★MotoGP2017ドイツGP アレイシ・エスパルガロ「ダッシュボードメッセージには危険性もある」

2018年から導入が決まったダッシュボードメッセージ・システムについて、アプリリアのアレイシ・エスパルガロ選手は、ポジティブな点とネガティブな点があると語ります。彼も語るとおり、導入はするが使用はしないという選択肢も確かにありですね。

Sponsored Link

アレイシ・エスパルガロ

「これが良いか悪いかという線引きは非常に曖昧です。進歩した方式ですからポジティブだと言えます。500ccクラスのレースをしてるわけじゃありませんから。電子制御が登場して、そのメリットを活かさないといけません。ただ、非常に危険になる可能性もあります。MotoGPマシンにおいてメッセージを確認出来るのはストレートだけでしょう。もし前を走るライダーに問題があった場合、そのライダーに激突するという危険性もあります。当然チームとよく考えて、どのようなメッセージをどのように伝えてもらうか話し合うべきです。(読み取るのに時間がかかると)危険になるため多くの内容をメッセージに書くことは出来ません。しかし、何らかの記号だとか数字の組み合わせで、素早く簡単にメッセージを伝える事が出来るでしょう。」

「例えばダッシュボードに5と表示されていたら、バイクを止めてスリックタイヤを履くとかね。危険性もあるためこのシステムには注意が必要です。MotoGPバイクにスリックタイヤを履いて雨の中を走っている時は、ダッシュボードになんと表示されていようが、バイクを交換することに関してはしっかりと納得出来ているということが重要です。これはフィーリングの問題で、ストレートを通過する時のピットボードには多くの情報が載っていますから、バイク交換の判断が少し速くなるかどうかというくらいです。」

「経験のあるライダーのほうが有利になるかもしれませんが、MotoGPは非常に複雑ですからね。Moto2ではバイクを止めるボタン1つしかありません。ただ、MotoGPはボタンが8つもあります。今や8つのボタンに加えてさらなる情報がダッシュボードで表示されるわけです。これで世界で最も難易度の高いクラスになったと言えます。ルーキーにとっては多くを学ぶ必要があります。MotoGPは最高峰クラスですから良いことですね。最も難易度が高く、最もトリッキーなクラスです。使わないという選択もありますし、それだけですよ。」
(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link