★MotoGP2017 6/27時点でのポイントスタンディング

オランダGPを終えてのポイントスタンディングとなります。ビニャーレス選手が転倒リタイアしたことを受けて、チャンピオンシップトップに立ったのはドヴィツィオーゾ選手2位は僅か4ポイントで後を追うビニャーレス選手。3位のロッシ選手はビニャーレス選手と3ポイント差、4位のマルケス選手はロッシ選手と4ポイント差となり、トップ4選手が11ポイントの中にいるという接戦となっています。

Sponsored Link

やや離れた5位にはペドロサ選手。6位となっているのはザルコ選手。オランダGPではマシン交換というギャンブルが外れましたが、判断力の速さが光りました。7位になったのはペトルッチ選手。オランダGPで獲得した2位が大きくチャンピオンシップに影響しています。8位はロレンソ選手。ペトルッチ選手とは対象的にオランダGPで惨憺たる結果だったことが大きく順位を下げる原因となりました。

9位のクラッチロー選手もオランダGPで大きくポイントを積み重ねています。10位のフォルガー選手はオランダGPでは転倒リタイアとなり、開幕から続けてきた全戦完走、全戦ポイント獲得が途切れてしまいました。

次回のMotoGPは今週末のドイツ、ザクセンリンクで7月2日の開催となります。このザクセンリンクの後は、8月6日のブルノ戦まで夏休みとなります。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★ドルナCEOカルメロ・エスペレーター「スパ・フランコルシャンでのMotoGP開催は現時点では不可能」
★MotoGP2017カタールテスト2日目結果
★MotoGP2017ミシュラン カタールGPプレビュー
★MotoGP2017カタールGP マルケス「明日は表彰台獲得が目標」
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「週末に向けて準備は出来ている」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 決勝レース結果
★MotoGP2017アメリカGP2位 ロッシ「オースティンで最高の結果になった」
★MotoGP2017アメリカGP7位 イアンノーネ「完走を優先してレースを終えた」
★MotoGP2017ヘレスGP Q2結果
★3回目の開催となる「ヤマハ・VR46・マスター・キャンプ」の選手たちがキャンプを卒業
★Eskil Suter 「MMX500はMotoGPマシンとも互角に戦える」
★MotoGP2017フランスGP ペドロサ「新しい路面の状況が気になる」
★2017年フランスMotoGPに採用されたブレンボ製ブレーキングシステムのメリットを解説します
★MotoGP2017 5/23時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017イタリアGP アレイシ・エスパルガロ「良いポイントを獲得することが重要」
★MotoGP2017イタリアGP 予選3位ドヴィツィオーゾ「優勝争いが出来ると思う」
★MotoGP2017カタルーニャGP 8位ロッシ「10周でスローダウンせざるを得なかった」
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「ザクセンでもベストを尽くす」
★MotoGP2017ドイツGP 予選3位ペドロサ「先週と同様のコンディションで良い仕事が出来た」
★Triumph(トライアンフ)のMoto2エンジン採用に向けて進む準備