★MotoGP2017ドイツGP 金曜のMotoGPクラスの走行はそれぞれ10分間延長

ザクセンリンクは今回舗装が新しくなり、ミシュラン、選手達も新しい路面を事前にテスト出来ていないことから、セッション時間が金曜のFP1、FP2でそれぞれ10分間延長されます。なお、この処置を受けることが出来るのはMotoGPクラスのライダー達のみです。

Sponsored Link

ザクセンリンクの再舗装は多くの疑問を生んでいる。ミシュランはドイツGPに際して、どの程度のグリップが路面から得られるか不明なライダー達のためにタイヤのオプションを多めにしている。この路面ではライディングしたことがある選手は皆無で、金曜のセッションは45分から55分にそれぞれ10分延長される。

つまり、MotoGPライダー達は20分余計に練習走行が可能となる。FP1は9:50から10:45、FP2は14:00から14:55に渡って開催される。なお、土曜と日曜のセッション時間に変更は無い。

なお、これらの延長セッションに関してはMotoGPライダー達のみの話で、Moto2、Moto3ライダー達はこういった延長とは無縁だ。彼らのセッションは通常通り開催される。知っての通りMoto3とMoto2ライダー達はいかなる状況にも対処が出来るわけで、というのは本来MotoGPライダー達の話だが、なぜMoto2、Moto3のライダー達に同じチャンスが与えられないのかは不明だ。我々はその理由についてあるアイディアがあるが、皆さんは理由を想像出来るだろうか?

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017ミシュラン カタールGPプレビュー
★MotoGP2017カタールGP 今年は何名のライダーが優勝するのか?
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「ミシュランのフロントタイヤに苦戦」
★MotoGP2017アメリカGP ドヴィツィオーゾ「COTAでは高い戦闘力を発揮出来る」
★MotoGP2017ミシュラン 5月1日、2日にル・マンでタイヤテストを実施
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「ホームGPのファンの前でDucatiを乗るのが待ちきれない」
★MotoGP2017Ducati パオロ・チャバッティ「新しいカウルの作業を進めている」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント Avintiaレーシング
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「競争力は非常に高い状態」
★MotoGP2017イタリアGP 7位ザルコ「イアンノーネを抜くのに手こずった」
★MotoGP2017カタルーニャテスト イアンノーネ「このプロジェクトとスズキを信じている」
★MotoGP2017ドイツGP ザルコ「夏休み前に再度表彰台を獲得出来れば最高」
★MotoGP2017 チーム代表が語るウイングレット/エアロダイナミクスの開発
★MotoGP2017オーストリアGP 選手達がウェット走行での危険性を指摘
★MotoGP2017イギリスGP ビニャーレス「昨年の勝利を再現出来るようベストを尽くす」
★MotoGP2017イギリスGP ビニャーレス「明日レースだとしても準備は出来ている」
★MotoGP2017イギリスGP 9位リンス「コンスタントに向上している」
★MotoGP2017ロッシ 水曜日の終わりまでにアラゴンGP出場について判断
★ニッキー・ヘイデンの死亡事故の過失割合が明らかに ドライバーには懲役5〜10年の判決の可能性
★MotoGP2017日本GP 写真ギャラリー