★ホンダ 2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズ 最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会 参戦体制について

三重県・鈴鹿サーキットにて、7月30日(日)に決勝レースが行われる「2016-2017 FIM※1世界耐久選手権シリーズ(以下、EWC)最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会」(以下、鈴鹿8耐)に参戦する主なHondaチームの体制が決定しました。

40回目の大きな節目を迎える今年の鈴鹿8耐に各主要チームは新型CBR1000RR SP2で参戦し、タイトル奪還を目指します。

Sponsored Link

今季、開幕からEWCに参戦し、この鈴鹿8耐で最終戦を迎えるF.C.C. TSR Hondaは、FIMスーパーバイク世界選手権シリーズで活躍中のステファン・ブラドルと、FIMロードレース世界選手権(以下、MotoGP)Moto2クラスに参戦中のドミニク・エガーターを迎え、優勝を狙います。

MuSASHi RT HARC-PRO. Hondaは、これまでに3度の鈴鹿8耐優勝経験を持ち、現在、MFJ※2全日本ロードレース選手権(以下、JRR) JSB1000クラスに参戦中の高橋巧と、MotoGP Moto2クラスに参戦中の中上貴晶に加え、昨年のMotoGPオランダGPで優勝し、鈴鹿8耐に初参戦となるMotoGPライダー、ジャック・ミラーを迎え、3年ぶりの優勝を目指します。

昨年の鈴鹿8耐でHonda勢最上位となる8位を獲得した、参戦6年目のSatu HATI. Honda Team Asiaは、FIM CEVレプソルMoto2ヨーロッパ選手権に参戦中のディマス・エッキー・プラタマと、FIM アジア ロードレース選手権に参戦中のラタポン・ウイライロー、ザクワン・ザイディの体制で、今年も上位入賞を目指して挑戦します。
また、au&テルル・Kohara RTはJRR JSB1000クラスに参戦中の秋吉耕佑、FIMスーパースポーツ世界選手権に参戦中の大久保光、MotoGP Moto2クラスに参戦中の長島哲太の体制で臨みます。Honda Dream RacingはJRR JSB1000クラスに参戦中の山口辰也を中心にチームを編成します。そして、9年ぶりに鈴鹿8耐へ復帰するMORIWAKI MOTUL RACINGは、JRR JSB1000クラスに参戦中の高橋裕紀と清成龍一の体制で優勝を目指します。
さらに、Honda DREAM RT 桜井ホンダは、JRR J-GP2クラスに参戦中の水野涼と英国スーパーバイク選手権のジェイソン・オハローランを迎え、2年ぶりの参戦となります。Hondaに部品を供給するサプライヤー16社の連合によるTeam SuP Dream Hondaは、4度の鈴鹿8耐優勝経験を持つベテランライダーの伊藤真一に、EWC参戦中のグレッグ・ブラック、ジョシュ・フックを迎え、上位入賞を目指します。

※1FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
※2MFJとは、Motorcycle Federation of Japan(一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会)の略称

F.C.C. TSR Honda


ステファン・ブラドル
「EWCで戦うF.C.C. TSR Hondaのチームの一員として走ることができて大変光栄です。また、40回目を迎える歴史ある鈴鹿8耐に参戦できることもうれしく思っています。長時間の厳しいレースに向け、新型CBR1000RR SP2のセットアップをチームと一緒になって積み重ねていくことは、いつものレースとは違う難しさもあると思いますが、優勝という大きな目標に向かっていきたいと思います」


ドミニク・エガーター
「今年もF.C.C. TSR Hondaのチームで鈴鹿8耐を戦えることをうれしく思います。昨年は思いもよらない転倒を喫してしまいましたが、チームの懸命のリカバリーの結果、ゴールを迎えることができました。今年もシビアなレースになると思いますが、優秀なチームと、新型CBR1000RR SP2で鈴鹿8耐を迎えることは非常に楽しみです。今回も表彰台を目指し、全力で走ります」

MuSASHi RT HARC-PRO. Honda


高橋 巧
「今年も再び、最高のチームであるMuSASHi RT HARC-PRO. Hondaの一員として鈴鹿8耐を迎えることができ、とてもうれしく思っています。新型CBR1000RR SP2というマシン、中上選手、ミラー選手という強力なチームメートにも恵まれました。ここ2年間の鈴鹿8耐は不運な結果で悔しい思いをしていましたが、チーム全員の力で王座奪還を目指し、頑張ります」


中上 貴晶
「久しぶりの鈴鹿8耐となりますが、第40回記念大会という大きな節目のレースで再び参戦できることを大変光栄に思っています。MuSASHi RT HARC-PRO. Hondaのメンバーとして、これまでの経験を活かしセットアップを進め、ベストを尽くして戦います。ハイレベルで厳しい戦いになると思いますが、強力なチーム体制の下、優勝を目指していきたいと思います」


