★MotoGP2017ドイツGP アレイシ・エスパルガロ「ダッシュボードメッセージには危険性もある」

2018年から導入が決まったダッシュボードメッセージ・システムについて、アプリリアのアレイシ・エスパルガロ選手は、ポジティブな点とネガティブな点があると語ります。彼も語るとおり、導入はするが使用はしないという選択肢も確かにありですね。

Sponsored Link

アレイシ・エスパルガロ

「これが良いか悪いかという線引きは非常に曖昧です。進歩した方式ですからポジティブだと言えます。500ccクラスのレースをしてるわけじゃありませんから。電子制御が登場して、そのメリットを活かさないといけません。ただ、非常に危険になる可能性もあります。MotoGPマシンにおいてメッセージを確認出来るのはストレートだけでしょう。もし前を走るライダーに問題があった場合、そのライダーに激突するという危険性もあります。当然チームとよく考えて、どのようなメッセージをどのように伝えてもらうか話し合うべきです。(読み取るのに時間がかかると)危険になるため多くの内容をメッセージに書くことは出来ません。しかし、何らかの記号だとか数字の組み合わせで、素早く簡単にメッセージを伝える事が出来るでしょう。」

「例えばダッシュボードに5と表示されていたら、バイクを止めてスリックタイヤを履くとかね。危険性もあるためこのシステムには注意が必要です。MotoGPバイクにスリックタイヤを履いて雨の中を走っている時は、ダッシュボードになんと表示されていようが、バイクを交換することに関してはしっかりと納得出来ているということが重要です。これはフィーリングの問題で、ストレートを通過する時のピットボードには多くの情報が載っていますから、バイク交換の判断が少し速くなるかどうかというくらいです。」

「経験のあるライダーのほうが有利になるかもしれませんが、MotoGPは非常に複雑ですからね。Moto2ではバイクを止めるボタン1つしかありません。ただ、MotoGPはボタンが8つもあります。今や8つのボタンに加えてさらなる情報がダッシュボードで表示されるわけです。これで世界で最も難易度の高いクラスになったと言えます。ルーキーにとっては多くを学ぶ必要があります。MotoGPは最高峰クラスですから良いことですね。最も難易度が高く、最もトリッキーなクラスです。使わないという選択もありますし、それだけですよ。」
(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ドヴィツィオーゾ「スピードは十分。既にレースに向けた作業が出来る」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 イアンノーネ「進むべき方向性がわかった」
★MotoGP2017ミシュラン アルゼンチンGPプレビュー
★MotoGP2017アルゼンチンGP 3位クラッチロー「カタールの後にこうした結果で嬉しい」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選7位ロッシ「ホンダのパフォーマンスが高いのが気がかり」
★MotoGP2017ヘレステスト ギュントーリ「トップとの差は思ったほどではなかった」
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「ル・マンは非常に重要なレースになる」
★MotoGP2017ミシュラン イタリアGP決勝レースリリース
★MotoGP2017ドイツGP 金曜のMotoGPクラスの走行はそれぞれ10分間延長
★MotoGP2017ドイツGP 11位ロレンソ「後半にバイクを曲げるのが難しくなってしまった」
★MotoGP2017チェコGP Q1結果
★MotoGP2017予選5位 ダニロ・ペトルッチ「ストレートスピードが遅いことでタイムを失っている」
★MotoGP2017オーストリアGP5位 ザルコ「トップ5に戻ってこれたのが嬉しい」
★MotoGP2017 ジョナス・フォルガーが語るマルケスの強さの秘密
★MotoGP2017サンマリノGP ロレンソ「ここ数戦の調子の良さを確認したい」
★MotoGP2017Marc VDS ジャック・ミラーの代役として青山博一を起用
★MotoGP2017オーストラリアGP 6位イアンノーネ「未だに自分に疑問を持っている人間がいたら驚き」
★MotoGP2017オーストラリアGP アレイシ・エスパルガロ「指の怪我はあるがセパンは走るつもり」
★MotoGP2017オーストラリアGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 スズキ