★MotoGP2017オランダGP リンス「ペトルッチには申し訳ない」

復帰後初レースは非常に厳しいコンディションの中でのレースウィーク、レースとなったリンス選手。フラッグtoフラッグでリスクを冒したことによって、最終的には周回遅れでのゴールとなりました。ペトルッチ選手の進路妨害となった件についてはブルーフラッグが見えなかったと語っています。

Sponsored Link

「今回のレースは嬉しく思っています。ドライ、ウェット、フラッグtoフラッグという全ての状況を経験出来たというのは良かったですね。レースのスタートは良くなく、ペースを見つけるのに苦戦しました。ただ、その後に自信を持つことが出来、オーバーテイクをして順位を挽回出来ました。雨が降り出した時、バイクを交換するというリスクを冒しました。というのも既に快適に感じなくなっており、これからさらに雨が強まると思ったんです。ただ雨は強まらず、単純にタイムをロストする結果となりました。ただ、これは自分にとって新しい経験にもなったと思います。最終ラップに関しては申し訳なく思っています。ブルーフラッグが見えず、自分のポジションがペトルッチの走行を妨げる結果となりました。彼には謝罪を述べたいと思います。」

(Photo courtesy of Suzuki racing)

<Suzuki racingプレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 ダニ・ペドロサ「自分を信じてベストを尽くす」
★MotoGP2017カタールGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017 マルケス「アルゼンチンはタイヤライフに注意が必要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP1結果
★MotoGP2017アメリカGP4位 クラッチロー「ヨハンを抜くのに手こずった」
★MotoGP2017ヘレステスト ギュントーリ「トップとの差は思ったほどではなかった」
★バレンティーノ・ロッシ「さようなら。ニッキー。」
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「カタール以来の良いフィーリング」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタルーニャGP 写真ギャラリー
MotoGP2017ドイツGP イアンノーネ「金曜序盤のラップのグリップがどうなるか」
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「2019年はDucatiファクトリーで走りたい」
★MotoGPカレル・アブラハム 2018年もAspar Ducatiから参戦
★MotoGP2017イギリスGP 5位ロレンソ「Ducatiで走った中で最高のレースだった」
★MotoGP2017ヤマハ シルバーストーンで2018年型プロトタイプシャーシを使用していた
★MotoGP2017ティト・ラバト 2018年はReale Avintia Ducatiから参戦
★MotoGP2017オーストラリアGP ビニャーレス「チャンピオンシップは終わっていない」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ オーストラリアGP決勝レースリリース
★ケヴィン・シュワンツのペプシ・スズキ・RGV500のフルレストアが行われる
★MotoGP2018 アンドレア・イアンノーネ「忍耐と集中が成功への道」