ジャック・ミラー
「歴史ある鈴鹿8耐に、高い実力を持つMuSASHi HARC-PRO. Hondaから初めて参戦することとなり、胸が躍っています。普段のロードレースとは違った耐久レースへのチャレンジは、自分が大きく成長できるチャンスだとも思っています。強力なチームのメンバーとともに、タフなレースを戦い抜き、表彰台の頂点を目指します」

 

【鈴鹿8耐に参戦する主なHondaチーム】

ゼッケン チーム名 マシン ライダー名
5 F.C.C. TSR Honda
(エフ・シー・シー・
ティーエスアールホンダ)
CBR1000RR SP2 ステファン・ブラドル
(Stefan Bradl)
ドミニク・エガーター
(Dominique Aegerter)
未定
(TBA)
19 MORIWAKI MOTUL RACING
(モリワキ・モチュール・
レーシング)
CBR1000RR SP2 高橋 裕紀
(Yuki Takahashi)
清成 龍一
(Ryuichi Kiyonari)
未定
(TBA)
22 Satu HATI. Honda Team Asia
(サトゥ・ハティ・
ホンダ・チーム・アジア)
CBR1000RR SP2 ディマス・エッキー・プラタマ
(Dimas Ekky Pratama)
ラタポン・ウイライロー
(Ratthapong Wilairot)
ザクワン・ザイディ
(Md Zaqhwan Zaidi)
72 Honda DREAM RT 桜井ホンダ
(ホンダ・ドリーム・アールティー・
サクライホンダ)
CBR1000RR SP2 水野 涼
(Ryo Mizuno)
ジェイソン・オハローラン
(Jason O’Halloran)
未定
(TBA)
79 Team SuP Dream Honda
(チーム・サップ・ドリーム・ホンダ)
CBR1000RR SP2 伊藤 真一
(Shinichi Ito)
グレッグ・ブラック
(Gregg Black)
ジョシュ・フック
(Josh Hook)
090 au&テルル・Kohara RT
(エーユーアンドテルル・
コハラ・レーシングチーム)
CBR1000RR SP2 秋吉 耕佑
(Kosuke Akiyoshi)
大久保 光
(Hikari Okubo)
長島 哲太
(Tetsuta Nagashima)
104 Honda Dream Racing
(ホンダ・ドリーム・レーシング)
CBR1000RR SP2 山口 辰也
(Tatsuya Yamaguchi)
未定
(TBA)
未定
(TBA)
634 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda
(ムサシ・アールティ・ハルク・
プロ.ホンダ)
CBR1000RR SP2 高橋 巧
(Takumi Takahashi)
中上 貴晶
(Takaaki Nakagami)
ジャック・ミラー
(Jack Miller)

<ホンダ プレスリリース>

※上記参戦体制は、6月22日時点のもので、変更となる場合があります
※ゼッケン番号に基づいた順で、チーム名を掲載しています

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト レプソルホンダ写真ギャラリー
★無限 東京モーターサイクルショーで電動モトクロッサー「無限E.REX」を発表
★ル・マン24時間耐久レース優勝 GMT94ヤマハ3選手のコメント
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「COTAは自分にとってベストのコース」
★HRC Image Galleryを公開
★MotoGP2017ミシュラン MarcVDSと人工的なウェット路面でレインタイヤをテスト
★MotoGP2017フランスGP ダニ・ペドロサ「一番重要なのはコンスタントさ」
★MotoGP2017フランスGP ペドロサ「リアグリップを感じられなかった」
★MotoGPクラスの選手達からの、ヘイデン選手への言葉
★ホンダ 世界中でスーパーカブを楽しむ人たちを写真でつなぐフォトプロジェクト「Love Cub Snap」をスタート
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から6時間での順位
★MotoGP2017ドイツGP 予選3位ペドロサ「先週と同様のコンディションで良い仕事が出来た」
★"コカ・コーラ"鈴鹿8耐 公開合同テスト  7月11日 総合結果
★MotoGP2017 Pramac Ducati、レプソルホンダ、ブルノでテストを開始
★鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連勝、GMT94ヤマハが世界耐久選手権においてチャンピオンシップ優勝
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ランディ・ド・プニエ「8耐でホンダに乗ることが出来たのは本当に誇らしい」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「ブルノはフィジカル面で要求の多いトラック」
★MotoGP2017オーストリアGP 予選1位マルケス「今日のようなフィーリングなら優勝争いが出来る」
★MotoGP2017サンマリノGP クラッチロー 左手人差し指を怪我するもレースには出場予定
★MotoGP2017日本GP ペドロサ「日本でのレースは本当に楽しみ」