★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「新品タイヤでのフロントのフィーリングが課題」

金曜日は厳しいセッション結果となったロッシ選手。木曜は新型シャーシで良い感触と話していましたが、今回は技術的な問題が発生し、マシンが止まってしまう場面もありました。新品タイヤでフロントのフィーリングを感じられないということは、予選、決勝レースでは致命的なハンデとなってしまいます。いつものように日曜に向けてマジックを起こせるでしょうか。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシ

「本当に難しい一日でした。フラストレーションが溜まります。どちらの天候でもトラブルを抱えていましたが、ウェットコンディションでのほうが苦戦したと言えるでしょうね。ドライではミディアムタイヤを履けばそこまで悪くなかったんですが、新しいシャーシで技術的な問題が発生してしまいました。そこでもう1台のバイクで走行を続けたんです。」

「ペースは最後の10周にタイムアタックをしようとするまで極めて良かったんですが、フロントタイヤに全く感触が感じられませんでした。ハードタイヤよりもトラブルを抱えてしまって、非常にフラストレーションが溜まりました。Q2に進出するために総合でトップ10に入っていたかったんです。ウェットでは昨年強い走りが出来ていたので、楽観的に捉えていたんです。ただ、新しい路面ではトラブルに見舞われ、バイクのバランスも良くなく、常に遅いペースでの走行になりました。」

「練習走行の間に改善作業をしようと思ったんですが改善が見られず、トップのライダー達との差は大きく、ポジションも非常に悪い状況です。ですから、いずれのコンディションにおいても改善が必要です。」

「新しい路面は良いと思います。素晴らしい仕事をしていると思います。バンプの問題も解決していますし、アスファルトのグリップも高くなっています。タイヤも数周走った後にしっかりと機能しています。問題は自分達であってトラックではありません。ウェットでは昨年よりも6秒も速いんです。セクター3が自分が非常に遅いセクターで、快適でもありませんし、プッシュも出来ません。」

「ドライでは悪くはないんです。ペースは極めて良いですね。ただ何らかの作業が必要であることは間違いありません。ただ、問題は新品タイヤを履くとフロントにフィーリングを感じられないということです。毎回プッシュするたびに怖い思いをするんです。バイクが今朝止まってしまった事について詳細はお話出来ませんけど、技術的な問題が発生してエンジンを守るためにバイクが自動的に止まったわけです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★ヤマハ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★MotoGP2017カタールGP ロレンソ「将来的には夜7時スタートが良いのではないか?」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「トップ8獲得が目標」
★MotoGP2017 サム・ローズ「12位争いが出来る可能性があった。」
★ル・マン24時間耐久 開始3時間でのトップはYARTヤマハオフィシャルEWCチーム
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「COTAはセッティングよりも完璧なラインを理解することが大事」
★MotoGPはバレエなのか、それともバトルなのか?
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから6時間後の順位
★MotoGP2017フランスGP 予選8位ポル・エスパルガロ「フロントの感触が非常に良い」
★MotoGP2017イタリアGP 予選5位ペドロサ「最初の数週に強い走りをすることが重要」
★ヤマハ 北米向け新型クルーザーモデル「Star Venture」を発売
★MotoGP2017カタルーニャGP FP2結果
★MotoGP2017カタルーニャGP ペドロサ「アグレッシブに、そしてスムーズに乗ることを学んだ」
★MotoGP2017カタルーニャGP 10位ビニャーレス「何が起きているのかわからない」
★MotoGP2017オランダGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP 2018年よりダッシュボードメッセージを使用することが決定
★MotoGP2017ドイツGP 予選2位ペトルッチ「いずれのコンディションでもトップ5は可能」
★MotoGP2017ドイツ 予選1位マルケス「明日はドライレースを希望」
★MotoGP2017ドイツGP 予選4位クラッチロー「ホンダで上位3位を獲得したい」
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチが解説するMotoGPマシンのサムブレーキ