★MotoGP 2018年よりダッシュボードメッセージを使用することが決定

MotoGPは2018年よりダッシュボードメッセージ・システムの運用を開始します。これは以前から議論されてきたもので、これを使用することで、ライダー達はフラッグtoフラッグのレースにおけるピットインのタイミングなど戦略面でより正確なレースが可能となります。メッセージは定型文の送信となるようで、任意のメッセージが送信出来るわけではありません。どのようなメッセージのオプションがあるのかなどは、おいおい明らかになっていくでしょう。

Sponsored Link

グランプリコミッションの批准が得られたことから、MotoGPチームは2018年からライダー達とダッシュボードを使用してコミュニケーションがとれるようになる。このシステムはバーチャルピットボードと呼ばれるもので、既にレースディレクションからライダーにペナルティを伝えるために使用されている。これが今度はチームもライダーとコミュニケーションがとれるようになる。方式はガレージとライダーのヘルメットを無線で結ぶものではなく、予選やレースで、ライダー達にメッセージを送信出来るというものだ。フラッグtoフラッグレースなどでの活用が期待される。

レースディレクションによると、チームは送信するメッセージを定型文の中から選択して送るとのことで、なんでも好きなことを送れるというわけではない。そのため、現時点ではダヴィデ・タルドッツィはホルへ・ロレンソに対して「雇用終了だ!(※原文”P45″ Termination of employmentフォームをこう呼ぶ) 」と告げる事は出来ないわけだ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス転倒の理由は新型カウル
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP2結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「時にはこんな日もある。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「スリックを履こうかと思っていた」
★MotoGP2017 サム・ローズ「12位争いが出来る可能性があった。」
★MotoGP2017 ウェイン・レイニーが語るロッシとビニャーレス
★ニッキー・ヘイデン選手回復祈願 スペシャルギャラリー
★MotoGP2017イタリアGP アレイシ・エスパルガロ「良いポイントを獲得することが重要」
★MotoGP2017イタリアGP ロレンソ「常に優勝するというメンタルで臨むことが必要」
★MotoGP2017イタリアGP Q1結果
★MotoGP2017オランダGP リンス「ペトルッチには申し訳ない」
MotoGP2017ドイツGP イアンノーネ「金曜序盤のラップのグリップがどうなるか」
★MotoGP2017チェコGP FP1結果
★MotoGP2017アラゴンGP マルケス「残り5戦はハードな戦いになる」
★MotoGP2017アラゴンGP6位 アレイシ・エスパルガロ「RS-GPのフレームは今まで乗った中で最高」
★MotoGP2017 ロッシの驚異的な復活はなぜ可能だったのか?
★MotoGP2017日本GP リンス「3連戦でどんなレースが出来るか興味深い」
★MotoGP2017オーストラリアGP 予選1位マルケス「ペースとリズムは良い。あとは天候次第」
★MotoGP2017マレーシアGP ペトルッチ「ドヴィをセパンで助けたい」
★MotoGP2017 モビスターヤマハからのグリーティングカード