★Ducati 7月7日にラグナ・セカでパニガーレRのファイナルエディションを発表?

Ducatiはパニガーレに変わるV4エンジンのスーパーバイクを製作していると言われていますが、どうやらパニガーレ最後のモデルとして特別モデルが登場するようです。お披露目はWSBKラグナ・セカ戦が開催される7月7日とのこと。

Sponsored Link

Ducatiは7月7日のワールドスーパーバイク ラグナ・セカ戦で公開される新型モデルの新たなティーザービデオを公開した。このビデオは「終わりが全てのストーリーを語る」と題したものだ。このビデオからはDucatiパニガーレRの最終モデルになるであろう車両の片鱗が伺える。

Rモデルに関しては未だに1198ccのスーパークアドロエンジンを使用しており、1299パニガーレとパニガーレSは1285ccのエンジンを使用している。Ducatiはどちらも202馬力を発生するとしているが、1299エンジンほうがトルクが6.2lb-ft多いことから、より早く最高馬力に到達する。

レース用のホモロゲーションによって排気量は1200ccに制限されているので、DucatiがパニガーレRをWSBKのベース車両という位置づけに起き続ける限りは、その排気量は1200ccを超える事は出来ない。しかし、Ducatiは新たなV4エンジンのモデルの開発を進めているとされており、今回の新型1199パニガーレRは本当の意味でのファイナルエディションになる可能性が高く、これはビデオのタイトルとしても説明されている。

ヘッドライト、テールライト、ボディワークは現行の1299パニガーレモデルと同様に思える。しかしながら、エキゾーストに関しては1299スーパーレッジェーラに採用されているものと同タイプのアクラポビッチ製エキゾーストが装着されている。このショートツインエキゾーストは、1299パニガーレや、現行の1199パニガーレRと異なり、高めの位置に装着されている。これはEuro4を満たしているスーパーレッジェーラにおける重要なポイントであり、現行の1299と1199パニガーレRはEuro4を満たしていない。そして今後はこのエキゾーストがDucatiスーパーバイクレンジに採用されていく可能性が高い。

ティーザービデオは赤と白のボディワークしか映していないが、同時に公開されたイメージではグリーンが確認され、イタリア国旗のトリコロールカラーとなっていることがわかる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ドヴィツィオーゾ「ダウンフォースは以前のウイングレットに非常に近い」
★スズキ 新型GSX-R750/隼を開発中との噂
★BMWモトラッドUSA K1600BのUS価格を発表
★ヤマハ 「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」2017年モデル発売
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「トップ8獲得が目標」
★MotoGP2017アメリカGP ドヴィツィオーゾ「COTAでは高い戦闘力を発揮出来る」
★スズキ 2018年モデル GSX-S1000 ABS 7月発売予定
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「目標は常にDucati最高位でレースを終えること」
★Ducati ロレンソ選手の誕生日を祝うスペシャルビデオを公開
★MotoGP2017フランス 6位ロレンソ「スターティンググリッドを考えるとポジティブなレース」
★BMWモトラッド コンセプトモデル「Concept Link」を発表
★MotoGP2017イタリアGP 5位バウティスタ「今回は本当の意味での5位」
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「チャンピオンシップ争いをするのは難しい」
★MotoGP2017 Avintia Ducatiロリス・バズ 腕上がりの手術成功
★二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した原付一種スクーター「ジョグ CE50ZR」 Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定発売 現行「ジョグ」シリーズも...
★MotoGP2017チェコGP ドヴィツィオーゾ「チャンピオンシップ争いに参加するにしても気分はリラックスしている」
★スズキ、新型125ccスクーター「アドレス125」を発売
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR900 ABS」の新色を発売
★MotoGP2017オーストラリアGP ロレンソ「引き続き全力で挑んで行く」
★ヤマハ EICMAで2018年型XT1200ZE スーパーテネレ・レイドエディションを発表