★MotoGP 2018年よりダッシュボードメッセージを使用することが決定

MotoGPは2018年よりダッシュボードメッセージ・システムの運用を開始します。これは以前から議論されてきたもので、これを使用することで、ライダー達はフラッグtoフラッグのレースにおけるピットインのタイミングなど戦略面でより正確なレースが可能となります。メッセージは定型文の送信となるようで、任意のメッセージが送信出来るわけではありません。どのようなメッセージのオプションがあるのかなどは、おいおい明らかになっていくでしょう。

Sponsored Link

グランプリコミッションの批准が得られたことから、MotoGPチームは2018年からライダー達とダッシュボードを使用してコミュニケーションがとれるようになる。このシステムはバーチャルピットボードと呼ばれるもので、既にレースディレクションからライダーにペナルティを伝えるために使用されている。これが今度はチームもライダーとコミュニケーションがとれるようになる。方式はガレージとライダーのヘルメットを無線で結ぶものではなく、予選やレースで、ライダー達にメッセージを送信出来るというものだ。フラッグtoフラッグレースなどでの活用が期待される。

レースディレクションによると、チームは送信するメッセージを定型文の中から選択して送るとのことで、なんでも好きなことを送れるというわけではない。そのため、現時点ではダヴィデ・タルドッツィはホルへ・ロレンソに対して「雇用終了だ!(※原文”P45″ Termination of employmentフォームをこう呼ぶ) 」と告げる事は出来ないわけだ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 スズキMotoGPスペシャルサイトでGSX-RRの詳細を公開
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「バイクの感触は良くないが、何故か速く走れる」
★MotoGP2017ル・マンGP ロッシはル・マンで競争力を取り戻せるのか?
★元MotoGP王者ニッキー・ヘイデン 自転車で走行中に車と衝突し重体
★MotoGP2017フランスGP 予選8位ポル・エスパルガロ「フロントの感触が非常に良い」
★MotoGP2017イタリアGP 予選4位ピッロ「ミスをしてフロントローを逃してしまった」
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「新しいフェアリングは明らかに利点がある」
★MotoGP2017 ホルへ・ロレンソ「今は結果が出ていなくても楽しい」
★MotoGP2017ドイツGP 予選9位ロッシ「何が起きているのかわからない」
★MotoGP2017ドイツGP 12位ペトルッチ「アプリリアは凄いオファーを持ってきていた」
★MotoGP2017ブルノテスト サム・ロウズ「オーストリアは100%の体調で挑める」
★MotoGP2017イギリスGP 5位ロレンソ「Ducatiで走った中で最高のレースだった」
★MotoGP2017 9/2時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017サンマリノGP 予選5位ロレンソ「雨が降っても良いレースが出来る」
★Triumph(トライアンフ)Moto2エンジンのテスト動画を公開
★MotoGP2017 来年以降のプレシーズンテストなどのあり方が変更される見通し
★MotoGP2017日本GP ドヴィツィオーゾ「リラックスしているが3列目スタートは問題」
★MotoGP2017日本GP ウォームアップ結果
★MotoGP2017日本GP 3位ペトルッチ「ポディウム獲得は常に素晴らしい」
★MotoGP2017日本GP 優勝ドヴィツィオーゾ「素晴らしい仕事が出来た。チームに感謝したい」