★MotoGP2017ドイツGP マルケス「落ち着いてレースに取り組む事が必要」

アッセンでは落ち着いた走りでトップグループに付いていき、最後の最後でクラッチロー選手との勝負を征して3位を獲得したマルケス選手。ザクセンリンクはMotoGPクラスで連勝中のマルケス選手だけに良いレースが期待出来ますが、新しくなったアスファルトがタイヤにどの程度タイヤに厳しい路面であるかなどのデータは未知数です。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「ザクセンリンクでレースをするのを楽しみにしています。過去には自分達にとって相性の良いコースであると証明されています。アスファルトが再舗装されていますから、状況は大きく変わる可能性があります。グリップは最近のレースと比較するとかなり高いでしょう。アッセンでそうだったように、全ての状況に対処出来るようにしないといけません。いずれにしても自分が好きなサーキットですし、力強い走りをしようと思います。ドヴィツィオーゾからは11ポイントしか離されていませんし、それは良いことだと言えます。このチャンピオンシップは大きく可能性がありますし、落ち着いて、これからのレースにハードに取り組んでいく必要があります。」

(Photo courtesy of michelin)
<レプソルホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 エクトル・バルベラ「怪我を嘆いても仕方ない」
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ロッシ「ようやくフロントに良い感触を感じることが出来た」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロレンソ「良いセッティングを早めに見つけたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「良い結果でチームに応えたい」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「100%の力を出せれば優勝争い出来る」
★MotoGP2017アメリカGP予選4位 ペドロサ「フロントのチャタリングで改善出来なかった」
★MotoGP2017アメリカGP 決勝レース結果
★MotoGP2017 Avintiaレーシング 2018年のシートは未定
★MotoGP2017ヘレスGP 予選3位クラッチロー「蜂に胸の辺りを何度も刺された」
★MotoGP2017フランスGP FP4結果
★MotoGPクラスの選手達からの、ヘイデン選手への言葉
★MotoGP2017 テック3ヤマハ 2018年もフォルガーと契約を更新
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「カタール以来の良いフィーリング」
★MotoGP2017イタリアGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017イタリアGP 10位イアンノーネ「グリップが落ちるとコーナリングに問題が出る」
★MotoGP2017 Ducatiジジ・ダッリーニャ「今はチャンピオンシップ争いは考えていない」
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「イタリアよりも高い戦闘力を発揮出来る」
★MotoGP 2017カタルーニャGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「フロントのグリップをいかに維持できるかが鍵」
★ホンダ 2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズ 最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会 参戦体制について