★MotoGP2017オランダGP3位 マルケス「今日は最終ラップだけプッシュした」

今回は上位で走りながら、周りの選手の出方を伺っているような走りかたをしていたマルケス選手ですが、最後の最後にクラッチロー選手を抜いて3位を獲得しました。結果的には安定感ナンバーワンのドヴィツィオーゾ選手がチャンピオンシップトップにいるわけですから、そういった走りを意識するのも当然ですね。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「トリッキーで難しいレースでした。チャンピオンシップにおいてポイントを失ったり得たりするようなレースとなりました。今日は表彰台でレースを終えたかったので、安全方向でレースをしました。優勝を狙う事も出来ましたが、あまりにも危険で転倒のサインが何度かありました。そのためコンスタントに走ることにして、最終ラップだけプッシュしたんです。リミットがわからなかったので、他のライダー達の動向にはしっかりと集中していました。最終的には良い形でプッシュが出来ましたし、今日はロッシとダニロが最速でした。ダニロは単純にプッシュしていてチャンピオンシップを考える必要はないわけですけど良い走りでした。しかしようやく、自分達も良い形で走る事が出来るトラックにやってきたという感じですね。」

「ピットボードでカルが迫っているのはわかっていましたが、彼はチャンピオンシップを争っているわけではありませんからリスクを冒す事が出来ます。最終ラップに彼を抜こうとして上手く行きましたね。多くのアップダウンがあり、既に転倒も2回してますから、こうしたしっかりと11ポイントを獲得するというのが重要でした。チャンピオンシップトップのドヴィツィオーゾはこうした点が本当に素晴らしいですよね。チャンピオンシップはまだまだ長いですから、しっかりとこういう走りを続けていく必要があります。ドイツはホンダでは過去には良い結果が得られているサーキットです。ただ今回はアスファルトが新しいですから、それで何か感触が変わるかもしれません。あらゆる状況に対処出来るようにしておく必要があります。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP ジョナス・フォルガー「この結果に驚きはない」
★MotoGP2017アメリカGP クラッチロー「COTAはセットアップに時間がかかる」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「小排気量カテゴリーにも注目して欲しい」
★MotoGP2017アメリカGP予選9位 クラッチロー「転倒がなければ3番手だった」
★マルケスの2016年チャンピオンシップを追ったドキュメンタリー「From Cervera to Tokyo」が公開
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「目標は常にDucati最高位でレースを終えること」
★MotoGP2017ヤマハ マッテオ・フラミニが語るロッシと電子制御
★MotoGP2017ヘレスGP Q2結果
★MotoGP2017 ヴァレンティーノ・ロッシ「MotoGPクラスにVR46で参戦するつもりはまだない。」
★MotoGP2017 5/23時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017イタリアGP 予選2位ロッシ「明日はタフなレースになる」
★MotoGP2017ドイツGP 予選4位クラッチロー「ホンダで上位3位を獲得したい」
★MotoGP2017 コラード・チェッキネッリ「メーカー独自IMUがチートに使われている可能性がある」
★MotoGP2017オーストリアGP3位 ペドロサ「タイヤのロック、スピンが発生し苦戦した」
★MotoGP2017オーストリアGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017サンマリノGP 優勝マルケス「キャリアの中でもベストと言えるレース」
★MotoGP2017アラゴンGP クラッチロー「フロントブレーキに良いフィーリングが無かった」
★MotoGP2017オーストラリアGP FP1結果
★MotoGP2017オーストラリアGP FP4結果
★MotoGP2017マレーシアGP FP4結果