが確認され、イタリア国旗のトリコロールカラーとなっていることがわかる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 エクトル・バルベラ「怪我を嘆いても仕方ない」
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Avintia Ducati写真ギャラリー
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Pramac Ducati写真ギャラリー
★スズキ GSX-Sシリーズの新型モデル「GSX-S750 ABS」を発売
★Ducati851を被った1199スーパーレッジェーラ
★MotoGP2017カタールGP バウティスタ「日曜ではなく月曜開催のほうが良かった」
★MotoGP2017 Ducati ハンマーヘッドの実戦投入はまだ先
★ハスクバーナ(Husqvarna) フューエルインジェクション2ストロークモデルをラインナップ
★往年の空冷ファンに捧げる XTR Pepo  Pata Negra
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「トップ8獲得が目標」
★マン島TT、TTXGPなどで活躍したTork 初の市販電動バイクとなるT6Xを発表
★MotoGP2017 ミケーレ・ピッロ「ロレンソの仕上がり具合はオースティンでわかる」
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「目標は常にDucati最高位でレースを終えること」
★MotoGP2017ケーシー・ストーナー 5月23日からのバルセロナテストに参加
★トライアンフ TIGER 800XRT / TIGER 800 XCA 限定導入のご案内
★MotoGP2017イタリアGP ロレンソ「常に優勝するというメンタルで臨むことが必要」
★MotoGP2017イタリアGP 優勝ドヴィツィオーゾ「Ducatiでムジェロで優勝する以上の事は望めない」
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「イタリアよりも高い戦闘力を発揮出来る」
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「小さな違いが大きな違いを生み出す」
★MotoGP2017オランダGP予選5位 レディング「ドライでレースをするのは、かなり厳しい」